Filip Cleeren
執筆者

Filip Cleeren

Latest articles by Filip Cleeren

グリッド
リスト

最後まで諦めなかった! 悲願の初優勝を挙げたサインツJr.「忘れられない、特別な1日になった」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イギリスGPでチームメイトのシャルル・ルクレールに先行を許したものの、初優勝を達成できると信じ続けていたと語った。

サインツJr.、キャリア初ポールポジションに”驚き”「特別なラップじゃなかったけど……」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イギリスGPで初のポールポジションを獲得したが、この結果には驚いたという。

レッドブル、持ち込みセットアップ外した? ペレス「エアロの問題に苦しんでいた」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、F1イギリスGP初日は空力的な問題に苦しみ、持ち込みのセットアップを外していたと語った。

サインツJr.、マシンへの適応進歩で”優勝候補の常連”に?「恐れず全力でプッシュ出来るようになった」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、カナダGPでマシンを快適に感じることができたと語り、ようやくコントロールを失う心配をせずに全力でプッシュできるようになったと語った。

カナダではフェラーリの方が速かった……レッドブルのフェルスタッペン「まだ改善が必要だ!」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、カナダGPで今季6勝目を挙げランキング首位をひた走っているが、フェラーリを打ち負かすためにはまだまだ改善する必要があると考えている。

フェラーリ代表、ポーパシング対策の技術指令は「正しい手順を踏んでいなかった」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、FIAがポーパシング問題に介入しようとしたそのプロセスは、正しい手順ではなかったと語った。

メルセデス、タイトル争いに”白旗”。しかし2023年に向け今季F1マシンの開発続行「今は学ぶことが大事」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、現段階で今季大いに苦戦するマシンの開発作業を放棄し、2023年のマシンに向けてリソースを集中させることは時期尚早だと考えている。

サインツJr.、猛チャージもF1初優勝にあと1歩届かず。しかし「僕の全てを出し切れた」と前を向く

フェラーリのカルロス・サインツJr.はF1カナダGPの決勝レースでマックス・フェルスタッペン(レッドブル)に敗れ2位。しかし「全力を出し切れた」としてこの結果を前向きに捉えている。

「とても奇妙なことだった」ボッタス、アゼルバイジャン大苦戦は”新パッケージ”の根本的な問題?

アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、F1アゼルバイジャンGPで苦労したのは、マシンに根本的な原因があったからではないかと考えている。

相次ぐリタイアと戦略ミス……ルクレール、”3戦連続の失望”を「受け入れることは簡単じゃない」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、レッドブル勢とのF1タイトル争いを困難にしている”3戦連続の失態”を受け入れることは「簡単じゃない」と語った。

アロンソ、予選Q1のランオフ行きはわざと? チャンス潰れたアルボン猛批判もどこ吹く風

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、アゼルバイジャンGP予選で故意にコースオフして後続を抑えたとアレクサンダー・アルボンから批判を受けているが、”トリック”を使ってはいないと否定している。

ルクレール、初日首位で好調な滑り出しも「レッドブルとフェラーリの力関係は分からない」

F1アゼルバイジャンGPの金曜日で首位で終えたフェラーリのシャルル・ルクレールは、真の勢力図にはまだ”疑問符”が残っていると語った。

ラティフィ、今季苦戦の原因はマシンに対する”自信”が不足しているから?

ウイリアムズF1のビークル・パフォーマンス責任者のデイブ・ロブソンは、今季のニコラス・ラティフィの苦戦について、マシンに対する「自信の欠如」が主な原因になっていると語った。

好調セルジオ・ペレス、レッドブルRB18への自信はフェルスタッペンと同レベル?

