Moto3ライダーのデュパスキエ、イタリアGPのクラッシュで「非常に深刻な状態」

スイスのMoto3ライダー、ジェイソン・デュパスキエは、イタリアGPの予選で激しいクラッシュを喫し、「非常に深刻な状態」にあるという。

Moto3ライダーのデュパスキエ、イタリアGPのクラッシュで「非常に深刻な状態」

 ムジェロ・サーキットで行なわれたMotoGP第6戦イタリアGP、Moto3クラスの予選終盤にクラッシュを喫したジェイソン・デュパスキエ(CarXpert PruestelGP)は、”非常に深刻な状態”にあるという。

 19歳のデュパスキエは、予選終盤のアタック中にターン9、アラビアータ2の右コーナーを立ち上がったところで挙動を乱しクラッシュしてしまった。そのすぐ後ろを走っていた佐々木歩夢(Red Bull KTM Tech 3)は避けきれず、デュパスキエのバイクに接触し空中に打ち上げられた。また、ジェレミー・アルコバ(Indonesian Gresini Racing Moto3)もこのクラッシュに巻き込まれた。

 佐々木とアルコバの無事はすぐに確認されたが、デュパスキエはトラックサイドでサーキットの医療スタッフの手当を受けた後、フィレンツェのカレッジ病院にヘリコプターで搬送された。

Jason Dupasquier, Carxpert PruestelGP

Jason Dupasquier, Carxpert PruestelGP

Photo by: Gold and Goose / Motorsport Images

 デュパスキエの容態に関して、公式にはあまり情報が出されていないが、MotoGP FIMメディカルオフィサーのジャンカルロ・デ・フィリッポ氏が最新情報を発表した。

「ゼッケン50番のライダー、ジェイソン・デュパスキエは、Moto3の予選Q2で非常に深刻なクラッシュに巻き込まれた」

「FIM医療介入チームが事故現場にすぐに到着し、血行動態的に安定した状態で、フィレンツェのカレッジ病院に搬送された。病院からの最新情報を待ちたいと思う」

「今のところ、非常に深刻な状態であることは確かだ。先ほど申し上げたように、彼ら(病院)からの最新情報を待っているところだ」

 デュパスキエがトラックサイドで受けた処置について、フィリッポは次のように付け加えている。

「このような重大な事故を考慮し、より迅速でより確実な処置が行なわれた」

 motorsport.comイタリア語版の最新情報によると、カレッジ病院の医師たちはデュパスキエの負傷に対する手術を実施する前に、彼の状況を把握している段階だという。

 デュパスキエは2020年にMoto3デビュー。今季は開幕からの5レース全てでポイントを獲得しており、第4戦スペインGPではベストリザルト7位を記録している。今週末のイタリアGPには、27ポイントを獲得しランキング10番手につけている。

Read Also:

シェア
コメント
Moto3イタリア予選:鈴木竜生が今季2度目のPP獲得。クラッシュ発生でセッションは赤旗終了
前の記事

Moto3イタリア予選:鈴木竜生が今季2度目のPP獲得。クラッシュ発生でセッションは赤旗終了

次の記事

Moto3イタリア決勝:フォッジア優勝。日本勢最上位は佐々木歩夢の4位、PP鈴木竜生は10位

Moto3イタリア決勝:フォッジア優勝。日本勢最上位は佐々木歩夢の4位、PP鈴木竜生は10位
コメントを読み込む