執筆者

Matt Kew

Latest articles by Matt Kew

グリッド
リスト

フォーミュラEモナコを制したダ・コスタ、「蓄積されたプレッシャーから僕を開放する勝利」

タイトル防衛を目指すDSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、フォーミュラE第7戦モナコePrixで今シーズン初勝利を上げた後、「嫌な気分を僕の中から追い出せていい気分だ」と語った。

フォーミュラE第7戦モナコePrix、今年はF1とほぼ同じコースレイアウトに。追加でさらなる変更も

フォーミュラE第7戦モナコePrixでは、今年からF1とほぼ同じコースを使用することになったが、ドライバーたちはシミュレーターでの予習に影響はないと語る。

フォーミュラE、エネルギー切れ続出の前戦を踏まえセーフティカー時のルールを微調整

FIAは、バレンシアePrixで最終ラップでのバッテリー切れによるリタイアや失格が相次いだことを受け、フォーミュラEのレギュレーションをアップデートした。

ダ・コスタ、バレンシアの”茶番劇”に泣く「自分にはどうしようもできなかった」とFIAに反論

DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、大混乱のレースとなったフォーミュラE第5戦バレンシアePrixの結果について、自分にはどうにもできなかったと語った。

フォーミュラE第5戦バレンシアは結局5台が失格に! FIA「最後、残り2周のレースになったのは驚き」

フォーミュラEの第5戦バレンシアePrix決勝レースでは、5台のマシンがエネルギーを使いすぎたとして失格。他にも多くのマシンがエネルギーが足りずに走りきれず、完走わずか9台という結果となった。

ポールポジションが幻に。バンドーン、タイヤ規則違反による予選タイム抹消で最後尾スタート

フォーミュラE第5戦バレンシアePrixの予選でトップタイムを記録したストフェル・バンドーン(メルセデス)だが、タイヤ規則に違反していたとして予選のタイムが抹消された。

ベルニュ、バレンシアでのフォーミュラE開催に否定的「もう2度と来たくない」

ジャン-エリック・ベルニュは、フォーミュラEのバレンシアePrixを前に、同地でレースが開催されることが2度とないよう願っていると語った。

アタックモード用のセンサーはトラックリミット監視に使える! ディ・グラッシ、FIAに活用を提案

アウディのルーカス・ディ・グラッシは、フォーミュラEバレンシアePrixにおいて、アタックモードのシステムをトラックリミット違反の監視に転用できないかと提案した。

フォーミュラE、コロナ報告遅れのNIOに”執行猶予付き”の罰金を科す

NIO 333フォーミュラEチームは、ダブルヘッダーで開催されるバレンシアePrixを前に、新型コロナウイルスに関する規則違反により、罰金を科せられた。

フォーミュラE、シーズン7の後半戦スケジュールを発表。全15戦を開催予定

フォーミュラEは、2020-2021シーズン後半戦のスケジュールをついに確定させた。

フォーミュラE、”F1スタイル”の商業権協定を策定し「視聴者数の増加」を狙う

フォーミュラEはF1のコンコルド協定のような商業的な取り決めを独自に作成し、チームと放送局間の権利関係をより明確にすることで、視聴者数を増やすことを目指している。

ブエミの動きは「信じられないほど愚か」、クラッシュでリタイアのディ・グラッシ痛烈批判

アウディのルーカス・ディ・グラッシは、日産・e.ダムスのセバスチャン・ブエミに追突され、フォーミュラ第4戦ローマePrixをリタイアに終わったが、そのブエミの行為を「信じられないほど愚か」だと痛烈に批判している。

バンドーンFE今季初優勝。前日のクラッシュで損傷したマシンを修復したチームに「感謝」

ローマの市街地で行なわれたフォーミュラEの今季第4戦で勝利を手にしたメルセデスのストフェル・バンドーンは、前日のレースでクラッシュしたことによりダメージを受けたマシンを、一晩で修復したチームメンバーたちに感謝を述べた。