レッドブルは、2022年シーズンの新型マシンではセルジオ・ペレスがマックス・フェルスタッペンと同じ様にマシンを快適に感じられているため、今シーズンの好調につながっていると考えている。

予算制限をクリアできないとクビになる! ハース代表、インフレによるコスト増も「やり遂げるのが私の仕事」

世界的なインフレにより、各F1チームは予算上限額を超えずにシーズンを戦い抜くことに苦慮している。その中でハースのギュンター・シュタイナー代表は「やりくりすることが自分の仕事」だとして、上限引き上げに否定的な姿勢を示した。

サインツJr.、ピットアウト直後ラティフィに抑えられ憤慨「最も遅いマシンに詰まって、勝利を失った」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1モナコGPの決勝でドライタイヤに交換しコースに戻った際、ウイリアムズのニコラス・ラティフィに引っ掛かってしまったことで、勝利を逃したと憤慨している。

苦戦のメルセデス、決勝は”空頼み”? ハミルトン「一度くらいラッキーがあってもいいよね……」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、決勝レースで予選ポジション以上の好結果を目指すには、天候の助けが必要だと語った。

モナコFP2でクラッシュのリカルド「不思議だった……セットアップで攻めすぎた」

マクラーレンF1のダニエル・リカルドは、モナコGPのフリー走行2回目序盤にクラッシュしたのは、セットアップの面で「極端に攻めすぎた」ことが原因だと明かす。

F1人気の副作用で嬉しい悲鳴? 大混雑のスペインGP、サーキット側はファン体験の改善を約束

F1スペインGPはチケットが完売するほど盛況だったが、サーキット側が観客への対応に苦しんだという側面もあった。

大渋滞にトイレには長蛇の列……F1、スペインGP主催側に「到底受け入れられない」アクセス問題の解決を促す

F1は、スペインGPで発生したアクセスの問題は「到底受け入れられない」として、プロモーター側に来季までの改善を促した。

フェルスタッペン、逆境乗り越え掴んだ勝利「難しい始まりだったけど、良い終わり方」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、断続的にDRSトラブルが発生したことで、スペインGPは厳しいレースだったと振り返った。

ルクレール、快調リードも突如トラブル発生で0点「こういうことを繰り返すわけにはいかない」

F1スペインGPの決勝レースで痛恨のリタイアを喫したフェラーリのシャルル・ルクレールは、タイトルを争うためには、今回のようなリタイアは、2度と起こらないようにしなければならないと語った。

F1特集|髪を赤く染めたアルボン。その裏にある孤児たちとの心温まるストーリー

ウイリアムズのアレクサンダー・アルボンは、オーストラリアGPを前に髪を赤に染めた。その裏側には、タイの孤児院で彼が出会った子どもたちとの心温まる物語があった。

ベテラン感漂う”新人”ラッセル。メルセデス代表「彼はずっとチームにいたみたい」と評価

メルセデスF1のトト・ウルフ代表は、今季新加入のジョージ・ラッセルは「ずっとチームで走っているように感じる」と語った。

マイアミのシケインはまるでゴーカート用?? フェルスタッペン「F1マシンには向かないよ」

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、マイアミGPの”タイトな”シケインは、F1マシンに適したモノではないと考えており、来年のグランプリまでに変更されることを期待している。

サインツJr.、首の痛みを乗り切り3位「簡単なレースじゃなかったけど……悪くはないね」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1マイアミGPのFP2で激しいクラッシュを喫した後、決勝レースでも首に痛みを感じていたと語った。

メルセデス、F1スプリントレースで挽回ならず。イモラでの週末は「骨折り損のくたびれ儲け」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、エミリア・ロマーニャGPのスプリントレースで2台ともにトップ10に入ることができなかったことを受け、「完全な骨折り損」だと認めた。

フェラーリ&ルクレール、首位で迎えるイタリア戦は“やり過ぎ”厳禁? 「余計なプレッシャーはナシで」

フェラーリのシャルル・ルクレールは現在チャンピオンシップを大きくリードしているが、チームへの注目が高まってプレッシャーが増大する中で”やり過ぎ”ないようにしなくてはと注意している。

ベッテル、相次ぐトラブルとクラッシュ……踏んだり蹴ったりのF1復帰戦に「今シーズンはこれ以上悪くなることはない」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1復帰戦となった第3戦オーストラリアGPは「これ以上悪くなりようがない」とクラッシュやトラブルが相次いだレース週末を振り返った。

ベッテルに約67万円の罰金。FP1終了後にスクーターでコースを走行しファンサービスも……

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1第3戦オーストラリアGPのFP1終了後にコース内でスクーターを走行した件で、約67万円の罰金を言い渡された。

