浮かび上がるGT4の文字。日産/NISMO、9月28日に新型『Z』のレースモデル発表か

日産/NISMOは、9月28日に新型レースカーを発表すると告知。添付された画像の明るさを変えてみると、おや……GT4と書かれた新型『Z』の姿が浮かび上がってきた。

浮かび上がるGT4の文字。日産/NISMO、9月28日に新型『Z』のレースモデル発表か
Listen to this article

 日産とそのハイパフォーマンス部門NISMOは、新型2シータースポーツ『Z』にレースカーモデルを登場させるとソーシャルメディアを介して告知している。

 投稿には「Nissan/NISMO新型レースカーをオンライン公開」という言葉と共に、発表を行なうYouTubeへのリンク、そしてティザー画像が付けられていた。

 

 配信は9月28日(水)8:00から開始され、その全貌を見ることができるだろう。ただ、ティザー画像の明るさやコントラストを調整してみると、このクルマの一端が見えてくる。

 画像にあったのは新型ZのGT4モデル。NISMOのエアロボディキットを装着しており、フロントリップスポイラーや大型リヤウイングの存在が見受けられる。ボディサイドにはGT4と書かれ、ウイングを装着しているものの、市販モデルの”ダックテール”リヤスポイラーは引き継がれている。

 既に日産/NISMOは、昨年末にスーパーGTのGT500モデルを発表しており、今回が初めてのレース仕様という訳ではない。6月上旬に富士スピードウェイで開催された富士24時間耐久レースでは、スーパー耐久の開発クラスである『ST-Qクラス』にZの開発車両を投入している。

 おそらくGT4であろう今回のZは、BMW『M4 GT4』やマクラーレン『アルトゥーラGT4』、ロータス『エミーラGT4』などのここ数ヵ月で次々と発表されているGT4マシンと対峙することになる。ZのGT4モデルは、より過激なエアロ、大径ブレーキ、アップグレードされたホイールを装備しているだろう。ただし、GT500マシンよりも市販モデルに近い形になるだろう。

 公道仕様の高性能モデル『Z NISMO』の噂は、市販モデルの登場前からインターネット上で飛び交ってきたが、現時点では日産/NISMOが力を注いでいるのはレースモデル。”スパイシー”な派生モデルの投入は急いでいないようだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
ホンダ/アキュラ、次世代NSXは「フル電動スーパーカー」と明かす。早ければ2026年に登場か
前の記事

ホンダ/アキュラ、次世代NSXは「フル電動スーパーカー」と明かす。早ければ2026年に登場か

次の記事

日産/NISMO、新型『Z』GT4モデルを発表。S耐Qクラスで開発……2023年前半にデリバリー開始へ

日産/NISMO、新型『Z』GT4モデルを発表。S耐Qクラスで開発……2023年前半にデリバリー開始へ