F1
28 3月
イベントは終了しました
R
エミリア・ロマーニャGP
16 4月
次のセッションまで……
2 days
R
ポルトガルGP
30 4月
次のセッションまで……
16 days
R
スペインGP
06 5月
次のセッションまで……
22 days
R
モナコGP
20 5月
次のセッションまで……
36 days
R
アゼルバイジャンGP
03 6月
次のセッションまで……
50 days
R
カナダGP
10 6月
次のセッションまで……
57 days
R
フランスGP
24 6月
次のセッションまで……
71 days
R
オーストリアGP
01 7月
次のセッションまで……
78 days
R
イギリスGP
15 7月
次のセッションまで……
92 days
R
ハンガリーGP
29 7月
次のセッションまで……
106 days
R
ベルギーGP
26 8月
次のセッションまで……
134 days
R
オランダGP
02 9月
次のセッションまで……
141 days
R
イタリアGP
09 9月
次のセッションまで……
148 days
R
ロシアGP
23 9月
次のセッションまで……
162 days
R
シンガポールGP
30 9月
次のセッションまで……
169 days
07 10月
次のセッションまで……
176 days
R
アメリカGP
21 10月
次のセッションまで……
190 days
R
メキシコGP
28 10月
次のセッションまで……
197 days
R
ブラジルGP
05 11月
次のセッションまで……
205 days
03 12月
次のセッションまで……
233 days
R
アブダビGP
12 12月
次のセッションまで……
242 days

デ・フリーズ、メルセデスF1のリザーブドライバーに。バンドーンと共に不測の事態に備える

ニック・デ・フリーズは、フォーミュラEのチームメイトであるストフェル・バンドーンと共に、メルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めることとなった。

デ・フリーズ、メルセデスF1のリザーブドライバーに。バンドーンと共に不測の事態に備える

 2019年にFIA F2でチャンピオンに輝き、2019-2020シーズンからメルセデスの一員としてフォーミュラEに参戦しているニック・デ・フリーズ。彼は2021年から、メルセデスF1チームのリザーブドライバーを務めることになった。

 メルセデスF1チームはこれまで、ストフェル・バンドーンとエステバン・グティエレスという元F1ドライバーふたりをリザーブドライバーとして起用していた。しかしながらメルセデスは、2021年シーズンからバンドーンとデ・フリーズがその役割を担っていくことを明らかにした。

Read Also:

 バンドーンとデ・フリーズはフォーミュラEでチームメイト同士。昨季最終戦ではバンドーンが、今季開幕戦ではデ・フリーズが共に初優勝を飾っており、フォーミュラEの世界でもメルセデスが頭角を現しはじめている。

 2021年F1マシン『W12』を発表したメルセデスは、プレスリリースに次のように記している。

「我々は2021年シーズンに向けて、リザーブドライバーにおいても強力なラインアップを揃えた。ストフェル・バンドーンはこの業務を引き続き担当し、彼のフォーミュラEでのチームメイトであるニック・デ・フリーズがそこに加わる」

 デ・フリーズはかつてマクラーレンの若手ドライバーアカデミーに所属していた際、チームの開発業務を担っていたが、F1チームで公式に役割を与えられるのは初めてのことだ。彼は昨年末、アブダビで行なわれたルーキーテストにバンドーンと共にメルセデスから参加。初のF1テストを経験した。

 なお、今回リザーブドライバーを外れる形となったグティエレスは、昨夏にスーパーライセンスを失効し、F1でレースに出走することができなくなっている。

 昨年のイギリスGPを前にレーシングポイントのセルジオ・ペレスが新型コロナウイルス陽性となった際、彼らはPUサプライヤーであるメルセデスからバンドーンまたはグティエレスをレンタルすることができた。しかし、グティエレスは2016年以来丸3シーズンF1に出走していなかったためスーパーライセンスを失効しており、再発給のために走行距離300kmのテストを実施しなければいけないことが明らかとなっていた。一方のデ・フリーズはこれまでジュニアカテゴリーで残してきた実績から、スーパーライセンスの発給条件を満たしている。

 コロナ禍に見舞われた昨シーズン、メルセデスもサクヒールGPを前にルイス・ハミルトンが新型コロナウイルス陽性となった際、代役を立てる必要があった。ただその際チームはリザーブドライバーのバンドーンではなく、メルセデスの育成ドライバーであるジョージ・ラッセルをウイリアムズからレンタルすることを選んだ。

 

Read Also:

シェア
コメント
F1、表彰台での”シャンパンファイト”にスパークリングワインを使用。フェッラーリ・トレントと契約

前の記事

F1、表彰台での”シャンパンファイト”にスパークリングワインを使用。フェッラーリ・トレントと契約

次の記事

F1新車”雑感”解説:メルセデスW12。エンジンカウルの膨らみの意味は?

F1新車”雑感”解説:メルセデスW12。エンジンカウルの膨らみの意味は?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ニック デ・フリーズ
チーム メルセデス
執筆者 Luke Smith