F1
03 7月
イベントは終了しました
10 7月
イベントは終了しました
17 7月
イベントは終了しました
31 7月
イベントは終了しました
07 8月
イベントは終了しました
14 8月
次のセッションまで……
23 時間
:
31
:
56
28 8月
次のセッションまで……
14 days
R
イタリアGP
04 9月
次のセッションまで……
21 days
R
トスカーナ・フェラーリ1000・2020ムジェロGP
11 9月
次のセッションまで……
28 days
R
ロシアGP
25 9月
次のセッションまで……
42 days
R
アイフェルGP
09 10月
次のセッションまで……
56 days
23 10月
次のセッションまで……
70 days
R
エミリアロマーニャGP
31 10月
次のセッションまで……
78 days

スウェーデン人F1ドライバー、ロニー・ピーターソンの墓石が破壊される事件が発生

シェア
コメント
スウェーデン人F1ドライバー、ロニー・ピーターソンの墓石が破壊される事件が発生
執筆:
2020/04/01 7:05

先月末、スウェーデンの墓地が何者かに荒らされる事件が発生。1978年にF1イタリアGPで起きた事故により亡くなったスウェーデン人F1ドライバーのロニー・ピーターソンの墓も被害を受けたことが分かった。

 3月29日、スウェーデンのエレブルーに位置する墓地が何者かに荒らされ、多数の墓石が破壊されいたことが分かった。

 そしてその中には、スウェーデン人F1ドライバーであるロニー・ピーターソンの物も含まれていた。

 スウェーデンの日刊紙『Nerikes Allehanda』が報じたところによると、墓地は29日の夜遅くに襲撃されたが、ピーターソンの墓石を狙った犯行ではなく、ランダムに攻撃されているという。

 教会指導者のブリタ・ウェンステン氏は同紙に対して「恥ずべきことだ。(墓石の破壊については)特にピーターソン氏とは関係はない。全てが犯人が無差別に行動したことを示している」と語っている。

 ピーターソンは1970年にマーチからF1デビューを果たし、1978年のF1イタリアGPで事故死するまでに計10勝を挙げた。

 “スーパースウェード”の異名をとるピーターソンは、スウェーデンで最も成功したレーシングドライバーとして知られており、F1は計123戦に出走、チャンピオンシップでの最高成績2位を記録している。

 彼は1978年のイタリアGPでクラッシュを喫すると、足に重症を負った。その結果塞栓症を起こしてしまい、それが原因となって亡くなっている。

 ピーターソンの出棺の際には、ニキ・ラウダ、ジェームス・ハント、ジョディ・シェクター、エマーソン・フィッティパルディといったF1ドライバーたちも、その棺の持ち手として含まれていた。

 なおピーターソンの妻であるバルブロ氏は、彼の死から数年後に自殺し、現在は同じ墓地に埋葬されている。

 

Read Also:

新規則下の2022年F1マシン、2020年中の開発を凍結へ。コスト削減が目的か

前の記事

新規則下の2022年F1マシン、2020年中の開発を凍結へ。コスト削減が目的か

次の記事

アストンマーチン、新型コロナの影響で資金難の可能性。でもF1計画は予定通り

アストンマーチン、新型コロナの影響で資金難の可能性。でもF1計画は予定通り
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
執筆者 Jonathan Noble