F2王座争うアイロット、来季のF1シートを獲得できず。SNSで発表

カラム・アイロットは、シートを獲得できなかったことから来季F1でレースをすることはないと発表した。

F2王座争うアイロット、来季のF1シートを獲得できず。SNSで発表

 フェラーリ育成ドライバーのひとりであり、今季はユニ-ヴィルトゥオーシからFIA F2に参戦しているカラム・アイロット。彼は2021年シーズンのF1参戦が叶わなかったことを報告した。

 2019年にチャロウズからF2フル参戦デビューを果たしたアイロットは今季、ユニ-ヴィルトゥオーシに移籍。開幕戦で優勝を飾ると、11ラウンド中5ラウンドで予選ポールポジションを獲得するなど非凡な速さを見せ、現在ランキング2番手につけている。

Read Also:

 そんな彼は当初、フェラーリとの繋がりがあることからアルファロメオまたはハースのF1シートを手にする可能性があると考えられており、アイフェルGPではハースからFP1に出走する予定となっていた。しかしそのFP1は悪天候により実質的にキャンセルとなり、アイロットのF1公式セッションデビューはお預けとなった。

 来季のハースのシートには、アイロットと同じフェラーリ育成でありF2ポイントリーダーのミック・シューマッハーが収まるものと見られている。アイロットは11月30日に自身のSNSで、来年のF1グリッドには加われないことを明らかにした。

「2021年はF1でレースをしないと言われたことを発表する時が来た」

 そうアイロットは綴っている。

「もちろんそれは数週間前に知っていたことだ。ガッカリしているけど、より一層努力しないといけないし、2022年にそれを実現するために必要なことをしていくつもりだ」

「とにかく、今は勝ち獲りたいチャンピオンシップがあるんだ」

 なお、アイロットのF2でのチームメイトでルノー育成ドライバーである周冠宇は、この投稿に「この男はF1のシートにふさわしい」とリプライしている。

 アイロットがこのような発表をしたことによって、フェラーリ育成の“当たり年”と言われた2020年シーズンからF1へと昇格するのはシューマッハーひとり、という可能性が改めて濃厚となった。

 現在F2でタイトルを争うアイロットの2021年の計画は不透明である。最終ラウンドの2レースでシューマッハーとの14ポイント差を逆転して見事チャンピオンを獲得すれば、F2に継続参戦することはないだろう。なおアイロットとシューマッハーは共に、アブダビで行なわれるF1の若手ドライバーテストで、アルファロメオのマシンを走らせる予定だ。

 同じくフェラーリ育成であるロバート・シュバルツマンは、2021年もF2を戦う可能性が高いと見られている。ロシアのSMPレーシングの支援も受けるシュバルツマンは今季F2ルーキーイヤーながら4勝を挙げており、ランキング4番手につけている。

 

Read Also:

シェア
コメント
何度も流さなくていいよ……リカルド、グロージャンの大事故リプレイに苦言

前の記事

何度も流さなくていいよ……リカルド、グロージャンの大事故リプレイに苦言

次の記事

ハース、サクヒールGPではグロージャンに代わりピエトロ・フィッティパルディを起用

ハース、サクヒールGPではグロージャンに代わりピエトロ・フィッティパルディを起用
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1 , FIA F2
ドライバー カラム アイロット
執筆者 Luke Smith