フォーミュラE、ローマePrixの開催は「奇跡に近い」ドライバーたちがイベント実施の努力に感謝

イタリアで非常事態宣言が延長されている中、ローマePrixの開催が実現したことについて、フォーミュラEのドライバーたちは奇跡に近いと考えている。

FIA、フォーミュラEの全チームにブレーキシステムの安全性見直しを要請

FIAは、開幕ラウンドのディルイーヤePrixで発生したエドアルド・モルタラの事故を受けて、ブレーキシステムに不具合が発生した場合に備え、故障モードとその影響分析の見直しをするよう要請した。

エクストリームE、最初のレース『デザートXPrix』は大成功? 共同創設者のアガグ「最高の週末だった」

エクストリームEの共同創設者のアレハンドロ・アガグは、サウジアラビアで開催されたシリーズ最初のイベントについて、「これ以上の脚本はない」と評価した。

エクストリームE、サウジアラビアで行なわれた開幕戦はロズベルグ・Xレーシングが見事な勝利

サウジアラビアの砂漠で開催されたエクストリームE最初のイベントは、ロズベルグ・Xレーシングが決勝を制した。

ロズベルグ、初めてのチーム運営は変な感じ! F1時代に学んだ経験をエクストリームEチームに活かす

元F1ドライバーのニコ・ロズベルグは、自らのチームを立ち上げエクストリームEに挑戦するが、ドライバーからチームを運営する立場に移行するのは変な感じだと語った。

ポルシェ、Gen3規則下でのフォーミュラE継続参戦を表明。合成燃料の開発と並行し電動レースにも注力

ポルシェは、新規則『Gen3』の下でフォーミュラEを戦うことを宣言した4番目のメーカーとなった。

日産、2026年までフォーミュラE参戦を継続。EVレースで電動技術磨く

日産自動車は2026年のFormulaEのシーズン12(2025−2026)まで参戦を継続することを発表した。

フォーミュラEのライグルCEO、第3世代マシン『Gen3』の導入延期に断固反対

フォーミュラEのCEOであるジェイミー・ライグルは、次世代マシンであるGen3導入を遅らせることに断固反対している。

フォーミュラE、新規開催候補地の上位は「日本」。近い将来実現する?

フォーミュラEのCEOであるジェイミー・ライグルによれば、近い将来日本、中国、インド、アメリカでのレース開催を視野に入れているという。

フォーミュラEの“エキサイティング”な予選方式は改善の余地あり? ドライバーから不満の声

フォーミュラEのドライバーたちは、物議を醸している現行の予選フォーマットについて、チャンピオン争いの行方を左右しかねないとして変更を求めている。

アウディ、フォーミュラEのチーム売却を完了できず。チームライセンスの管理権限を手放す

アウディはフォーミュラEのチーム売却を進めていたが、期日までに契約をまとめることができず、フォーミュラE側がライセンスをコントロールすることになった。

フォーミュラE第2戦、ペナルティ多数。ベルニュは3位表彰台を失い、キャシディは5位から14位に

フォーミュラEの第2戦、ディルイーヤePrixのレース2は多くのドライバーがペナルティを受け、ジャン-エリック・ベルニュが3位表彰台を失った。

フォーミュラEで大クラッシュ発生「リンが僕の頭上を飛行機のように飛んでいった」とエバンス

フォーミュラEディルイーヤePrixのレース2でアレックス・リンが病院に搬送された“飛行機事故”のようなクラッシュについて、ミッチ・エバンスが説明した。

メルセデス&ヴェンチュリ、フォーミュラEディルイーヤePrixレース2に出走へ。予選は欠場

フォーミュラEでメルセデス製パワートレインを使用する4台はディルイーヤePrixレース2予選を欠場したが、決勝への参加をスチュワードから許可された。

フォーミュラE、アメリカ大陸3連戦を検討中……実現へのハードルは高い?

