Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位

シェア
コメント
Moto3オーストリア:波乱のレースをアレナスが制し3勝目。小椋藍が快走も4位

MotoGP第5戦オーストリアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、アルベルト・アレナスが今季3勝目を挙げた。

 レッドブルリンクでMotoGP第5戦オーストリアGPのMoto3クラス決勝が行なわれ、アルベルト・アレナス(Valresa Aspar Team)が今季3勝目を挙げた。

 オーストリアGPは雨の予報が出ていたものの、天候は保たれ、レッドブルリンク上空は青空に包まれた。気温は23℃、路面温度39℃で全23周で争われる決勝レーススタートを迎えた。

 なお日本勢では鈴木竜生(SIC58 Squadra Corse)の6番手が最上位グリッドとなった。

 レースが混乱なくスタートすると、ホールショットはアルベルト・アレナスが奪い先行。1周目を終えてそこにラウル・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)、ジョン・マクフィー(Petronas Sprinta Racing)が続き、先頭集団は9台の塊となった。鈴木はその最後尾9番手だ。

 3周目になると先頭争いで度々トップが入れ代わるようになり、マクフィー、ジャウマ・マシア(Leopard Racing)、デニス・オンジュ(Red Bull KTM Tech 3)、アレナスらがトップを奪い合いながらの走行となった。

 7周目には22番グリッドと後方から追い上げてきたダリン・ビンダー(CIP Green Power)も先頭争いに加わり、更にバトルが激しくなっていった。

 レースは約半分の12周を消化するが、先頭のオンジュのペースが上がらないことで、一時は分断されていた先頭集団が再度接近してしまった。

 その際ターン3でビンダーがインを突くもバランスを崩してしまい隊列に乱れが生じた。先頭は一時的にアレナスに変わったが、最終的にはマシアがトップをさらって行った。

 そうした状況の中、日本勢もひたひたとポジションを上げており小椋藍(Honda Team Asia)と佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)が4、5番手につけた。

 先頭争いではビンダーがターン3で厳しい突っ込みを見せることで、再び乱れが発生。その隙をつき、佐々木がポジションを3番手にまで上げ、レース残り6周となった。

 先頭を走るマシアに対してはオンジュがプレッシャーをかけ、そこにアレナス、佐々木が続いた。一時は佐々木もトップを走行していたものの、彼にはトラックリミット違反によってロングラップペナルティが科されてしまい、18番手にまでポジションを落とした。

 残り3周となったタイミングでの先頭争いはマシア、アレナス、ビンダー、オンジュといった面々。小椋もそこに食らいついている状況だ。

 そしてラストラップ、先頭を走るマシアだったが、ターン9で2番手のアレナスがオーバーテイク。アレナスがそのまま最終コーナーをトップで周り切り、今季3勝目。ポイントランキングのリードを広げた。

 2位はマシア、3位はマクフィーとなった。なおマクフィーは6番手でチェッカーを受けたが、3番手以下の小椋、セレスティーノ・ビエッティ(SKY Racing Team VR46)、ビンダーの3名に最終コーナーでのトラックリミット違反が認められたことで、順位が繰り上がった。

 日本勢は最終的に小椋が4位、鈴木が10位、佐々木が14位でポイントを獲得。鳥羽海渡(Red Bull KTM Ajo)は20位、山中琉聖(Estrella Galicia 0,0)は24位、國井勇輝(Honda Team Asia)は27位でレースを終えた。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度 ポイント
1 Spain Albert Arenas 23         25
2 Spain ジャウマ マシア 23 0.049       20
3 United Kingdom ジョン マクフィー 23 0.447       16
4 Japan 小椋 藍(Ai Ogura) 23 0.121       13
5 South Africa ダレン ビンダー 23 0.275       11
6 Italy Celestino Vietti Ramus 23 0.292       10
7 Italy トニー アルボリーノ 23 0.487       9
8 Turkey Deniz Öncü 23 1.083       8
9 Spain ラウル フェルナンデス 23 1.136       7
10 Japan 鈴木 竜生 23 1.177       6

Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手

前の記事

Moto3オーストリア予選:フェルナンデスがポール。日本勢最上位は鈴木竜生の6番手

次の記事

Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ

Moto3スティリア予選:鈴木竜生が3番手フロントロウ獲得。PPはロドリゴ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Moto3
イベント Spielberg