偽物を出してもしょうがない……ルノー、“チラ見せ”新車発表の理由を説明

ルノーは、2020年型マシンの発表をオンラインでの一部公開にとどめたことについて、その理由を明かした。

偽物を出してもしょうがない……ルノー、“チラ見せ”新車発表の理由を説明

 ルノーは2月12日に、2020年シーズンに向けた記者会見をパリで行なった。その中でニューマシン『R.S.20』のイメージ画像が公開されたが、それはあくまで“テスト用”と称された黒を基調としたカラーリングで、マシン全体が映った画像も公開されなかった。

Related videos:

 これを受けて、ルノーの新車開発が遅れているのではないかと指摘する声もあったが、チームのマネージングディレクターを務めるシリル・アビテブールはこれを否定。全てスケジュール通りに進行していると主張した。

「我々は昨年とは違って、スケジュール通りに物事を進めている」とアビテブールは語った。

「昨年、我々が皆さんをエンストン(チーム拠点)に招待した時のことを覚えているだろう。確かにその時私は(マシン開発が)どのくらい遅れているかについて話した。それは事実だった」

「おそらくそれは、シーズン序盤のマシンの信頼性に影響を与えただろう。急ピッチで仕事を進めていて、まるで電車に飛び乗るような状態だったからだ。しかし今年は予定通りに進んでいる」

 そしてアビテブールは、2020年マシンの発表を“チラ見せ”に留めた理由について説明した。

 F1の新車発表の際には、各チーム手の内を明かしたくないという思惑もあってか、様々な箇所でダミーのパーツが用いられるケースが多い。アビテブールは、それらがあたかも最新型のパーツであるかのように、メディアを中心に議論が行なわれることにうんざりしていると語った。

「昨年、我々が投稿した写真について皆さん(メディア)が色々と書いているものを読んだ。私は、それらが本物であるかのように反応する人たちにとてもイライラした」

「ただ実際問題、どのチームも(実際の)マシンを見せることはできない。マシンは組み立てられ、そのまま(テストが行なわれる)バルセロナに直行する。それが最適化されたスケジュールなんだ」

「そのため我々に残された唯一の選択肢は、偽のマシン、つまり今年のマシンに見えるように変更されたショーカーを持ってくることだった。しかしそれは資金を無駄にするだけで、明らかに最適なやり方ではない」

「さらに、人々は我々が持ってきたマシンに基づいて様々な解釈をする。だから、マシンは用意しなかった。マシンに興味のある方は、来週公開される写真を見ていただきたい」

 ルノーR.S.20の“真の姿”は、2月19日にカタルニア・サーキットで行なわれるプレシーズンテスト初日に明らかとなる。

Read Also:

シェア
コメント
レッドブル・ホンダ、新車『RB16』を発表。王者挑戦の準備は整ったか

前の記事

レッドブル・ホンダ、新車『RB16』を発表。王者挑戦の準備は整ったか

次の記事

ハミルトン、紫色の新ヘルメット公開。心身ともにリフレッシュし”仕事始め”

ハミルトン、紫色の新ヘルメット公開。心身ともにリフレッシュし”仕事始め”
コメントを読み込む