フォーミュラEは、2021年シーズン後半にアメリカ大陸で連続してレースを行なう計画を評価しているようだ。

フォーミュラE開幕戦、サウジアラビアのプロモーターは開催に自信「中止は全く考えていない」

サウジアラビアで開催されるフォーミュラEの開幕戦は、新型コロナウイルスの流行による開催中止の危機に直面したことはこれまでに一度もなかったとプロモーターは語った。

メルセデスのフォーミュラEチームにも宿る”勝者のメンタリティ”「誰かを責める文化がない」

シリーズ参戦1年目を終えたメルセデスのフォーミュラEチームにも、F1チームを成功に導いた”他人を責めない”文化が定着しているという。

フォーミュラE、第3戦ローマePrixの新コースレイアウトを発表。ドライバーの意見を採用

フォーミュラEは、第3戦として開催されるローマePrixの新しいコースレイアウトを発表した。

マクラーレン、フォーミュラE参戦には予算制限が”必須”「ゴールが動いてはいけない」

マクラーレンのザク・ブラウンCEOは、予算制限の導入がフォーミュラEへの参戦を検討する上で大前提だと考えているようだ。

ヴァージン・レーシング、次世代電池を使った2シーターの電動レーシングマシンを共同開発へ

ヴァージン・レーシングのフォーミュラEチームは、ジョンソン・マッセイ社と共同で、初の2シーター電動オープンホイールカーを開発することになった。

フォーミュラE、今季は過去最多の全15レース開催へ? ファン入場にも自信

フォーミュラEは2020−2021シーズンの前半8レースの開催予定を発表済みだが、今後7レースを追加し歴代最多となる全15レース開催を目指しており、さらにファンがイベントに参加できると自信を持っているようだ。

フォーミュラE、2020-2021年の改訂版カレンダーを一部発表。バレンシアが仲間入り

フォーミュラEは、2020-2021シーズンの改訂版カレンダーを一部発表。6月6日までに8レースを開催する予定だ。

ジェンソン・バトン、自チーム率いてエクストリームEに参入。自らもマシンをドライブへ

2021年にスタートするエクストリームE最初のシーズンにジェンソン・バトンのチーム『JBXE』がエントリー。自らもドライバーとしてステアリングを握り、電動SUVのオフロード選手権に挑む。

延期となっていたフォーミュラEサンティアゴePrix、新開催日程が6月5~6日に

延期となっていたフォーミュラEのサンティアゴePrixが、6月初旬に開催されることが決まったようだ。

フォーミュラEの予算制限導入は待ったなし「”非効率”なお金の使い方は止めなければ」

フォーミュラEのCEOであるジェイミー・ライグルは、予算制限の導入により、一部チームの非効率な支出を止めなければならないと話した。

軽量&大パワーの第3世代マシン導入が迫るフォーミュラE。コースレイアウトの変更は必要ナシ?

フォーミュラEは、パワーアップし軽量になった第3世代マシンが2022年に導入されたとしても、既存のサーキットレイアウトを変更する必要はないと考えている。

アウディとBMW撤退も、FEの将来に懸念なし「より少ないメーカー数でも成功できる」

フォーミュラEのCEOであるジェイミー・ライグルは、アウディとBMWが撤退を決めたことで、シリーズの将来に懸念があるわけではないと語る。

ルノー&アルピーヌ、ロータスとの関係を強化。共にフォーミュラEに参戦する可能性も?

F1やWECへの参戦を開始するアルピーヌは、ロータスと組んでフォーミュラEに参戦することも選択肢のひとつだと考えているようだ。

エクストリームEの開幕戦、サウジアラビアでのレースが新型コロナの影響で2週間延期に

新型コロナウイルスの世界的な流行の影響により、エクストリームEの開幕戦であるサウジアラビア戦の開催が2週間延期されることになった。

マクラーレン、フォーミュラEのエントリー枠を確保。2022年から参戦の可能性も?

