フェラーリで好調示したサインツJr.、加入直後には「ルクレールのドライビングが信じがたかった」と明かす

カルロス・サインツJr.は2021年にフェラーリに加入して以降、チームメイトのシャルル・ルクレールのドライビングが「信じがたいモノ」と感じていたと明かした。

フェラーリで好調示したサインツJr.、加入直後には「ルクレールのドライビングが信じがたかった」と明かす
Listen to this article

 2021年シーズンからフェラーリに加入したカルロス・サインツJr.。彼は移籍初年度のシーズンながら表彰台を4回獲得。ポイントランキングでは、チームメイトのシャルル・ルクレールを5.5ポイント上回る5位を記録して、チームのコンストラクターズランキング3位に貢献した。

 こうして速さを示すことに成功したサインツJr.。しかし開幕前のプレシーズンテストの段階では、ルクレールのドライビングを「信じられない」と衝撃を受けていたと明かしている。

「バーレーンでの冬季テストに参加した時から、シャルルからは多くの学ぶことがあった」と、サインツJr.は回顧している。

「彼のフェラーリのクルマのドライビング方法は特別なモノで、年間を通じて速さやクイックさを発揮してきていた。僕はそれに適応しなくちゃいけなかった。データで見た多くのことを真似る必要があったんだ」

「時にはそれが可能なのかと、信じがたいこともあった。あまりにクレイジーな速さで、ちょっとショッキングだったよ。でも彼から学んで少しずつ少しずつ適応を進めていって、なんとか良いレベルに持っていくことができた」

「冬休みに入るけど、まだある領域では僕より彼がずっと強いところも残っている。僕たちでいくつか情報を交換して、互いから学んでより良いドライバーになるべく努力していくよ」

 サインツJr.とルクレールはトラック内外で緊密な関係を築いており、それはフェラーリが勢いを取り戻していくことを後押ししていた。

 フェラーリでの“先輩“となるルクレールも、新加入のサインツJr.から多くのことを学んだと語っている。

「僕たちは沢山のことを学んだよ」と、ルクレールは言う。

 

「新しいチームメイトが入ってくる時にはいつものことだけど、カルロスのレースウィークへのアプローチだったり、彼の仕事の仕方だったり、その才能やスピード、コーナーへの攻め方といったものなど、常に学びがある」

「彼は素晴らしいシーズンを過ごしてた。そして当然だけど毎レース毎レース、もっと良いパフォーマンスを出すように、プレッシャーがかかっていたよ。とてもおもしろかった」

「カルロスの強みのひとつだと思うのは、レースとタイヤのマネジメントだ。それはおそらく、僕の2019年の弱点だったと思う。2020年にはドライバーとして多くの進歩があったけど、今年も大きく進歩したし、それはカルロスのおかげでもある」

 2021シーズンの終盤5戦のうち4戦で、サインツJr.とルクレールはひとつ違いの順位でフィニッシュしており、サウジアラビアGPでは互いにバトルも演じていた。

 サインツJr.はルクレールとの間での接近した争いが「来シーズンの両ドライバーのレベルを引き上げる」と考えており、「超クールな男であることを別とすれば、素晴らしいチームメイトだし、素晴らしい競争相手だよ」と語り、切磋琢磨がフェラーリにとっての利益になると自信を見せている。

 
Read Also:

シェア
コメント
ピレリの18インチF1タイヤの出来は上々? より堅牢な構造になり、推奨内圧も低下へ
前の記事

ピレリの18インチF1タイヤの出来は上々? より堅牢な構造になり、推奨内圧も低下へ

次の記事

『ハミルトンの電撃F1引退』を恐れるメルセデス。現実的な”プランB”はあるのか?

『ハミルトンの電撃F1引退』を恐れるメルセデス。現実的な”プランB”はあるのか?
コメントを読み込む