グリッケンハウス、WEC開幕戦スパの欠場が決定。ニューマシンのデビューを遅らせ、万全を期す

今季、WECのハイパーカークラスに参戦するグリッケンハウスは、5月にスパで開催されるWECの開幕戦を欠場することを発表した。

グリッケンハウス、WEC開幕戦スパの欠場が決定。ニューマシンのデビューを遅らせ、万全を期す

 スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは、FIA世界耐久選手権(WEC)のハイパーカークラスに参戦するべく新車『007 LMH』の開発を進めていたが、5月1日にスパ・フランコルシャンで開催されるWEC開幕戦を欠場することを発表した。

 先月に発表されたスパの初期エントリーリストにはグリッケンハウスの名前が載っていたものの、チームの創設者であるジム・グリッケンハウスは、motorsport.comの取材に対しコロナ禍の影響が長引いているため、開幕戦に参戦できるか分からないと話していた。

Read Also:

 そして今回、チームは開幕戦を欠場し、6月にポルトガルのアルガルヴェ・サーキットで行なわれる第2戦で『007 LMH』をデビューさせることを発表した。

「我々はスパには行かない。これは決定事項だ」

 ジム・グリッケンハウスはそうmotorsport.comに話した。

「我々は常に、すべてが思い通りの状況になってからレースを始めることを計画してきた。なぜならこれは5年間のプログラムであり、長期的なゲームだからだ」

「我々はこれまでに方針を変えたことはないし、スパに間に合わせようと急いだこともない」

 グリッケンハウスはこれまで、30時間の耐久テストを終えるまでは、5年間マシンのスペックを事実上固定するホモロゲーション取得を行なわないと主張してきた。現在、この耐久テストはWEC開幕戦終了後の5月上旬に、スペインのアラゴンで行なわれる予定だ。

 さらにチームは、スイスにあるザウバーの風洞を使って、ふたつの空力パッケージを評価するテストを行なっているという。

「我々は現在、ふたつの構成に取り組んでいる。ひとつは最高速度を少し上げたもの、もうひとつはダウンフォースを少し高めにしたものだ」

 そうジム・グリッケンハウスは説明した。

「ひとつの仕様しか空力パッケージの使用が許されていないので、何がベストなのかを決定し、その後ヴァレルンガで再度テストを行なう予定だ」

「これが30時間の耐久テスト前最後のテストとなり、その後ポルトガルで2台のマシンを走らせる準備が整うことになる」

 チームは先週もイタリアのヴァレルンガ・サーキットで1台の007 LMHを走らせているが、このサーキットはマシンを設計・開発したポディウム・アドバンスド・テクノロジーズのワークショップの近くに位置している。

 ニューマシン『007 LMH』にとって4回目となるこの2日間のテストでは、リチャード・ウェストブルックやオリビエ・プラ、フランク・マイルーがドライブ。合計で約2000km走行したという。

 グリッケンハウスがスパを欠場するため、WEC開幕戦でハイパーカークラスを走るのは、トヨタのGR010 HYBRIDが2台、アルピーヌのLMP1マシンであるA480の計3台のみとなる。

Read Also:

シェア
コメント
富士スピードウェイ隣接の新ホテル、その名称が決定「モータースポーツとホスピタリティを融合」

前の記事

富士スピードウェイ隣接の新ホテル、その名称が決定「モータースポーツとホスピタリティを融合」

次の記事

WECプロローグ:テスト初日はLMP2がトップ3独占。ハイパーカーは苦戦、トヨタ7号車にトラブル発生

WECプロローグ:テスト初日はLMP2がトップ3独占。ハイパーカーは苦戦、トヨタ7号車にトラブル発生
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ WEC
執筆者 Gary Watkins