アップデートは計画的に。フェラーリ、悲願のF1タイトル制覇に向け「シーズン序盤で予算を使い切ってはいけない!」

フェラーリはシーズン終盤まで開発競争を戦い抜く力があるとチームのマッティア・ビノット代表は考えている。

逆転優勝のフェルスタッペン、頭を使った”トリック”奏功「やっとシーズンが始まった感じだ!」

マックス・フェルスタッペンは、シャルル・ルクレールとの長いバトルの末、サウジアラビアGPを制する上で、”スマートなトリック”が鍵になったと振り返った。

ペレス、会心アタックでキャリア初ポール!「2000周走っても、あの”信じられないラップ”は上回れない」

F1第2戦サウジアラビアGPの予選でフェラーリ勢を破り、初ポールポジションを獲得したレッドブルのセルジオ・ペレスは、自分でも”信じられないラップ”だったと語った。

予選で大クラッシュのシューマッハー、サウジアラビアGPの決勝は欠場へ

ハースF1チームは、F1サウジアラビアGPの予選Q2で大クラッシュを喫したミック・シューマッハーについて、日曜日の決勝レースに出場しないことを確認した。

F1日本GP決勝スタートは14時! 2022年シーズンのセッション開始時刻が公開。スプリント予選レースは依然未定

FIAはF1史上最多23レースを予定している2022年シーズンの詳細スケジュールを公開。全グランプリのセッション開始時刻が明らかになった。

伝説のF1王者フィッティパルディ「F1の年間23戦は多すぎる」と苦言

2度のF1チャンピオン経験者であるエマーソン・フィッティパルディは、2022年のF1が23戦もレースを開催するのは「多すぎる」と考えている。

“フェルスタッペン・ルール”……最年少スーパースターがもたらしたF1への影響

2016年の5月15日、レッドブルのマックス・フェルスタッペンはF1スペインGPを18歳という若さで制し、F1の歴史にその名を刻んだ。その衝撃的な初優勝から5年が過ぎた今も、フェルスタッペンは大きな痕跡をF1に残している。

リカルドのシート合わせに密着! F1で快適な”座席”が重要なワケ

F1マシンにおけるドライバーの居住スペース、それがコクピットである。極限状態で戦うドライバーにとって、その快適さは必要不可欠。そのため、シートもドライバーひとりひとりに合わせて作られる。その工程をご紹介しよう。

ハイパーカーのレースはLMP1時代と大きく違う? コンウェイ「追突される恐怖はなくなる」

トヨタのWECドライバーであるブレンドン・ハートレーとマイク・コンウェイは、ニューマシン『GR010』のレースは、LMP1マシンのころとは全く違うものになると考えている。

師匠兼チームメイト? ジョビナッツィ「今年もライコネンと一緒で嬉しい」

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは2021年もキミ・ライコネンとチームメイトとなることを喜んでおり、F1王者も経験したライコネンから多くのモノを学ぶことで自身を高めていけると考えている。

BMW、IMSAの参戦プログラムを縮小。耐久ラウンドの4レースのみに参戦へ

BMWはIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の参戦プログラムを縮小し、耐久ラウンドの4レースのみに参戦することを発表した。

ジョビナッツィ「スタート改善は映像学習の成果!」2020年の進歩に満足げ

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは、F1の2020年では映像学習でスタート改善に取り組んだことが、ルーキーシーズンと比較しての改善の鍵だったと振り返った。

コスト削減が実現しなければ生き残れなかった? アルファロメオ代表、F1の団結に感謝

アルファロメオのチーム代表であるフレデリック・バスールは、F1がコスト削減策や部分的な開発凍結を導入しなければ、F1に残れていたかどうか分からないと語った。

インディカー、2021年開幕戦の延期を決定。4月11日のアラバマ戦からシーズン開始か

2021年のインディカー開幕戦セントピーターズバーグは、新型コロナウイルスの影響で3月から4月に延期された。

2021年のF1もスケジュール変更は必至? FIAトッド会長「予定通りにはならないはず」

FIAのジャン・トッド会長は、2021年のF1シーズンは通常とは異なり、新型コロナウイルスの影響によって開催カレンダーの変更が多く発生する可能性があると予想していると語る。

