Filip Cleeren
執筆者

Filip Cleeren

Latest articles by Filip Cleeren

グリッド
リスト

“フェルスタッペン・ルール”……最年少スーパースターがもたらしたF1への影響

2016年の5月15日、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはF1スペインGPを18歳という若さで制し、F1の歴史にその名を刻んだ。その衝撃的な初優勝から5年が過ぎた今も、フェルスタッペンは大きな痕跡をF1に残している。

リカルドのシート合わせに密着! F1で快適な”座席”が重要なワケ

F1マシンにおけるドライバーの居住スペース、それがコクピットである。極限状態で戦うドライバーにとって、その快適さは必要不可欠。そのため、シートもドライバーひとりひとりに合わせて作られる。その工程をご紹介しよう。

ハイパーカーのレースはLMP1時代と大きく違う? コンウェイ「追突される恐怖はなくなる」

トヨタのWECドライバーであるブレンドン・ハートレーとマイク・コンウェイは、ニューマシン『GR010』のレースは、LMP1マシンのころとは全く違うものになると考えている。

師匠兼チームメイト? ジョビナッツィ「今年もライコネンと一緒で嬉しい」

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは2021年もキミ・ライコネンとチームメイトとなることを喜んでおり、F1王者も経験したライコネンから多くのモノを学ぶことで自身を高めていけると考えている。

BMW、IMSAの参戦プログラムを縮小。耐久ラウンドの4レースのみに参戦へ

BMWはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の参戦プログラムを縮小し、耐久ラウンドの4レースのみに参戦することを発表した。

ジョビナッツィ「スタート改善は映像学習の成果!」2020年の進歩に満足げ

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは、F1の2020年では映像学習でスタート改善に取り組んだことが、ルーキーシーズンと比較しての改善の鍵だったと振り返った。

コスト削減が実現しなければ生き残れなかった? アルファロメオ代表、F1の団結に感謝

アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、F1がコスト削減策や部分的な開発凍結を導入しなければ、F1に残れていたかどうか分からないと語った。

インディカー、2021年開幕戦の延期を決定。4月11日のアラバマ戦からシーズン開始か

2021年のインディカー開幕戦セントピーターズバーグは、新型コロナウイルスの影響で3月から4月に延期された。

2021年のF1もスケジュール変更は必至? FIAトッド会長「予定通りにはならないはず」

FIAのジャン・トッド会長は、2021年のF1シーズンは通常とは異なり、新型コロナウイルスの影響によって開催カレンダーの変更が多く発生する可能性があると予想していると語る。

元フェラーリ監督トッド、ハミルトンの強さ認める「支配力はシューマッハーより上」

FIA会長のジャン・トッドは、自身が監督を勤めていた頃のフェラーリとミハエル・シューマッハーよりも、メルセデスとルイス・ハミルトンの支配力の方が上回っていると考えている。

ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

2021年、アストンマーチンに加入するセバスチャン・ベッテルは、ハースからF1デビューするミック・シューマッハーを喜んでサポートすると語る一方で、ミックは自分で進む道を探さねばならないとも語った。

F1チームの”冬休みの宿題”はピレリ新タイヤへの適応? 特性の違いが頭痛の種に

フェラーリのスポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、ピレリの新しいタイヤを使いこなすためには多くの作業が必要になるだろうと考えている。

グロージャン、バーレーンGPの大事故から1ヵ月。シムレース再開も「まだ左手が完全ではない」

ロマン・グロージャンはiRacingのストリーミング配信の中で、F1バーレーンGPでの激しいクラッシュから1ヵ月が経ったが、手の状態は良くなってきていると語った。

フェラーリ移籍は成功? サインツJr.「ドライバーを破滅させるようなチームじゃない」

カルロス・サインツJr.は、2020年まで在籍していたマクラーレンの”家族的”な雰囲気が、同チームで成功させた秘訣だと語るが、2021年から移籍するフェラーリでその要素が不足することを心配していないと語る。

ルクレール、苦難の1年を乗り越え前向き「自分のパフォーマンスはF1キャリアベストだった」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、クルマのパフォーマンス不足に苦しみランキング8位で終えたものの、自分のパフォーマンスという点では2020年シーズンがF1でのベストだったと考えている。

アタック一発は脅威的……マグヌッセン”チームメイト”グロージャンを評価

2020年シーズン限りでF1を離れることになったケビン・マグヌッセンは、ハース時代のチームメイトであるロマン・グロージャンの予選アタックが脅威的なモノであったため、自分の予選パフォーマンスも向上したと考えている。

代役フィッティパルディをハース代表賞賛「彼は良い仕事ができることを証明した」

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、負傷したロマン・グロージャンの代役を務めたピエトロ・フィッティパルディについて、F1で「いい仕事ができる」ことを証明したと語る。

苦難のシーズンを乗り越えたフェラーリ「たくさんの、小さな教訓を得ることができた」

フェラーリのスポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、苦難の2020年に”小さいものの、非常に重要なこと”をたくさん学んだと考えている。

