【スーパーフォーミュラ】福住仁嶺、今季2勝目挙げランキング2位。来季以降のタイトル挑戦に向け「チームを引っ張れるドライバーに」

2021年のスーパーフォーミュラをランキング2位で終えた福住仁嶺は、来季以降に向けて「チームを引っ張れるドライバーになりたい」と語った。

【スーパーフォーミュラ】福住仁嶺、今季2勝目挙げランキング2位。来季以降のタイトル挑戦に向け「チームを引っ張れるドライバーに」

 2021年のスーパーフォーミュラは第7戦鈴鹿をもって閉幕。同レースで優勝し、今季2勝目を挙げた福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は、シリーズランキング2位でフル参戦3年目のシーズンを終えた。

 福住は開幕前テストから好調を維持し、チャンピオン候補の筆頭としてシーズンを迎えた。開幕戦富士で3位表彰台を獲得し、第2戦鈴鹿もポールポジションからスタートするが、首位走行中にタイヤバーストに見舞われリタイア。ただこのレースの悔しさを引きずる事はなく、第4戦SUGOで悲願の初優勝を遂げた。

 そして第7戦鈴鹿でも、福住はライバルのペナルティやコースオフで着実に順位を上げていくと、ピット戦略も功を奏した結果、実質的な首位である野尻智紀(TEAM MUGEN)をコース上で逆転。終盤は平川亮(carenex TEAM IMPUL)の追撃も振り切ってトップチェッカーを受けた。

 記者会見で福住はレースを振り返り、次のように語った。

「昨日の走り出しを考えると『まさか優勝できるなんて』という気持ちです。SUGOで優勝した後は落ち込むレースが続いていましたが、前回リタイアに終わった鈴鹿大会でリベンジができて本当に嬉しいです。スーパーフォーミュラの鈴鹿戦では優勝したことがなかったので、自分にとっても価値のある優勝だと思います」

 福住曰く、レース直前のウォームアップ走行の段階から、決勝向けセットアップを施したマシンの調子の良さは感じていたという。そのためレース序盤に大津弘樹(Red Bull MUGEN Team Goh)にオーバーテイクを許しポジジョンを落とした時も、終盤に平川がオーバーテイクシステムを使って猛追してきた時も、焦る事なく落ち着いて対処することができたようだ。

 野尻に次ぐランキング2位を獲得した福住。もちろん彼にとっても自己最高成績だ。来季以降の参戦計画は明らかにされていない福住だが、タイトルを目指すために必要なものについて問われると、次のように答えた。

「自分自身をどう信じ切れるか、というところだと思います」

「チャンピオンを争う中、もてぎで2戦連続で不甲斐ないレースをしてしまったことも、自分自身の実力不足だと思います。ドライバーは運も引き寄せないといけないですし、チームを引っ張るようなドライバーになることが必要だと思います」

 
Read Also:

シェア
コメント
松下信治、首位走行もまさかのドライブスルーペナルティ。”反則スタート”は「僕の責任」
前の記事

松下信治、首位走行もまさかのドライブスルーペナルティ。”反則スタート”は「僕の責任」

次の記事

【スーパーフォーミュラ】最後までもつれたチームタイトル争いはTEAM IMPULに軍配。2台合計17ポジションUPで逆境跳ね返す

【スーパーフォーミュラ】最後までもつれたチームタイトル争いはTEAM IMPULに軍配。2台合計17ポジションUPで逆境跳ね返す
コメントを読み込む