執筆者

Stuart Codling

Latest articles by Stuart Codling

グリッド
リスト

フェラーリ代表、F1ドライバーらの給与制限ルール導入は「一筋縄にはいかない」……その草案はどんなモノ?

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、F1が検討しているドライバーらの給与額に一定の上限を設けるレギュレーションの導入は「一筋縄にはいかない」とその課題を挙げた。

ベッテル、”グリーン・レッドブル”を巡る反応に苦言「みんなの努力に対して不公平」

セバスチャン・ベッテルは、アストンマーチンがF1スペインGPに持ち込んだアップデートに対する反応は不公平だと語った。

ベッテル、F1マイアミGPでの”弟子”シューマッハーとの接触は「ふたりとも愚かだった」

アストンマーチンのセバスチャン・ベッテルは、F1マイアミGPで起きたミック・シューマッハー(ハース)との接触について、「ふたりとも愚かだった」と語った。

マクラーレンF1、予算制限ルール適用下でのニューマシン設計は「プロセスを一から見直した」

先日、F1 2022年シーズンの新車『MCL36』を発表したマクラーレン。予算制限レギュレーションにより、マシン設計においては「かなりの見直し」が要求されたと明らかにした。

【F1特集】2021年のF1ルーキーを真剣評価! 角田裕毅やミック・シューマッハーらはシーズンをどう戦ったのか

F1の2021年シーズンには3人のルーキーがグリッドに並んだが、彼らはそれぞれに厳しいシーズンを過ごした。角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)とミック・シューマッハー、ニキータ・マゼピン(どちらもハース)のルーキーシーズンを振り返ろう。

アルピーヌF1のオコン、今季大激戦の入賞争いを痛感「ポイントを獲るために、ミスをする余裕はない」

エステバン・オコンは、今季のアルピーヌがポイント獲得を目指すためには”ミスは許されない”と語る。

”守備的”戦略に不満のボッタス。メルセデス代表は理解示すも「他に選択肢はなかった」

メルセデスのトト・ウルフ代表は、バーレーンGPでの”守備的”な戦略にバルテリ・ボッタスが不満を持っていることに理解を示しつつ、他に選択肢はなかったと語った。

F1開幕戦で物議醸したトラックリミット問題、解釈が一貫しない様はまるで“シェイクスピア”?

メルセデスF1チームのトト・ウルフは、バーレーンGPでトラックリミットに関する論争が起きたことを受け、FIAがアプローチを明確化するよう求めた。

V12で王者になったのは実はひとりだけ……セナ&MP4/6の物語

多くのF1ファンは、V12エンジンに今も幻想を抱いている。しかし実は、V12エンジンを駆るドライバーがチャンピオンを獲得したのは、過去ひとりだけ。1991年にマクラーレンMP4/6・ホンダを走らせたアイルトン・セナだけだ。

グロージャンの動きは“グレー”か“黒”か? リカルドがドライバーたちに提言へ

ダニエル・リカルドはF1 70周年記念GPのドライバーズミーティングにおいて、ロマン・グロージャンのアグレッシブなブロックについて議題に挙げるつもりのようだ。

超多忙……F1&DTMのかけもちに”笑ってしまって”いたクビサ

ロバート・クビサは、新型コロナウイルスの大流行が発生する前、F1をDTMの業務を抱え、多忙になると予想されたスケジュールについて「ほとんど笑ってしまっていた」と語った。

クビサ、F1で唯一勝利を挙げた2008年を回顧「チャンピオンを狙えたはず」

ロバート・クビサは、BMWがマシン開発をシーズン半ばで中止した2008年は、F1チャンピオンを狙えたはずだと、未だに後悔していると語った。

サインツJr.、レーシングポイント警戒「”ピンク・メルセデス”は爪を隠している」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、レーシングポイントが今季の中団争いをリードしていくと考えている。

ウイリアムズ、復活の兆し見せるもラッセルは慎重姿勢「まだ僕たちが一番遅い」

ジョージ・ラッセルは、ウイリアムズがプレシーズンテストで昨年以上のパフォーマンスを見せたものの、中団グループの争いに加われるかどうかについては慎重な姿勢を見せた。

アップグレード版よりも速い……ハース、今後は“開幕戦仕様”のパッケージで参戦?

ハースのケビン・マグヌッセンは、アップグレード版のハースのマシンに進歩を感じないと語った。