アロンソ、アブダビテストでは首位もルノーF1「彼はまだ他のドライバーより不利」

ルノーF1のディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、2021年にF1復帰するフェルナンド・アロンソは不利な状況で開幕戦を迎えると考えている。

コーナーに”バンク”がないから、アブダビGPは退屈? オコンの提言

ルノーF1のエステバン・オコンは、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットのいくつかのコーナーに小さなバンクをつけることができれば、より面白いレースが展開されることになると信じている。

レッドブル、アブダビGP後の若手ドライバーテストにはヴィップス&ブエミを起用

レッドブルは、F1アブダビGP後に行なわれるポストシーズンテストにユーリ・ヴィップスとセバスチャン・ブエミを起用する。

”最強”メルセデスにいても……サインツ「ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいない」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、今のF1ドライバーがメルセデスに移籍しても、ルイス・ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいないだろうと考えている。

メルセデスを遅くするためのものじゃない……フェルスタッペン、新ルールの意義を語る

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2022年から施行される予定のF1の新レギュレーションは、メルセデスの独走を止めるために作られているわけでなく、レースをよりエキサイティングにするものだと語る。

レース増加とトリプルヘッダーは、F1の成長に欠かせない”必要悪”なのか?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、2021年のF1暫定スケジュールに3連戦が含まれていることについて、スタッフの負担になると認めながらも、F1の成長のために受け入れる姿勢を示した。

サインツJr.の恐れ……来季開幕前テストは僅か3日。移籍ドライバーにとっては大打撃

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、来シーズン開幕前のテスト日数が3日間に削減されたことは「理解できない」と語り、新たに加入するフェラーリのマシンに慣れるための時間がほとんどないと嘆いた。

フェラーリ、ポルトガルGPでも空力アップデート実施。ディフューザー中心に改善

フェラーリは、今週末のF1第12戦ポルトガルGPで、ディフューザーを中心としたさらなる空力アップデートを導入すると発表した。

プジョー、2022年のWEC参戦に向けてドライバーの”分析”をスタート

プジョーは、2022年にスタートするハイパーカープログラムのドライバー選考のため、過去数シーズンのWECのデータ分析を開始していることを明かした。

フェラーリでの歩みは順風満帆でなかった?「すべきでない争いごとがあった」とベッテル

セバスチャン・ベッテルは、フェラーリと共にチャンピオンを勝ち取れなかったことは失敗だったと認め、その裏で「するべきでなかった争いごと」があったと語った。

「中嶋一貴の後継者になるかも」初のル・マンで輝き放った山下健太をトヨタが称賛

トヨタのチーム監督であるロブ・ルーペンは、LMP2クラスからル・マン24時間レースに初参戦した山下健太が“非常に良い仕事”をしたと称賛した。

最速のトヨタ7号車に、ル・マンの女神はまたも微笑まず。チームも「かける言葉が見つからない」

2020年のル・マン24時間レースで、トヨタ7号車がトラブルに見舞われ勝利を逃したことについて、テクニカルディレクターのパスカル・バセロンはかける言葉が尽きてしまったと語った。

レベリオン、ル・マン決勝では「トヨタの脅威になれない」と悲観

レベリオンは、トヨタが何かミスをしない限り、ル・マン24時間レースの決勝で彼らを脅かすことはできないと認めている。

ル・マン24時間:ハイパーポール進出賭けた予選が実施。LMP1はトヨタ7号車トップで通過 24 Hours of Le Mans
ビデオ・インサイド

ル・マン24時間:ハイパーポール進出賭けた予選が実施。LMP1はトヨタ7号車トップで通過

2020年のル・マン24時間レースの予選が行なわれ、トヨタ7号車がトップタイムを記録。金曜日に行なわれるハイパーポールセッションへ備えた。

いつ呼ばれても大丈夫! リザーブドライバーのバンドーン、2年ぶりのF1出走にも自信

メルセデスのリザーブドライバーを務めるストフェル・バンドーンは、2018年以来F1マシンをドライブしていないが、チームが自分の出番を必要とするならば良い仕事をする準備ができていると語った。

開幕から11週で9戦を開催……超過密日程のF1は「少しやり過ぎ」とフェルスタッペン

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2020年シーズンのF1が開幕から11週間で9レースが開催されているということについて理解を示しながらも、「これが限界だ」と語った。

レッドブル代表、PU”予選モード”の規制を歓迎「その方がF1にとって健全」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、パワーユニットのエンジンモードを規制するというFIAの動きを支持し、「メーカーにとって健全」だと語った。

ライコネン&リカルド、苦しむベッテルの復活を期待。鍵は“気にしすぎないこと”?

