MotoGP
R
タイGP
02 10月
Canceled
11 10月
イベントは終了しました
R
日本GP
15 10月
イベントは終了しました
18 10月
イベントは終了しました
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
25 10月
イベントは終了しました
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
08 11月
イベントは終了しました
13 11月
Canceled
15 11月
イベントは終了しました
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled
22 11月
イベントは終了しました

「信じられないほどのプレッシャーに対処できなかった」中上貴晶、初PPレースは苦い結果

シェア
コメント
「信じられないほどのプレッシャーに対処できなかった」中上貴晶、初PPレースは苦い結果
執筆:

MotoGP第12戦テルエルGPで絶好のスタートを切りながら、転倒リタイアに終わった中上貴晶。彼は初のPPからのスタートに“信じられないほどのプレッシャー”を感じたことが、ミスを引き起こしたと語った。

 MotoGP第12戦テルエルGPはLCRホンダの中上貴晶にとって、非常に苦い結果に終わるレースとなった。

 中上は前日に行なわれた予選で、日本人ライダーとして最高峰クラスで実に16年ぶり、そしてキャリア初となるポールポジションを獲得。さらにそれまでのフリー走行中に示していたレース想定のペースも非常に良かったことから、他ライダーからは優勝候補最右翼だとみなされるまでに至った。

Read Also:

 そして注目の集まる中迎えた決勝レースでは、中上にまさかの事態が発生。中上はスタートを決めてホールショットを奪い、そのまま先行かと見られた矢先のターン5で転倒を喫してしまったのだ。

Related videos:

「本当に残念でした」

 レース後、取材に応えた中上はそう語った。

「僕はひとつミスを犯してしまい、そしてそのひとつのミスが莫大なツケとなって帰ってきました。本当にガッカリしています。僕はスタート後から最高のパフォーマンスを出さなければならなかったんですが、速すぎました。そういうことです」

「僕としては今となっても、ミスを犯したことが信じられません。ですから自分自身にガッカリしています。ですが、幸運なことに身体は大丈夫です。怪我はありませんでした」

「レース前に、これほど外部からの“信じられないようなプレッシャー”を感じたのは初めてのことでした。そして、僕はそれをどうにかすることができませんでした」

「ですから、このことがあの馬鹿げたミスを引き起こした理由です。将来に向け、僕はこのミスから学ばなくてはいけません」

「フランコ(モルビデリ)が後ろに来ていることはわかっていましたし、それがターン1、そして続くコーナーでラインを閉めていた理由です。ポジションを守ろうと試みていました」

「それでラインをずれてしまいました。実に容易い失敗です。そして上手くコントロールができず……僕としてもあのコーナーでの転倒は少し驚きでした。プラクティスではこうしたフィーリングを持ったことはなかったですから」

「ですがレースでは、ナーバスになりすぎていたのかもしれませんし、自分の気持ちをコントロールできていなかったのかもしれません。ブレーキングの最初の部分でシャープになりすぎていたんです」

 そして、中上は次にポールポジションからスタートするとき、プレッシャーをより上手くコントロールする方法を理解するために、今回のレースでのフィーリングを覚えておく必要があると述べ、さらにそれができれば多くのレースで勝てるはずだと語った。

「次にポールポジションからスタートするときは……今日のこの感覚を、そしてアラゴンで1周目にミスを犯したことを思い出さなくてはいけません」

「この経験はこの先多くの助けになると思います。僕らはこの感覚を必要としていますし、この経験を理解する必要があります。どのようにしてこうしたプレッシャーに対処するかが、将来に向けていちばん重要なことなんです」

「今日は残念ですが、僕はそれをコントロールできませんでした。でもこの先それをコントロールできれば、僕たちは多くのレースで勝つことができると思います」

「僕は今日ミスを犯して、自分自身にとてもガッカリしています。ですが自分の将来はとても楽しみに思っています。(今季)残るは3レースだけです。チャンピオンシップについては気にしませんよ」

「僕がレースに勝つか、誰がチャンピオンシップを勝つかは重視していません。楽しんでいきたいんです」

 

Read Also:

ブラッド・ビンダー、ミラーとの接触クラッシュで次戦ロングラップペナルティが決定

前の記事

ブラッド・ビンダー、ミラーとの接触クラッシュで次戦ロングラップペナルティが決定

次の記事

“2020年型のヤマハ”ではスズキに追いつくのは無理!? 7位ビニャーレス、お手上げ

“2020年型のヤマハ”ではスズキに追いつくのは無理!? 7位ビニャーレス、お手上げ
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント テルエルGP
ドライバー 中上 貴晶
執筆者 Lewis Duncan