トヨタ、WRC実戦投入を断念した”GRヤリス”ベースの2021年仕様マシンを公開「このマシンは素晴らしいものだった」

トヨタが、2021年のWRC(世界ラリー選手権)に投入することを目指し開発が行なわれていた、GRヤリスベースのマシンを公開した。

トヨタ、WRC実戦投入を断念した”GRヤリス”ベースの2021年仕様マシンを公開「このマシンは素晴らしいものだった」
Listen to this article

 トヨタは、2021年のWRC(世界ラリー選手権)に投入予定だった、GRヤリスをベースとしたマシンをフィンランドのファクトリーで公開。過激なエアロパッケージを持つ姿が披露された。

 トヨタは2021年のWRCに、2020年の東京オートサロンで公開されたGRヤリスをベースとした新型車両を投入することを計画。2020年の2月には、実走テストをスタートさせた。

【ギャラリー】開発が進められていた2021年仕様GRヤリスベースのWRCマシン

 しかしその直後、新型コロナウイルスのパンデミックが発生したため、WRCはテスト禁止を決定。トヨタはこれを受け、このGRヤリスをベースをした車両の投入を諦め、2022年からのハイブリッドレギュレーション”ラリー1”規定マシンの開発にリソースを集中させた。そして従来モデルのマシンをアップデートし、2021年シーズンを戦うことを決めた。

 このお蔵入りとなったGRヤリスをベースとしたWRCマシンが、フィンランドのファクトリーで初めて公開された。このマシンは過激なエアロパッケージを持ち、わずかな日数しかテスト走行を行なえなかったものの、すでに従来のマシンよりも速かったという。

「このマシンは素晴らしいモノだった。信じられないほどだ」

 テクニカルディレクターのトム・ファウラーは、取材に訪れたメディアに対してそう語った。

「コロナウイルスの状況がなければ、2021年シーズンを走っていただろう」

「そんな状況下で、完全に新しいマシンの完全に新しいホモロゲーションを取得するのは、本当に実現不可能なことだった」

「2020年の半ばには、WRCは完全にテストが禁止された。我々は4日間テストを行なった後に、テスト禁止が発令された。そのマシンは、もう数ヵ月後に実戦投入することになっていたんだ」

「非常に複雑な状況だった。しかしその4日のテストを終えた段階で、すでにヤリスよりも速かった。このマシンはとても素晴らしかったので、実戦投入できないのはとても残念な状況だった」

 ただファウラー曰く、このお蔵入りとなったGRヤリスをベースとしたマシンを開発したことは、全く無駄だったわけではないという。ここで学んだことの一部が、2022年仕様のラリー1規定のGRヤリスに活かされ、それが今季の好結果に繋がっているという。

「我々はこのマシンから、ラリー1規定に向けて多くのことを学んだ。学べることがいくつかあったんだ。情報の一部を使って、以前のWRCマシンをアップデートすることができたんだ」

「市販車とのパッケージとして開発することは、非常に多くのアドバンテージをもたらしてくれた。このマシンが実戦に出なかったことは、おそらくWRCにとっては良いことだっただろうね」

 
Read Also:

シェア
コメント
元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペン、8月に世界ラリー選手権デビューへ
前の記事

元F1ドライバーのヨス・フェルスタッペン、8月に世界ラリー選手権デビューへ

次の記事

タナクがトヨタの連勝を阻止する今季2勝目。ロバンペラ2位でランク首位堅持|WRCフィンランド

タナクがトヨタの連勝を阻止する今季2勝目。ロバンペラ2位でランク首位堅持|WRCフィンランド