元フェラーリ監督トッド、ハミルトンの強さ認める「支配力はシューマッハーより上」

FIA会長のジャン・トッドは、自身が監督を勤めていた頃のフェラーリとミハエル・シューマッハーよりも、メルセデスとルイス・ハミルトンの支配力の方が上回っていると考えている。

ベッテル、ミック・シューマッハーの”サポート”約束も「自分の道を探す必要がある」

2021年、アストンマーチンに加入するセバスチャン・ベッテルは、ハースからF1デビューするミック・シューマッハーを喜んでサポートすると語る一方で、ミックは自分で進む道を探さねばならないとも語った。

F1チームの”冬休みの宿題”はピレリ新タイヤへの適応? 特性の違いが頭痛の種に

フェラーリのスポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、ピレリの新しいタイヤを使いこなすためには多くの作業が必要になるだろうと考えている。

グロージャン、バーレーンGPの大事故から1ヵ月。シムレース再開も「まだ左手が完全ではない」

ロマン・グロージャンはiRacingのストリーミング配信の中で、F1バーレーンGPでの激しいクラッシュから1ヵ月が経ったが、手の状態は良くなってきていると語った。

フェラーリ移籍は成功? サインツJr.「ドライバーを破滅させるようなチームじゃない」

カルロス・サインツJr.は、2020年まで在籍していたマクラーレンの”家族的”な雰囲気が、同チームで成功させた秘訣だと語るが、2021年から移籍するフェラーリでその要素が不足することを心配していないと語る。

ルクレール、苦難の1年を乗り越え前向き「自分のパフォーマンスはF1キャリアベストだった」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、クルマのパフォーマンス不足に苦しみランキング8位で終えたものの、自分のパフォーマンスという点では2020年シーズンがF1でのベストだったと考えている。

アタック一発は脅威的……マグヌッセン”チームメイト”グロージャンを評価

2020年シーズン限りでF1を離れることになったケビン・マグヌッセンは、ハース時代のチームメイトであるロマン・グロージャンの予選アタックが脅威的なモノであったため、自分の予選パフォーマンスも向上したと考えている。

代役フィッティパルディをハース代表賞賛「彼は良い仕事ができることを証明した」

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、負傷したロマン・グロージャンの代役を務めたピエトロ・フィッティパルディについて、F1で「いい仕事ができる」ことを証明したと語る。

苦難のシーズンを乗り越えたフェラーリ「たくさんの、小さな教訓を得ることができた」

フェラーリのスポーティングディレクターであるローレン・メキーズは、苦難の2020年に”小さいものの、非常に重要なこと”をたくさん学んだと考えている。

アロンソ、アブダビテストでは首位もルノーF1「彼はまだ他のドライバーより不利」

ルノーF1のディレクターであるマルチン・ブコウスキーは、2021年にF1復帰するフェルナンド・アロンソは不利な状況で開幕戦を迎えると考えている。

コーナーに”バンク”がないから、アブダビGPは退屈? オコンの提言

ルノーF1のエステバン・オコンは、アブダビのヤス・マリーナ・サーキットのいくつかのコーナーに小さなバンクをつけることができれば、より面白いレースが展開されることになると信じている。

レッドブル、アブダビGP後の若手ドライバーテストにはヴィップス&ブエミを起用

レッドブルは、F1アブダビGP後に行なわれるポストシーズンテストにユーリ・ヴィップスとセバスチャン・ブエミを起用する。

”最強”メルセデスにいても……サインツ「ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいない」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、今のF1ドライバーがメルセデスに移籍しても、ルイス・ハミルトンに勝てるドライバーはほとんどいないだろうと考えている。

メルセデスを遅くするためのものじゃない……フェルスタッペン、新ルールの意義を語る

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、2022年から施行される予定のF1の新レギュレーションは、メルセデスの独走を止めるために作られているわけでなく、レースをよりエキサイティングにするものだと語る。

レース増加とトリプルヘッダーは、F1の成長に欠かせない”必要悪”なのか?

メルセデスのトト・ウルフ代表は、2021年のF1暫定スケジュールに3連戦が含まれていることについて、スタッフの負担になると認めながらも、F1の成長のために受け入れる姿勢を示した。