マクラーレン・レーシングはフォーミュラEと合意し、第3世代マシンが導入される2022年のエントリー枠を確保することになった。

フォーミュラE、2月のサウジアラビア戦は予定通り開催へ。1月のチリ戦は延期が決定済

フォーミュラEは、2月下旬にナイトレースとして行なわれるサウジアラビアでのレースを、2020-2021シーズンの開幕戦として予定通り開催すると表明した。

2021年から世界選手権に……F1の”レベル”に近づくフォーミュラE

メルセデスのフォーミュラEチームの代表であるイアン・ジェームスによると、フォーミュラEとF1のレベルは近付きつつあり、ドライバーやエンジニアがお互いに行き来できるようになる段階が近づきつつあるという。

フォーミュラE開幕戦サンティアゴ、新型コロナ変異の影響で開催延期に

フォーミュラEの2020/2021年シーズン開幕戦として予定されていたサンティアゴePrixが延期されることが判明した。

エクストリームE、初の”フルパワー”合同テスト実施。ローブやサインツ親子も参加

エクストリームEの合同テストがアラゴンで行なわれ、全9チームが初めてマシンをフルパワーで走らせた。

Wシリーズ女王チャドウィック、ベローチェからエクストリームEに参戦へ

ジェイミー・チャドウィックは、2021年から始まるエクストリームEにベローチェ・レーシングから参戦することを発表した。

来季のフォーミュラEサウジアラビア戦、シリーズ初のナイトレース開催が決定

フォーミュラEは、来シーズンのサウジアラビアでのレース、ディルイーヤePrixを、FE史上初めてナイトレースとして行なうことを決めた。照明用の電力は、再生可能エネルギーによって賄うという。

メルセデス、FEチームは“シルバーアロー”に回帰。反人種差別のメッセージ掲示は継続

メルセデスのフォーミュラEチームは、2019-2020シーズンの終盤戦で使用していた黒のカラーリングを、来シーズンは採用しないこととなった。

ノーマン・ナトー、来季からフォーミュラEデビュー。マッサの後任としてベンチュリ加入

ベンチュリフォーミュラEチームは、来季からフェリペ・マッサの後任としてノーマン・ナトーを起用する。

フォーミュラE王者ダ・コスタ、インディカーテストに参加へ。佐藤琢磨所属のRLLRから

2019-2020シーズンのフォーミュラEでチャンピオンに輝いたアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングから初のインディカーテストに臨むこととなった。

新競技『エクストリームE』の車両をボッタス、ベルニュらがテスト。そのパワーに驚き

メルセデスのF1ドライバーであるバルテリ・ボッタスと、フォーミュラEのチャンピオン経験者であるジャン-エリック・ベルニュは、エクストリームEのテストに参加した。

ハミルトンがチームオーナーに! エクストリームEに新規チームを立ち上げ参戦

ルイス・ハミルトンは、自らのチーム『X44』を立ち上げ、電動SUVによる選手権“エクストリームE”にチームオーナーとして参戦する。

FE王者テチータ、エクストリームEにも参戦へ。エントリー取り下げのベンチュリに代わり

テチータは、電動SUVによるレーシングシリーズであるエクストリームEに参戦することを発表した。

FE最終戦ベルリン:漆黒メルセデスが鮮やかワンツーでシーズンに幕。バンドーン初優勝

フォーミュラE最終戦ベルリンePrixではストフェル・バンドーンが優勝。同カテゴリー初勝利を挙げた。

FEベルリン・レース5:日産・e.ダムス今季初勝利。ローランドが完勝でランキング2番手に

フォーミュラE第10戦ベルリンePrixが行なわれ、日産・e.ダムスのオリバー・ローランドがキャリア初優勝を挙げた。

FEベルリン・レース4:テチータ完勝の1-2。ダ・コスタが王者に輝く

フォーミュラEのベルリンePrixの4レース目が行なわれ、2位に入ったDSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタが同シーズンのチャンピオンに輝いた。

FEベルリン・レース3:ギュンター、タイトル争いに望みを繋ぐ優勝

BMWのマキシミリアン・ギュンターは、テンペルホーフ空港で行なわれたベルリンePrixの3レース目で、ポールスタートのジャン-エリック・ベルニュを抜き、そしてレース終盤にはロビン・フラインスの攻撃を凌ぎ、シリーズ2勝目を挙げた。

FEベルリン2:ダ・コスタ圧巻の連勝。ランキングのリードを68ポイントに広げる

DSテチータのアントニオ・フェリックス・ダ・コスタは、フォーミュラEの第7戦として行なわれたベルリンePrixの2レース目を勝利。前日のレースに続き連勝、マラケシュePrixからの連勝記録を3に延ばした。