ホンダ/アキュラ、次世代NSXは「フル電動スーパーカー」と明かす。早ければ2026年に登場か

ホンダの北米ブランドであるアキュラのジョン・イケダ副社長は、次世代NSXが電動スーパーカーとして登場する可能性が高いと改めて語っている。

2022 Acura NSX Type S

写真:: Acura

 ホンダの北米ブランドであるアキュラは、同社のフラッグシップスポーツカーである『NSX』の3世代目はEVとなる可能性が高いと語っている。

 ホンダ/アキュラは2代目NSXの集大成として『NSX Type S』を4月に350台限定でワールドプレミア。NSXの第2章は大団円を迎えたが、そのわずか数日後、アキュラの副社長兼ブランドオフィサーのジョン・イケダは、次世代NSXは「フル電動スーパーカー」として復活すると示唆していたのだ。

 そして今週、Nikkei Asiaのインタビューに応じたイケダは改めて3代目NSXはEVになると明言している。

「電気自動車になる。それに賭けてもいい」

 新たなフラッグシップスポーツカーの可能性について訊かれたイケダはそう答えた。

 そしてEVにありがちな「直線パフォーマンスだけのクルマにはならない」と言い切り、フル電動スーパーカーの到来を予感させた。ただ3代目NSXの誕生は、ホンダの三部敏宏社長の判断次第だとも彼は示唆している。

2022 Acura NSX Type S

2022 Acura NSX Type S

Photo by: Acura

 現時点で公式発表は何もないため、この未確認情報はあくまでも参考程度に捉えるべきだろう。しかし、イケダ副社長がType Sのデビューからわずか数ヵ月で次世代モデルの復活を明言していることからも、ホンダ/アキュラが伝説的とも言える”NSX”を継承していくという意思が現れている。

 ホンダは量産で初の電動SUV『プロローグ』を、そしてアキュラはブランド初のEVとして、Type Sモデルも用意されているハイエンドSUV『ZDX』を2024年にデビューさせる。この2台は、ホンダが提携を結ぶゼネラルモーターズ開発の「アルティウム・バッテリー」を搭載するEVプラットフォームを採用する予定となっている。

 そしてホンダe: アーキテクチャ初採用のEVモデルは2026年に発売される予定であり、その一台としてNSXが並ぶ可能性があると想像できる。

 スーパーカーに新たな定義をもたらした初代NSXは「New SportsCar X」の頭文字を取ったものだ。未知を表す”X”の通り、まだ見ぬ3代目も新たなスーパーカーのカタチを決める1台になるのだろうか。その伝説的な看板を背負うだけに、向けられる期待も大きい。

 

 ホンダは2040年までに内燃エンジンを完全廃止すると公言しているが、内燃エンジンに思い入れのある”モーターヘッズ”には朗報もある。新型『シビック Type R』に続く『インテグラ Type S』のテスト車両が、先日目撃されているのだ。

 YouTube上にAllcarnewsが公開したスパイ画像からは、このインテグラType Sには、開口部が広く設けられたフロントバンパーに赤いブレーキキャリパー(おそらくブレンボ製)、リヤのアグレッシブなディフューザーと3本出しのマフラーが採用されると伺える。

 新型インテグラType Sのバワーに関しては、少なくともシビック Type Rと同程度と予想しても何ら不思議はなく、最大出力235kW(319PS)、最大トルクは420Nm以上になるだろう。

 これら関してもまだ確定事項は少なく、商標としてインテグラType Sの名が存在していたが、これはアパレル関連のモノというオチだった。

 
Read Also:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 グランツーリスモの1台が現実に……マクラーレン、一人乗りサーキット専用マシン『ソーラスGT』を発表。限定25台
次の記事 浮かび上がるGT4の文字。日産/NISMO、9月28日に新型『Z』のレースモデル発表か

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

最新ニュース

あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」

あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
あと1〜2周あれば……ノリス、0.7秒差で2勝目逃し悔しさ吐露「フェルスタッペンを捉えられたはず」
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
フェルスタッペン、覚醒ノリスの追撃振り切り優勝。角田裕毅は10位で母国戦RBにポイント届ける|F1エミリア・ロマーニャGP決勝
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞

F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞

F1 F1
エミリア・ロマーニャGP
F1エミリア・ロマーニャ決勝速報|フェルスタッペンが逃げ切り優勝! ノリス惜しくも届かず。角田裕毅は10位入賞
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

SF スーパーフォーミュラ
第2戦:オートポリス
ライバルに先を越され続けた5年間。スーパーフォーミュラ初優勝の牧野任祐が明かす苦悩「言い訳できない環境で勝てず、もどかしかった」

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本