キミ・ライコネンとダニエル・リカルドは、元チームメイトであるセバスチャン・ベッテルが2020年シーズンの苦しいスタートから立ち直れると考えている。

ゲラエル、F2バルセロナのレース1最終ラップでの事故により病院に搬送

DAMSのショーン・ゲラエルは、カタルニア・サーキットで行なわれたFIA F2のレース1最終盤にストップ。予防措置として病院に搬送されることになった。

ノリス「ハードタイヤが硬すぎる!」と主張。一方フェルスタッペンは「扱いやすい」

マクラーレンのランド・ノリスは、スペインGPのフリー走行で使ったピレリのハードタイヤについて、全く使い物にならないと感じているようだ。しかしレッドブルのマックス・フェルスタッペンはl、ハードを扱いやすいタイヤだと感じているようだ。

マクラーレンもカラーリング変更。多様性求めるキャンペーンの一環でレインボー増し

マクラーレンは、新型コロナウイルスとの世界的な戦いと、多様性を許容することなどを含めたF1のキャンペーンの一環で、今季マシンのカラーリングを微調整した。

LMP1の“最終進化形”、トヨタTS050ハイブリッドの限界は見られずじまい? 

トヨタはWECでハイパーカーによる新時代が到来することを歓迎しているが、その一方で現行のLMP1カーであるTS050 ハイブリッドの限界を探ることができないのは残念なことだと語った。

仮想ル・マンでフェルスタッペンとアロンソ襲ったトラブルを、rFactor開発者が説明

6月13~14日に開催されたバーチャル・ル・マン24時間レースは、シムレースにおける重要なマイルストーンとなったが、いくつか技術的なトラブルにも見舞われた。

F1でわずか1勝、されど1勝……10人のドライバーたち

70年のF1の歴史の中で、1勝のみでグランプリシーンから去っていったドライバーも数多くいる。そのドライバーの中から特筆すべき10人をピックアップ。

グリッケンハウス、来季のWECには2台体制で参戦へ。LMHマシンの準備は順調か

スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウスは、来シーズンのWEC(世界耐久選手権)ならびに2021年のル・マン24時間レースに、2台のハイパーカーを投入する意向を発表した。

70年にわたるF1の歴史……ホイール・トゥ・ホイールの極上バトル10選

F1の歴史は70年。その間に、様々な素晴らしいバトルが繰り広げられてきた。今回の企画では、その中から特筆すべき10の”極上ホイール・トゥ・ホイール”をご紹介する。

F1を失ったサーキット:美しくも、危険すぎたモンジュイック

スペインGPの舞台が現在のカタルニア・サーキットやヘレス・サーキットになる前、同GPはモンジュイック・ストリート・サーキットで行なわれていた。このサーキットは、F1カレンダーの中でも最も恐れられたコースだった。

2022年からWECとIMSAで施行のLMDhレギュレーション、その一部が発表

ACO(フランス西部自動車協会)とIMSAは、2022年から施行される新しいプロトタイプマシンのカテゴリー”LMDh”のレギュレーション詳細を発表した。

F1に必要な肉体と精神を新たなレベルに引き上げた……セナを特別にしたモノ

1994年の5月1日、サンマリノGPの事故で亡くなったアイルトン・セナ。彼をよく知っている人物とともに、セナを特別なモノにした理由を振り返る。

まさに“ハナ差”の決着! F1における最も僅差のレースベスト10

これまでに行なわれてきた1000以上のF1レースの中には、非常に僅差で優勝が決まったケースがいくつもある。今回はその中でも特に差が小さかった10レースをランキング形式で紹介する。

ルクレール、ベッテル超えはまだ? ハイドフェルド、レースでベッテルが優勢と評価

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、2019年シーズンの争いでセバスチャン・ベッテルがチームメイトのシャルル・ルクレールに負けていなかったと考えている。

ハイドフェルド、クビサの見解に反論「BMWが僕を贔屓していたというのは間違い」

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、BMWがドイツ人ドライバーであるハイドフェルドの方を贔屓していたという、かつてのチームメイトであるロバート・クビサの考えを否定した。

F1界からインディカーに殴り込み? ノリス、インディカーeレースに電撃参戦

F1ドライバーのランド・ノリスが、インディカーのバーチャルレースに参戦することが決定したようだ。

コロナ危機がマクラーレンの“トップ3追撃”を遅らせる? マクラーレン代表認める

マクラーレンチーム代表のアンドレアス・ザイドルは、新型コロナウイルスの影響によって、トップチームへと追いつくためにより時間がかかることになるかもしれないと語った。

戦いはスタート前から始まっている! グリッド上で起きたハプニング集

F1では各車が所定のスターティンググリッドに付き、停止状態から発進するスタンディングスタートが採用されている。今回はそんなグリッド上で起きたハプニングをいくつか振り返っていく。

スパ・フランコルシャン、ラディオンのランオフエリア改良を前倒しで実施へ

スパ・フランコルシャンは、F2のレースで起きた死亡事故を受け、ランオフエリアの改良計画を今年中に整理することを目指している。

フェルスタッペンMotoGPバイク試乗を希望も、レッドブル許可せず

マックス・フェルスタッペンは、MotoGPマシンを走らせてみたいと考えているものの、レッドブルからそれを禁止されているという。