F1
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
28 8月
イベントは終了しました
17 8月
イベントは終了しました
25 9月
イベントは終了しました
09 10月
次のセッションまで……
9 days
23 10月
次のセッションまで……
23 days
31 10月
次のセッションまで……
31 days

アルファタウリ・ホンダ代表、イタリアGPで初優勝のガスリー残留を期待

シェア
コメント
アルファタウリ・ホンダ代表、イタリアGPで初優勝のガスリー残留を期待
執筆:
, Grand prix editor
協力: Ken Tanaka

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、F1イタリアGPで勝利を収めたピエール・ガスリーについて、今季はチームに残ることを望んでいると語った。

 アルファタウリは今年のF1イタリアGPで、ピエール・ガスリーのドライビングにより優勝を手にした。これは、トロロッソ時代を含め、同チームにとってF1での2勝目ということになる。

Read Also:

 レッドブルのアレクサンダー・アルボンがなかなか好成績を残せないことで、以前からガスリーには、レッドブル昇格の噂が絶えなかった。今回勝利を収めたことにより、その噂はさらに熱を帯びて語られるようになっている。

 しかしアルファタウリのチーム代表であるフランツ・トストは、ガスリーがチームに残ることを期待していると語る。

「もし我々が彼を失うことになった場合、それはチームが良い仕事をしたということを意味する。そうでなければ、(レッドブルは)彼を連れて行くことはないだろう」

 トスト代表はスカイスポーツF1にそう語った。

「現時点では、彼が我々と共に闘い続けてくれることについて、楽観視している」

 またトスト代表は、ガスリーはトロロッソへの復帰を果たして以来、常に高いモチベーションを保っていると語る。ガスリーは2017年のマレーシアGPでトロロッソからF1デビュー。2018年も同チームで過ごした後、2019年シーズンにはレッドブルのドライバーとして抜擢されたがなかなか成績は振るわず、シーズン途中でトロロッソに降格させられた。しかしトロロッソに戻ってからは入賞を続け、ブラジルGPでは2位表彰台を獲得。チームの名称がアルファタウリと変わった今季も安定して入賞を続け、イタリアGPではついに優勝を果たした。

「彼は常に、モチベーションに溢れている」

 そうトスト代表は語る。

「昨年、レッドブルから戻ってきた時から、既に彼はそういう状態だった。彼は私のオフィスにやってきて、お互いに挨拶を交わした。そして彼は『昨日もここにいたみたいだよ。まるで家族のようだね』と言ったんだ」

「彼はこのマシンを好んでいる。昨年の時点で既に、かなり力強いマシンだった。そしてスパでの初戦からパフォーマンスを改善していき、サンパウロでは2位でフィニッシュした。それはハミルトンとの素晴らしい闘いでもあった」

「今日、彼はレースをリードし、それをコントロールしていた。本当に素晴らしいレースだったと思う。カルロス(サインツJr./マクラーレン)が近づいてきた時、彼はセクター2での速さを改善した。そして1.2秒だったリードを1.5秒にまで広げたんだ。これは良かった。彼は最後まで、ペースをコントロールしていたんだ」

 なおレッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、ガスリーがレッドブルに戻ることはないと繰り返し語った。

「現在この問題については検討していない」

 そうマルコは語った。

「ガスリーはレッドブルのドライバーのひとりだ。現在、彼はアルファタウリでレースをしているし、素晴らしい走りを見せている」

「しかし我々には、このチーム(アルファタウリ)のリーダーも必要なのだ」

Read Also:

ルノーもマクラーレンも抜けない……不可解なペース不足で5位。ボッタスが当時の状況語る

前の記事

ルノーもマクラーレンも抜けない……不可解なペース不足で5位。ボッタスが当時の状況語る

次の記事

表彰台から離れたくなかったガスリー「その瞬間を、ただ楽しんでいた」

表彰台から離れたくなかったガスリー「その瞬間を、ただ楽しんでいた」
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント イタリアGP
サブイベント Race
ドライバー ピエール ガスリー
チーム アルファタウリ・ホンダ
執筆者 Luke Smith