Moto3カタルニア予選:ランク首位ペドロ・アコスタがQ1敗退。PP獲得はロドリゴ

MotoGP第7戦カタルニアGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはガブリエル・ロドリゴだ。

Moto3カタルニア予選:ランク首位ペドロ・アコスタがQ1敗退。PP獲得はロドリゴ

 スペインのカタルニア・サーキットで行なわれているMotoGP第7戦カタルニアGP。そのMoto3クラス予選で、ガブリエル・ロドリゴ(Indonesian Racing Gresini Moto3)がポールポジションを獲得した。

 予選時の天候は晴れ。気温27℃、路面温度43℃のコンディションでQ1がスタートした。

 予選組分けでは、鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)と佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)、鳥羽海渡(CIP Green Power)が予選Q2への直接進出を決定。一方ポイントリーダーのペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)や國井勇輝(Honda Team Asia)、山中琉聖(CarXpert PruestelGP)、松山拓磨(Honda Team Asia)らはQ1からのスタートとなった。

 アコスタはQ1終盤にバランスを崩すシーンも有り、タイムを更新できず。そのままチェッカーフラッグを受けてしまい、11番手タイムでQ1敗退という結果に終わった。また國井は6番手、山中は8番手、松山は14番手タイムでそれぞれQ1敗退となった。

 続くQ2ではガブリエル・ロドリゴが前半をトップタイムで折返し。彼のアタックを待って大集団が一斉にラストアタックを開始していった。

 そのロドリゴは他車のスリップストリームも活かしつつ、更に自己ベストを更新。1分47秒597をマークしてポールポジションを獲得した。

 2番手(+0.317秒)にはチームメイトのジェレミー・アルコバが続いた。彼は最終アタックでロドリゴの直後につけ、チームメイトを上手く利用してタイムを更新した格好だ。3番手はニッコロ・アントネッリ(Avintia Esponsorama Moto3/+0.361秒)だ。

 日本勢は8番手(+0.901秒)に入った鈴木が最上位。鳥羽は13番手(+1.263秒)、佐々木は14番手(+1.360秒)となった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Argentina カブリエル ロドリゴ 5 1'47.597     158.156
2 Spain Jeremy Alcoba 5 1'47.914 0.317 0.317 157.692
3 Italy ニッコロ アントネッリ 5 1'47.958 0.361 0.044 157.627
4 Italy Stefano Nepa 5 1'48.295 0.698 0.337 157.137
5 Spain Izan Guevara 6 1'48.318 0.721 0.023 157.104
6 United Kingdom ジョン マクフィー 6 1'48.350 0.753 0.032 157.057
7 South Africa ダレン ビンダー 7 1'48.489 0.892 0.139 156.856
8 Japan 鈴木 竜生 6 1'48.498 0.901 0.009 156.843
9 Spain ジャウマ マシア 6 1'48.500 0.903 0.002 156.840
10 Italy Riccardo Rossi 5 1'48.552 0.955 0.052 156.765

シェア
コメント
ロッシ42歳、国際映像の“心拍数”放映に参加。最年長ライダーでも若手と遜色ない?

前の記事

ロッシ42歳、国際映像の“心拍数”放映に参加。最年長ライダーでも若手と遜色ない?

次の記事

Moto2カタルニア予選:昇格決まったガードナー、僚友フェルナンデス下しPP。小椋藍は3列目7番手

Moto2カタルニア予選:昇格決まったガードナー、僚友フェルナンデス下しPP。小椋藍は3列目7番手
コメントを読み込む