2021年のル・マン24時間レース、5万人の観客動員へ。ヘルスパスポート活用

2021年8月に開催予定のル・マン24時間レース。昨シーズンは無観客開催だったが、2021年は5万人のファンを入場が許可される見込みとなった。

2021年のル・マン24時間レース、5万人の観客動員へ。ヘルスパスポート活用

 2021年の8月21〜22日に行なわれる予定の、第89回ル・マン24時間レース。昨年は新型コロナウイルスの影響で無観客開催となっていたが、今年は従来の訳2割にあたる5万人のファンの入場を許可する見込みだ。

 第89回ル・マン24時間レースは当初は6月開催を予定していたものの、主催者であるACO(フランス西部自動車クラブ)はファンがレースを観戦できるチャンスを最大化するために、延期を決定したと今年3月に語っていた。

 レースに参加する全ての観客は、フランスで6月から導入された新たなヘルスパスの提示が求められる。

 つまり観客として訪れる人は、2回のワクチン接種かPCR検査陰性、もしくは過去6ヵ月以内に新型コロナウイルスに感染し、免疫があるはずという証明する必要があるということだ。

 ACOからの声明には「収容人数を減らし、ヘルスパスポートを利用することで、高い品質のイベントを安全に開催することができる」と記されている。

 なおプレイベントとなるル・マンのテストデーは、レースとは異なり公開されない。

 またキャンプ場に関してはプラクティスの始まるレースウィークの水曜日からオープンする予定ではあるが、イベント中にコンサートなどは開かれない予定となっている。

 ACOからの発表では、観客の収容方法に関しては言及がされていない。昨年の計画では観客も“バブル”に収容される予定だったが、これは政府と地元当局との話し合いの末レース前月に断念が決まっていた。

 なお他カテゴリーでも観客動員を復活させる動きがある。2輪のMotoGPは8月上旬のオーストリア戦において、観客動員をフルキャパシティで開催可能とする予定で、ル・マンと同じ様にワクチン接種などの条件を設けている。

 

Read Also:

シェア
コメント
青木拓磨、ヨーロピアン・ル・マン2戦目を完走。8月のル・マン24時間出場目指す
前の記事

青木拓磨、ヨーロピアン・ル・マン2戦目を完走。8月のル・マン24時間出場目指す

次の記事

BMWがスポーツカーレース最高峰に復帰! LMDhマシンで2023年のデイトナ24時間レース参戦

BMWがスポーツカーレース最高峰に復帰! LMDhマシンで2023年のデイトナ24時間レース参戦
コメントを読み込む