WEC、2024年からGTクラスをGT3ベースの車両に切り替え。GTE規定は終了へ

WECを主宰するACOは、現行のGTE車両に代わって2024年からGT3ベースの車両を使用することを発表した。

WEC、2024年からGTクラスをGT3ベースの車両に切り替え。GTE規定は終了へ

 FIA世界耐久選手権(WEC)とル・マン24時間レースの主催者であるACO(フランス西部自動車クラブ)は、現行のGTEレギュレーションにおいて、いくつかのメーカーがプログラムを廃止または縮小したことを受けて、シリーズにおけるGTレースの将来について明らかにした。2024年から、WECおよびル・マン24時間レースではGTE車両に代わってGT3車両をベースにしたマシンを使用すると発表したのだ。

 現行のLM-GTE ProクラスおよびLM-GTE Amクラスは、2023年まで存続されることになる。

 2024年シーズン以降は、世界中のGTレースで使用され、人気を博しているGT3規則に基づいた車両が採用される。つまり、2022年にGTE車両を使用するGTLMクラスを廃止し、GTDプロクラスとしてGT3ベースの車両を使用する予定のIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権と近いフォーマットとなると見られる。

 WECのLM-GTE Proクラスでは、メーカー同士の激しいバトルが展開されファンからの人気も高かったが、フォード、BMW、アストンマーチンが相次いで撤退。今季はフェラーリとポルシェが2台ずつ、計4台までWECフル参戦のエントリーが減少していた。

 一方、LM-GTE AmクラスはWECフル参戦13台、ル・マンでは23台がエントリーしており、依然として健全な台数が維持されている。これは、GTEのプラットフォームを2023年まで維持する理由のひとつとなっている。また、このクラスはジェントルマンドライバーを起用するクラスであることも、エントリーが多い一因だ。

 GT3マシンがWEC用にどう変更されるかはまだ明らかになっていない。motorsport.comの調べによると、新しいGTカテゴリーは、2024年からAmクラスベースの1クラスに再編されると見られている。

 メルセデス、ランボルギーニ、BMW、アウディ、ホンダ/アキュラなどもGT3に参戦しており、2024年以降にWECやル・マンに参戦する可能性も十分ある。

 ACOとIMSAは、長年のパートナーシップ契約をさらに10年間延長し、スポーツおよび技術的なレギュレーションについて協力していくことを決定した。

 ACOとIMSAのパートナーシップはすでにトップカテゴリーで進んでおり、今季デビューしたLMH(ル・マン・ハイパーカー)車両や、2023年から運用されるLMDh車両が両シリーズを戦うことができるようになる予定だ。

Read Also:

シェア
コメント
WEC、2022年の開催カレンダーを発表。今季と同じく全6レースを予定

前の記事

WEC、2022年の開催カレンダーを発表。今季と同じく全6レースを予定

次の記事

”旧型”マシン使用のアルピーヌ、今後のWEC参戦はどうなる? 新車開発なら「将来的にアロンソ起用が理想」

”旧型”マシン使用のアルピーヌ、今後のWEC参戦はどうなる? 新車開発なら「将来的にアロンソ起用が理想」
コメントを読み込む