F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
6 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
13 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
27 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
41 days

アップグレード版よりも速い……ハース、今後は“開幕戦仕様”のパッケージで参戦?

シェア
コメント
アップグレード版よりも速い……ハース、今後は“開幕戦仕様”のパッケージで参戦?
執筆:
2019/07/27 2:36

ハースのケビン・マグヌッセンは、アップグレード版のハースのマシンに進歩を感じないと語った。

 ハースはF1ドイツGPの金曜フリー走行で、ケビン・マグヌッセンにアップグレード版マシンを、ロマン・グロージャンに開幕戦仕様のマシンを与え、両車の比較を行った。しかしながら、FP1、FP2ともに速かったのは開幕戦仕様のグロージャンであり、FP2に関してはマグヌッセンの方が1秒以上遅いという結果となった。

 チームはこれまで新しいコンポーネントを投入しながらも、それが期待通りの性能を発揮しないことが多く、現時点でコンストラクターズランキング9位に沈んでいる。それが今回“レース1”スペックのパッケージを持ち込むきっかけとなった。

「バルセロナで投入した最初のアップグレードと差を感じない」とマグヌッセンは語った。

「できることがあるかどうかはわからない……確かに何かしらできることはあると思うけど、それは今夜色々と確認してみてからだ」

「今日は(開幕戦仕様のマシンと)大きなギャップがあった。これはアップグレード版を持ち込んだ時に見たくないものだ。進歩したいんだ」

「それ(アップグレード)をしたようには思えなかったし、バルセロナと同じように感じた。僕たちはなぜアップグレードによってマシンが良くならなかったのか、追求しなければならない」

 アップデートがうまく機能しなかった原因を特定する必要があるハースだが、それらは時間との戦いになりつつある。なぜならこの時期は伝統的に、翌年に向けた開発にリソースを振り分け始める分岐点となるからだ。

 チーム代表のギュンター・シュタイナーは「私としては、大胆な決断のみがうまくいくと考えている」と語った。

「議論を続けていると、それが何度も行ったり来たりして、何をしようとしていたかわからなくなる時がある」

「それ(マシンを最初のスペックに戻すこと)は大胆で、非常に珍しい決断だ。時には独創的な考えが必要だったりするんだ」

「我々が目指すところは、後半戦に向けて何をしなければいけないのか理解することだ。それはここドイツと、ハンガリーでの我々の使命だ」

 なお、ハースはホッケンハイムにオーストラリア仕様のマシンを1台しか持ち込んでいないが、ハンガリーでも同様の措置を取り、2台を比較する可能性が高いようだ。

「とても良い感じだけど、(まだ)レース1スペックに戻すことはできない」とマグヌッセンは語った。

「新しいアップグレードについて学ぶことも重要だ。シーズンの中でより良いアッググレードを行う必要があるんだ」

「ただ(ハンガリーでも)今日のように差が大きければ、2台ともレース1スペックに戻して、できるだけ多くのポイントを獲得しなければいけない」

Read Also:

次の記事
ガスリー、FP2でクラッシュ「マシンの感触は良かった……チームに申し訳ない」

前の記事

ガスリー、FP2でクラッシュ「マシンの感触は良かった……チームに申し訳ない」

次の記事

”今年限り”の予想から一転、F1スペインGPは2020年も開催へ?

”今年限り”の予想から一転、F1スペインGPは2020年も開催へ?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
サブイベント FP2
ドライバー ケビン マグヌッセン , ロマン グロージャン 発売中
チーム ハースF1チーム
執筆者 Stuart Codling