F1
29 8月
-
01 9月
イベントは終了しました
05 9月
-
08 9月
イベントは終了しました
19 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
26 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
3 days
R
第19戦アメリカGP
31 10月
-
03 11月
次のセッションまで……
10 days
14 11月
-
17 11月
次のセッションまで……
24 days
R
第21戦アブダビGP
28 11月
-
01 12月
次のセッションまで……
38 days

F1ドイツFP3:フェラーリが速さを維持し予選へ。フェルスタッペンは2番手

シェア
コメント
F1ドイツFP3:フェラーリが速さを維持し予選へ。フェルスタッペンは2番手
執筆:
2019/07/27 11:28

F1ドイツGPのフリー走行3回目が行われた。トップタイムを記録したのはフェラーリのシャルル・ルクレールだった。

 F1第11戦ドイツGPのフリー走行3回目が行われ、シャルル・ルクレール(フェラーリ)が1分12秒736を記録しトップとなった。

 金曜のフリー走行では気温が40℃弱、路面温度は50℃にまで上昇し、“猛暑”となったドイツGP。しかし土曜日は予報通り涼しいコンディションとなり、気温25℃、路面温度34℃でセッションがスタートした。

 最初にタイム計測を行ったのはダニエル・リカルド(ルノー)で、1分15秒030をマークした。

 その後、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が1分13秒767を記録してトップに立つも、シャルル・ルクレールが1分13秒117、セバスチャン・ベッテルが1分13秒369でそれを上回り、フェラーリのワンツー体制が出来上がった。

 バルテリ・ボッタス(メルセデス)もアタックを行ったが、フェラーリのタイムを上回ることはできなかった。その間にルクレールは1分12秒736までタイムを上げ、2番手のベッテル以下にコンマ5秒以上の差をつけた。

 メルセデスはソフトタイヤを使った連続周回を行っていたようで、ハミルトンが15周、ボッタスが16周を走行した。

 ほとんどのマシンがソフトタイヤで走行する中、レッドブル勢はミディアムタイヤを履いてタイム計測に。マックス・フェルスタッペンが1分13秒328で3番手につけた。

 60分間のセッションは残り20分となり、フェラーリの2台が新品のソフトタイヤに履き替えコースイン。ふたりともタイムを更新し、1分12秒387を記録したルクレールが変わらずトップとなった。

 続いてメルセデス勢、レッドブル勢も新品のソフトタイヤでアタックに向かった。フェルスタッペンは1分12秒548でフェラーリ勢の間に割って入る2番手となった。中団勢はケビン・マグヌッセン(ハース)がボッタスと0.003秒差の5番手に浮上した。

 その後は目立ったタイム更新がないまま、セッションが終了。ルクレールがトップタイム、そしてベッテルが3番手と、フェラーリが3セッション連続で速さを見せた。

 レッドブルはフェルスタッペンが気を吐き、今回のグランプリウィークエンドで初めてフェラーリの間に割って入ったドライバーとなった。気温が下がったことで一気にフェラーリに肉薄するかに見えたメルセデスは、ボッタスが4番手、ハミルトンが6番手にとどまった。

 なお、ハミルトンは最終コーナーでトラックリミットをオーバーし、1分12秒793というタイムが抹消されている。

 中団チームはコンマ5秒前後に10台以上がひしめく接戦となったが、5番手のマグヌッセンだけはそこから一歩抜け出たタイムを出しており、予選でのパフォーマンスに注目が集まる。なお、トロロッソ・ホンダはアレクサンダー・アルボンが13番手、ダニール・クビアトが17番手となった。

【リザルト】F1第11戦ドイツGP:フリー走行3回目

順位 ドライバー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 Monaco シャルル ルクレール 18 1'12.380     227.499
2 Netherlands マックス フェルスタッペン 12 1'12.548 0.168 0.168 226.972
3 Germany セバスチャン ベッテル 18 1'12.644 0.264 0.096 226.672
4 Finland バルテリ ボッタス 24 1'12.890 0.510 0.246 225.907
5 Denmark ケビン マグヌッセン 13 1'12.893 0.513 0.003 225.898
6 United Kingdom ルイス ハミルトン 22 1'12.965 0.585 0.072 225.675
7 Spain カルロス サインツ Jr. 18 1'13.300 0.920 0.335 224.643
8 France ピエール ガスリー 17 1'13.324 0.944 0.024 224.570
9 Finland キミ ライコネン 18 1'13.351 0.971 0.027 224.487
10 France ロマン グロージャン 15 1'13.378 0.998 0.027 224.405
次の記事
F1ドイツFP3速報:ルクレール首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン2番手

前の記事

F1ドイツFP3速報:ルクレール首位。レッドブル・ホンダのフェルスタッペン2番手

次の記事

レーシングポイント、マシンの“ダイエット”に成功。7戦ぶりのQ3進出なるか

レーシングポイント、マシンの“ダイエット”に成功。7戦ぶりのQ3進出なるか
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント 第11戦ドイツGP
サブイベント FP3
執筆者 戎井健一郎