フェルスタッペン、ホンダとの関係強化を歓迎。ガスリーも「チーム内では今もホンダPUと呼んでいる」

マックス・フェルスタッペンは、日本GPを前にレッドブルとの関係強化を発表したホンダについて、将来的にホンダがF1復帰をしたら歓迎すると話した。

フェルスタッペン、ホンダとの関係強化を歓迎。ガスリーも「チーム内では今もホンダPUと呼んでいる」
Listen to this article

 新型コロナウイルスのパンデミックを経て、3年ぶりの開催となる日本GP。レースのタイトルスポンサーを務めるホンダは、開催を前にレッドブルとの関係強化も発表した。

 今季残りのレースには、レッドブルとアルファタウリのマシンに『HONDA』のロゴが入り、セルジオ・ペレスがホンダ・レーシングスクールのアンバサダーに就任している。

 レッドブルの2026年以降のパートナー候補だったポルシェとの提携が破談となり、今もレッドブル・パワートレインズをサポートしているホンダが、F1に復帰するのではないかと噂されている中での関係強化に、多くの注目が集まっている。

 ただ、ホンダは現時点では技術支援の内容などに変更はなく、F1活動に関する考え方も変わっていないとしている。

Read Also:

 ホンダのサポート強化について尋ねられたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は、次のように語った。

「クルマに(ホンダの)フルネームが帰ってきたのは素晴らしいことだ」

「すでにHRC(ホンダ・レーシング)のロゴはすでにクルマについていたから、ホンダが離れたとは感じていなかったんだ」

「でも、母国グランプリを前にして、彼らがマシンに戻ってきたことは特別なことだ。僕たちは共に本当に上手くやっている。仕事上の関係という点で、本当に楽しい。昨年と比べても、あまり変わっていない」

「その名前が戻ってきたこと、より目立つようになったことをとてもうれしく思っている」

「将来について、今話すのはまだ早すぎる。でも一般的に考えて、F1にホンダの名前があるのは素晴らしいことだと思う。彼らが戻ってきたとしたら、とてもナイスだ」

 アルファタウリのピエール・ガスリーも、実態はあまり変わらないとしつつも、ホンダの名前が戻ってきたことを喜んだ。

「エンジンの話をするときは、いつもホンダのパワーユニットと呼んでいるんだ」

「僕らにとっては、事務処理が少し変わっただけで、何も変わっていないような気がするんだ」

「ただ、彼らが戻ってきたこと、そして100%に近い形でもう一度コミットしてくれることが嬉しいんだ」

 ガスリーは、ホンダがF1活動終了を発表したことについて、「チャンピオンシップを勝った後に彼らが去った時はとても驚いた」と振り返った。

「僕は『OK、彼らが輝くときが来たんだ』と思った。彼らには彼らなりに辞める理由があったんだ」

「彼らはすぐに『OK、我々はまだ足場を残しておきたい、レッドブルとの契約に資金を提供して、まだこのスポーツにコミットしていたい』という感じになったんだ」

「全体的に、ホンダはF1のパドックで適切なマニュファクチャラーだと考えられているだろう」

「彼らはF1でトップチームを走らせるだけの設備やリソースを持っている。将来的に、何らかの形で彼らを見ることができると願っている」

 
 
Read Also:

シェア
コメント
テロも起きたF1サウジアラビアGP、来季開催に向けて関係者と話し合い「安全が我々の最優先事項」
前の記事

テロも起きたF1サウジアラビアGP、来季開催に向けて関係者と話し合い「安全が我々の最優先事項」

次の記事

角田裕毅、復活したHONDAロゴを背負うことに”光栄”と喜ぶ「ホンダさんがいなければ、僕は絶対にここまで来られなかった」

角田裕毅、復活したHONDAロゴを背負うことに”光栄”と喜ぶ「ホンダさんがいなければ、僕は絶対にここまで来られなかった」