F1
11 10月
イベントは終了しました
25 10月
イベントは終了しました
01 11月
イベントは終了しました
15 11月
イベントは終了しました

フェルスタッペン、思い通りのレースできず。序盤に接触したペレスは「自滅した」とバッサリ

シェア
コメント
フェルスタッペン、思い通りのレースできず。序盤に接触したペレスは「自滅した」とバッサリ
執筆:
, Grand prix editor

レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、F1ポルトガルGPオープニングラップでのセルジオ・ペレスとの接触について、ペレスは“自滅した”と考えている。

 F1第12戦ポルトガルGPで、マックス・フェルスタッペンは3位フィニッシュ。今季9度目となる表彰台を獲得した。最終的には今回も“メルセデス以外で最速のマシン”の地位を守ったわけだが、オープニングラップではあわやというシーンがあった。

 決勝レースのスタート直後は、コンディションの問題か、硬めのコンパウンドのタイヤを選択したマシンがペースを上げられず、順位が目まぐるしく変動していった。3番手スタートのフェルスタッペンはターン1でバルテリ・ボッタス(メルセデス)の前に出て2番手に浮上したが、続くターン2、3でボッタスの逆転を許すと、後ろからペレスに迫られる格好となった。ペレスはターン4でフェルスタッペンにアウトから並びかけたが、2台は接触。ペレスはスピンして順位を落とす結果となった。

 このインシデントについてスチュワードは、審議の必要なしと判断。フェルスタッペンはそのまま3位でレースを終え、ペレスは猛烈な追い上げを見せた結果7位までリカバリーしてみせた。

Read Also:

 スタート直後の出来事を振り返り、フェルスタッペンは次のように語った。

「最初の2周はかなり荒れてたよ」

「スタートは問題なかったけど、ターン1に向けてはグリップが低かったので少しワイドに走らないといけなかった。とにかく最初の周は慌ただしかった」

「ターン3に向けても少しワイドにならないといけなかった。僕はルイス(ハミルトン/メルセデス)の後ろにいたと思うけど、後ろからはセルジオが来ていた。彼はターン4でアウト側にいたんだけど、十分にスペースは残されていなかったから、僕が通常のラインを走っている中で自滅するような感じで消えていった」

「幸いにも僕にダメージはなかったけど、もちろん少し勢いを失ってしまった」

 フェルスタッペンはタイヤの温度を上げるのに苦労したため、序盤はマクラーレンのカルロス・サインツJr.とランド・ノリスに先行を許した。

「最悪だったよ。グリップはなかったし、突然マクラーレンの2台が“飛んで”きたんだ」とフェルスタッペン。

「彼らはかなり速かった。ポジションを奪われたけど、僕はあまりリスクを冒したくなかった。基本的にいつもレースで戦っている相手ではないからね。1周目の彼らは信じられないような走りをしていたけど、僕はトラブルに巻き込まれないように、落ち着こうとしていた」

 メルセデス勢も最初はタイヤが温まらず、サインツJr.の先行を許す場面があったが、その後ペースを回復。ワンツー体制を築き、後方とのギャップを築いていった。フェルスタッペンも3番手にポジションを戻したが、メルセデスの2台についていくことができなかった。

 フェルスタッペンはソフトタイヤを履いた第1スティントで苦戦していたが、ミディアムタイヤに履き替えた第2スティントも、風の影響でなかなか軌道に乗れなかったという。

「3番手にポジションを戻してすぐ、左フロントタイヤがダメになった。グレイニング(ささくれ摩耗)が酷くて、ピットに入るしかなかったんだ」

 そうフェルスタッペンは説明する。

「ミディアムに履き替えてからは問題なかったし、慣れるまで数周かかったけどペースも悪くなかったと思う。でも風向きが周回ごとにかなり変化していた。前の周は問題なかったコーナーでも、次の周にはオーバーステアになってしまうんだ。だからなかなか安定させることができなかった」

「でもタイヤの温度が上がってレースが良くなってからは、後ろのマシンを離すことができたし、自分のレースができるようになった」

「もちろん、その時点で(メルセデスは)かなり遠くに行ってしまっていた。でも最初に色々あったことを考えると、ここ(トップ3)にいられたことに満足しているよ」

 

Read Also:

ペレス、ガスリーへのブロックで”異例”の叱責処分。10グリッド降格ペナルティにリーチ

前の記事

ペレス、ガスリーへのブロックで”異例”の叱責処分。10グリッド降格ペナルティにリーチ

次の記事

苦戦続くベッテル、フェラーリへの不信感も危険水域に突入? 待遇差に関し意味深発言

苦戦続くベッテル、フェラーリへの不信感も危険水域に突入? 待遇差に関し意味深発言
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント ポルトガルGP
ドライバー マックス フェルスタッペン , セルジオ ペレス
執筆者 Luke Smith