F1

レッドブル・ホンダ”ありがとう号”が日本を走った! 幻のF1日本GPからついに実現|ホンダレーシングサンクスデー2022

  シェア
  コメント

 11月27日(日)に行なわれたホンダレーシングサンクスデー2022では、昨年中止となったF1日本GPでお披露目されるはずだったレッドブル・ホンダ『RB16B』の”ありがとう号”がモビリティリゾートもてぎを走った。

 レッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンとセルジオ・ペレスがありがとう号のハンドルを交代で握り、ピエール・ガスリーは、自身が2020年イタリアGPを制したアルファタウリ『AT01』でレッドブル系ドライバー、そしてホンダ系ドライバーとしてのラストランを行なった。

 また、MotoGPからはマルク・マルケスと長島哲太がMotoGPマシン『RC213V』を走らせた。

このビデオについて

収録時間 02:32
投稿 2022/11/27
シリーズ F1