F1
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .

フィルター:

選手権 ドライバー チーム イベント ロケーション 記事タイプ
9,645 articles
選手権
読み込み中……
ドライバー
読み込み中……
チーム
読み込み中……
イベント
読み込み中……
ロケーション
読み込み中……
記事タイプ
読み込み中……

新着ニュース一覧

グリッド
リスト

史上初! レッドブルF1が無重力空間でのタイヤ交換に成功

レッドブル・レーシングは、史上初めてとなる無重力空間でのタイヤ交換に成功した。

我がドライバー、ブラジルGP堂々退場す。レッドブル代表「素晴らしい進歩だ」

レッドブル代表のクリスチャン・ホーナーは、F1ブラジルGPでアレクサンダー・アルボンは惜しくも表彰台を逃したものの、堂々とブラジルを後にすることができると語った。

「愚かなこと」を明確に。”同士討ち”再発阻止を目指すフェラーリ

F1ブラジルGPをセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの同士討ちで終えたフェラーリは、”愚かなこと”を明確にする必要があると考えているが、過去にメルセデスがドライバーを管理した方法を見習うことには興味がないという。

ホンダF1の進歩を認めるハミルトン「来季は三つ巴のタイトル争いになる」

メルセデスのルイス・ハミルトンは、レッドブル・ホンダが強さを見せたF1ブラジルGPの結果を受け、ホンダが大きく進歩したことにより、2020年のタイトル争いは、3メーカー間の”深刻な”戦いになると考えている。

F1マイアミGP、住民の理解得られるか。開催に向けて”目の前のハードル”クリア

地元住民から反対されているF1マイアミGP開催計画。公道使用を禁止する決議も出されたが、郡長の拒否権行使が認められ障害をひとつクリアした形となった。

高らかに鳴り響くホンダサウンドとガスリーの雄叫び……F1ブラジルGP:注目のチームラジオ集

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝し、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位に入ったF1第20戦ブラジルGP。その無線交信で特筆すべきものをピックアップ。

フェラーリ、F1ブラジルGPで”今季初めて”レッドブルのコーナリング速度に匹敵?

フェラーリのマッティア・ビノット代表によると、フェラーリはF1ブラジルGPでレッドブルに匹敵するコーナリングスピードを発揮していたという。

ホンダPU搭載マシンは、なぜブラジルGPの直線でメルセデスを打ち負かせたのか?

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、F1ブラジルGPのストレートスピードでメルセデスに打ち勝った理由は、パワーだけでなく、ダウンフォースレベルも関係していたと考えている。

ハース初表彰台を奪った”謎のトラブル”。シュタイナー代表「訳が分からない」と憤慨

ハースのギュンター・シュタイナーは、F1ブラジルGPでロマン・グロージャンに表彰台獲得のチャンスがあったと語り、不運が重なったことを残念がった。

「バッテリーが終わった!」フェルスタッペン追うハミルトンが訴えたトラブルの真相

F1ブラジルGPでマックス・フェルスタッペンに敗れたルイス・ハミルトンだが、メルセデスは回生エネルギーの使い方に問題があったようだ。

オコン、2019年シーズン終了直後にルノー加入。アブダビタイヤテスト参加へ

エステバン・オコンは2019年のF1アブダビGP翌日である12月2日にルノーに正式加入し、アブダビでのピレリタイヤテストに参加する。

アルボンのレッドブル残留は”賢明”な選択。フェルスタッペン「彼はチームの一員」

マックス・フェルスタッペンは、レッドブルがアレクサンダー・アルボンを来季も継続起用することを決めたのは、最も賢明な選択だったと話した。

ガスリー躍動、原因は重圧からの解放? レッドブル代表「彼の才能を信じていた」

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表は、トロロッソでピエール・ガスリーが好成績を収めているのは、プレッシャーから解放されたことが原因だと話した。

イエロー区間でDRSを使用……サインツJr.はなぜ表彰台を剥奪されなかったのか?

F1レースディレクターのマイケル・マシは、3位表彰台を獲得したカルロス・サインツJr.(マクラーレン)を含む数人が、イエローフラッグが振られている中DRSを開いたと疑われたにも関わらず、ペナルティを科されなかった理由を説明した。

祝ホンダF1ワンツー! レッドブル&トロロッソのグッズをプレゼント

F1ブラジルGPでホンダは28年ぶりのワンツーフィニッシュを達成。それを記念して、レッドブル&トロロッソのグッズをプレゼント。

【ギャラリー】互いの思いが交錯する瞬間……F1における同士討ちの歴史を振り返る

F1ブラジルGPではフェラーリの2台が同士討ちを演じ、両者リタイアに終わった。今回はF1の歴史においてチームメイト同士での接触が起こったレースを5つピックアップして紹介する。

ベッテルとルクレールの同士討ち……「今起きたのは幸運」とフェラーリ代表宣言

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、2020年シーズンに向けて必要なことを明確にする良いチャンスとなったため、F1ブラジルGPでのセバスチャン・ベッテルとシャルル・ルクレールの”同士討ち”は、チームにとって幸運だったと語る。

”同士討ち”演じたフェラーリに喝! ロス・ブラウン「王者ハミルトンを見習え」

F1スポーティングディレクターのロス・ブラウンは、ブラジルGPで同士討ちを演じたフェラーリのふたりは、正直に話し合うべきだと語った。

セーフティカー出動は避けられなかった……F1レースディレクターが説明

F1レースディレクターのマイケル・マシは、ブラジルGPでバルテリ・ボッタス(メルセデス)がコース脇にストップした際にセーフティカーが出動した理由を説明。マシンの回収にクレーン車が必要だった場合の標準的な対応だったと語った。

最後尾から3位表彰台のサインツJr.、勝負の鍵となったのは“ラリーのスキル”?

F1ブラジルGPで3位となったカルロス・サインツJr.は、厳しい状況のレース終盤でなぜポジションをキープできたのか自分でも分からないというが、グリップのない状況を乗り越えるため”ラリー”の経験が役に立ったかもしれないと語る。

ボッタス、最終戦アブダビでグリッド降格の危機? トラブル発生のエンジン調査中

メルセデスは、ブラジルGPでマシントラブルによりリタイアしたバルテリ・ボッタスが、最終戦アブダビGPでグリッド降格ペナルティを受ける必要があるかどうか、まだ分からないと語る。

ヒュルケンベルグ、インディカー行きもなし? エド・カーペンターが“噂”を否定

2020年のF1シート喪失が濃厚なニコ・ヒュルケンベルグだが、インディカー・シリーズに参戦するエド・カーペンター・レーシングはヒュルケンベルグ加入という“噂”を否定した。

ポディウム未経験者はあと何人? 現役ドライバーのF1初表彰台レースを振り返る

F1ブラジルGPでは、ピエール・ガスリーとカルロス・サインツJr.がキャリア初表彰台を獲得した。今回は現役F1ドライバーが初めて表彰台を獲得したレースを振り返る。

パワーで勝ったブラジルGP。ホンダ田辺TD「今季3勝目は励みになった」

ホンダの田辺豊治F1テクニカルディレクターがmotorsport.comの取材に応じ、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが優勝、トロロッソ・ホンダのピエール・ガスリーが2位と、ホンダ勢ワンツーフィニッシュとなったレースを振り返った。