F1
03 7月
-
05 7月
イベントは終了しました
10 7月
-
12 7月
Race まで
16 時間
:
13
:
40
MotoGP
25 6月
-
28 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーGT
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
Canceled
11 7月
-
12 7月
Canceled
スーパーフォーミュラ
20 6月
-
21 6月
イベントは終了しました
R
29 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
48 days
執筆者

Stuart Codling

Stuart Codlingの最新ニュース

グリッド
リスト

超多忙……F1&DTMのかけもちに”笑ってしまって”いたクビサ

ロバート・クビサは、新型コロナウイルスの大流行が発生する前、F1をDTMの業務を抱え、多忙になると予想されたスケジュールについて「ほとんど笑ってしまっていた」と語った。

クビサ、F1で唯一勝利を挙げた2008年を回顧「チャンピオンを狙えたはず」

ロバート・クビサは、BMWがマシン開発をシーズン半ばで中止した2008年は、F1チャンピオンを狙えたはずだと、未だに後悔していると語った。

F1開幕戦は予定通り開催できるはず……ハース代表、F1と主催者側の努力に期待

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、開幕戦オーストラリアGPに向けて、プロモーターが準備を整えるだろうと語った。

サインツJr.、レーシングポイント警戒「”ピンク・メルセデス”は爪を隠している」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、レーシングポイントが今季の中団争いをリードしていくと考えている。

ウイリアムズ、復活の兆し見せるもラッセルは慎重姿勢「まだ僕たちが一番遅い」

ジョージ・ラッセルは、ウイリアムズがプレシーズンテストで昨年以上のパフォーマンスを見せたものの、中団グループの争いに加われるかどうかについては慎重な姿勢を見せた。

メルセデスは、ドイツGPのカレンダー残留に関与しない……ウルフ代表が主張

メルセデスのトト・ウルフ代表は、来季ドイツGPを残すために、メルセデスが関与することはないと主張する。

伝統のグランプリはどうなる? ベッテル「情熱がある場所でレースするべき」

セバスチャン・ベッテルは、F1の伝統的なグランプリが開催継続の危機にひんしている状況を批判している。

”霧のナイトラリー”よりも厳しい視界……生き残ったクビサ、復帰後初ポイント

ドイツGPで10位となったロバート・クビサは、F1のウエットレースにおける視界がどれだけ厳しいかを思い出したと話した。

ハミルトンを攻め、逆にポジションを落としたアルボン「僕は戦いたくなかった」

トロロッソ・ホンダのアレクサンダー・アルボンは、F1ドイツGPの終盤にメルセデスのルイス・ハミルトンと戦わなければならなかったことで、ポジションをいくつか失うことになったと語った。

フェルスタッペン、2勝目挙げるもタイトル争いは依然「メルセデスがはるか先」

ドイツGPを制し、今季2勝目を挙げたマックス・フェルスタッペンだが、この勝利によってタイトル争いの見通しが変わるとは思っていないようだ。

ボッタス、ブレーキングで思わぬ苦戦「FP3までは問題なかったのに……」

バルテリ・ボッタスは、ドイツGP予選で予想外にブレーキングで苦しんでしまったと振り返った。

フェルスタッペン、Q2”パワーロス”の原因はホンダPUのエンジンモード?

マックス・フェルスタッペンは、ドイツGP予選で見舞われたパワーロスの影響で、タイヤ戦略を変えなくてはいけなかったと語った。

アップグレード版よりも速い……ハース、今後は“開幕戦仕様”のパッケージで参戦?

ハースのケビン・マグヌッセンは、アップグレード版のハースのマシンに進歩を感じないと語った。

ラッセル、モナコでの戦いに満足「ポイント獲得が見えた瞬間があった」

ウイリアムズのジョージ・ラッセルは、モナコGP決勝でポイント獲得が狙える瞬間があったと振り返った。

バルテリ・ボッタス、ピットレーンでの接触も3位獲得は『不幸中の幸い』

バルテリ・ボッタスはピットレーンでのインシデントによりポジションを落とし、最終的に3位フィニッシュとなったが、3位を獲得できたことは不幸中の幸いだと語った。

感情を抑えられなかった……ハミルトン、金網に登った”理由”を説明

F1モナコGPの予選でポールポジションを獲得したルイス・ハミルトンが、マシンを止めた後に金網によじ登り、観客と喜びを分かち合った理由について語った。

注目を力に! サインツJr.、同じ“2世ドライバー”のシューマッハーにエール

カルロス・サインツJr.は、ミック・シューマッハーが周囲からの注目を乗り越えられると感じている。

メルセデス、レーシングポイントとの関係強化は「フェラーリ&ハースとはまるで違う」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、レーシングポイントがメルセデスの風洞を使うことになるのを受け、フェラーリとハースのような関係構築を目指しているわけではないと語る。

まるで止まっているかのよう……ラッセル、他チームとのバトルには興味なし

ジョージ・ラッセルは中国GPで他のチームとバトルをする際、まるで“静止している”かのようだったと語った。

クビサをもってしてもお手上げ? ウイリアムズのマシンは「レースペースがない」

ロバート・クビサは、現在ウイリアムズのマシンに「レースペースがない」と語った。

開幕2戦の勢いはどこに……マクラーレン、中国GP予選で苦戦。「現実に引き戻された」

過去2戦印象的なパフォーマンスを見せたカルロス・サインツJr.は、中国GPの予選で“現実に引き戻された”という。

ハミルトン、予選は僅差の2番手「ボッタスより自分のマシンと戦っていた」

ルイス・ハミルトンは、ポールシッターのバルテリ・ボッタスよりも自分のマシンと戦う必要があったと主張。それを改善するため、中国GP予選を通して、“検証”をしていた語った。

予選3番手のベッテル、メルセデスとの差を実感するも、レースでは直線での勝負に自信

セバスチャン・ベッテルは、中国GPでのメルセデスとの差が“大きすぎる”と言い、未だプレシーズンテストの速さを再現できていないと語った。

ハースF1、中国GPで低ドラッグのウイングを導入。バーレーンでの失敗を巻き返せるか?

ハースF1はハイダウンフォースなパッケージに苦しんだバーレーンを経て、中国GPでは低ドラッグなリヤウイングを導入する予定だという。