ノリス、“マクラーレン・メルセデス”に大きな期待「これまでよりはるかに良いパッケージ」

ランド・ノリスは、メルセデス製パワーユニットを積んだマクラーレンのパッケージが、これまでよりも“はるかに良いものになる”と考えている。

ノリス、“マクラーレン・メルセデス”に大きな期待「これまでよりはるかに良いパッケージ」

 マクラーレンは2021年より、パワーユニット(PU)サプライヤーをルノーからメルセデスにスイッチ。1995年から2014年まで長きに渡ってパートナーシップを結んできた2者が再びタッグを組むこととなった。

 2015年からホンダ製PUを使用していたマクラーレンは、ホンダとのパートナーシップで成功を収められず2018年からルノー製PUを使用していたが、ルノーとの関係も3年で終了となった。メルセデスとの契約は少なくとも2024年まで続く予定だ。

Read Also:

 2021年シーズンに向けてはシャシー開発が凍結されている一方で、各チームふたつずつ割り当てられたトークンを使用して部分的な開発をすることが可能となっている。ただマクラーレンはPUを切り替えるにあたってこのトークンをふたつとも消費しなければならない。

 しかし、マクラーレンで3年目を迎えるランド・ノリスはこのことが状況を複雑にするとは考えておらず、むしろパフォーマンス面で大きなステップを踏むことになるだろうと語った。

「全てにおいて、これまでよりも良いパッケージだと思う」

「パワーも増したし、おそらく信頼性も向上した。パッケージのフィッティングも若干良くなっているし、全体的にポジティブな点がたくさんあるよ」

「もちろん僕は全てを知っている訳ではないから、ネガティブな点もいくつかあるかもしれない。ルノーとはこれまで良い関係を築いてきたし、ここまではとてもスムーズに進んできたから、後々新たな問題点などが出てくるかもしれないね」

「これから理解しなければいけないこともあるだろうけど、エンジニアとメカニックはそれらを理解することで(PUの)移行において素晴らしい仕事をしてくれると思う」

「少し厄介になることもあるだろう。でもパッケージとしてははるかに良いものになるはずだし、トップに向けてさらに前進できるという自信を与えてくれる」

 一時期の不振から脱し、中団チームをリードする存在となったマクラーレンは、2020年には表彰台を2度獲得してコンストラクターズランキング3位を獲得した。

 ノリスは以前、マクラーレンの2020年マシン『MCL35』を理解するのに苦労する場面もあったと語っていた。しかしながら、2021年マシンはそのMCL35の大部分を引き継ぐ形となるため、マクラーレンはこのマシンについての学習を続けることができ、それがより多くのパフォーマンスを引き出すことに繋がるだろうとノリスは考えている。

「トリッキーなマシンだったので、苦しんだこともあるし、ポジティブな部分もネガティブな部分もあった。2021年までに取り組むべきことはまだたくさんあるよ」とノリス。

「マシンに悪いところやネガティブなところがあっても、それを改善してポジティブに変えていけば、マシンは速くなる。それは良いことだ」

「遅くて何に手をつければいいのか分からないような、とんでもないマシンという訳ではない。取り組むべき方向性は分かっていると思う。ただそれらの正解を導き出すことが難しいんだ」

「だからこそ、ここ2〜3年の(中団)チームは皆似たような感じだったんだろう。フェラーリを除いてね。いくら各チーム膨大な資金を投入しているとはいえ、エンジニアが異なるパーツのミリ単位の違いを正確に把握することは簡単じゃないんだ」

「僕たちはファクトリーだったり空力部門のみんなと密接に仕事をしていて、来年に向けてのマシン開発に懸命に取り組み続けている」

 

Read Also:

シェア
コメント
ザウバー、2021年のアルファロメオF1”C41”を2月22日にワルシャワで発表

前の記事

ザウバー、2021年のアルファロメオF1”C41”を2月22日にワルシャワで発表

次の記事

オコンがWRCラリー・モンテに挑戦! アルピーヌA110S駆り序盤2ステージに登場

オコンがWRCラリー・モンテに挑戦! アルピーヌA110S駆り序盤2ステージに登場
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー ランド ノリス
チーム マクラーレン
執筆者 Luke Smith