MotoGPバレンシアFP1:中上貴晶、トップタイムをマーク! 表彰台に向け好発進

MotoGP第14戦バレンシアGPのフリー走行1回目が行なわれ、LCRホンダの中上貴晶がトップタイムをマークした。

MotoGPバレンシアFP1:中上貴晶、トップタイムをマーク! 表彰台に向け好発進

 リカルド・トルモ・サーキットでMotoGP第14戦バレンシアGPのフリー走行1回目が行なわれた。トップタイムをマークしたのはLCRホンダの中上貴晶だった。

 バレンシアでの連戦2戦目となる今回のバレンシアGP。前戦ヨーロッパGPは天候に恵まれなかったが、今回は初日からドライコンディションでの走行となった。セッション開始時の気温は17℃、路面温度19℃だ。

 なお前戦ヨーロッパGPを新型コロナウイルス感染者の濃厚接触者とされ欠場していたイケル・レクオナ(テック3・KTM)は、今戦2日目から復帰を果たす予定だ。

 セッションが開始されると、ライダー達は一斉にコースイン。タイヤチョイスは、前後ミディアムタイヤを選ぶライダーが大勢を占めた。

 前戦ウイナーでタイトルに王手をかけているジョアン・ミル(スズキ)は序盤からハイペース。毎周のように他ライダー達がトップタイムを更新していく中、彼も負けじとそれに迫るタイムを記録していった。

 5分ほどの走行で既にタイムは1分31秒台前半に突入。ひとまずのトップタイムとしたのはKTMのポル・エスパルガロで、タイムは1分31秒210だ。

 その後10分が過ぎた頃、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が1分30秒944をマーク。トップタイムを更新した。

 なおリヤにハードタイヤを選択していたマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、中上貴晶(LCRホンダ)、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)の3名は、それぞれ17、18番手、20番手に留まっていた。

 ロッシと中上は後にミディアムタイヤへ履き替えてコースへ出ると、自己ベストを大きく改善。セッション残り24分頃に中上は1分31秒347で4番手に浮上し、ロッシも9番手まで浮上してきた。また中上は連続アタックで更に自己ベストを更新。1分30秒829でトップへと躍り出た。

 中盤の走行では連続開催ということもあってか、アベレージの走行ペースをチェックするための走行を行なうライダーも多く見られ、なかなかタイムシートには動きが生じない状態が続いた。

 セッション残り10分、一旦ピットへ戻っていたライダー達が再びコースへ戻り始めた。ただなかなかタイムアタックという雰囲気にはならず、多くのライダーが安定したラップタイムを刻んでいく形で時間が経過していった。

 残り3分半、アレイシ・エスパルガロ(アプリリア)がアタックを行なうと、1分31秒170をマークし、4番手に浮上した。

 残り1分を切り、セッション終了目前となった頃、一部のライダーがアタック。中でもセッションの大半を前ソフト後ろハードタイヤで走行していたビニャーレスが、ミディアムに履き替えて大きくタイムを更新。1分30秒968をマークし、3番手に浮上した。

 これでFP1は終了。中上貴晶がFP1トップタイムをマークし、2番手はモルビデリ、3番手はビニャーレスという並びとなった。

 タイトルに王手をかけているミルは最終的に8番手で堅調な滑り出し。一方ランキング2番手のファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)は15番手と沈んでしまった。またランキング3番手のアレックス・リンス(スズキ)は11番手でFP1を終えている。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Japan 中上 貴晶 23 1'30.829     158.737
2 Italy フランコ モルビデリ 21 1'30.944 0.115 0.115 158.537
3 Spain マーベリック ビニャーレス 21 1'30.968 0.139 0.024 158.495
4 Spain ポル エスパルガロ 20 1'31.052 0.223 0.084 158.349
5 Spain アレイシ エスパルガロ 20 1'31.170 0.341 0.118 158.144
6 France ヨハン ザルコ 19 1'31.297 0.468 0.127 157.924

シェア
コメント
イアンノーネに対する4年処分は“信じられない”……エスパルガロ兄「やりすぎだと思う」

前の記事

イアンノーネに対する4年処分は“信じられない”……エスパルガロ兄「やりすぎだと思う」

次の記事

ヤマハ、クラッチローと来季のテストライダー契約締結を発表。ロレンソは放出へ

ヤマハ、クラッチローと来季のテストライダー契約締結を発表。ロレンソは放出へ
コメントを読み込む