レースレポート
FIA F3 Spielberg II

F3シュピールベルク2:レース1は天候悪化により途中終了。ベスティが初優勝飾る

FIA F3第2戦シュピールベルクのレース1は、天候悪化により24周中14周を消化したところで終了。プレマのフレデリック・ベスティが優勝した。

Frederik Vesti, Prema Racing

 FIA F3第2戦シュピールベルクのレース1が、オーストリアのレッドブルリンクで行われた。レースは天候悪化によって14周で打ち切られ、フレデリック・ベスティ(プレマ)の優勝となった。

 前日に行なわれた予選では、ベスティがポールポジションを獲得。2番手のデビッド・ベックマン(トライデント)を挟んでローガン・サージェント、オスカー・ピアストリのプレマ勢が続き、5番手にはテオ・プルシェール(ARTグランプリ)がつけた。

 荒天の予報とは裏腹に、レース1は小雨の降る中でのスタートとなった。気温は19℃、晴天時は50℃を超える路面温度も23℃と低かった。

 天候の悪化を危惧してほとんどのドライバーがウエットタイヤを選択した一方で、ジャック・ドゥーハン(HWA)など後方グリッドのドライバー数人はギャンブルでスリックタイヤを履いてグリッドに並んだ。しかしながら雨脚が強くなったため、フォーメーションラップを終えてピットインし、ウエットタイヤに交換する羽目となった。

 スタートではポールのベスティが首位をキープ。リリム・ツェンデリ(トライデント)が6番グリッドから2番手にジャンプアップした。3番手にはベックマンがつけた。

 レース前は弱かった雨脚も、次第に強くなっていった。そんな中、アレクサンダー・スモリャル(ARTグランプリ)が最終コーナー立ち上がりで単独スピン。ウォールにマシンをヒットさせてしまい、リタイアとなった。この際にコースに落ちたデブリを回収するため、5周目にバーチャルセーフティカーが発動された。

 9周目、クレメント・ノバラク(カーリン)が最終コーナーでスピン。このタイミングでセーフティカーがコースインし、隊列を先導することとなった。

 激しい雨が降り続き、視界も悪い中でレースが続行されることに無線で不満をあらわにするドライバーも現れる中、12周目にレース再開。しかし、直後にローマン・スタネック(チャロウズ)、セバスチャン・フェルナンデス(ARTグランプリ)が相次いでスピン、コースオフ。これで再びセーフティカーが出動したが、程なくして赤旗が掲示され、レースは14周を終了したところで中断となった。

 レース再開に向け、コンディションの回復を待つ状況となったが、コースはまさにびしょ濡れの状態。高低差のあるサーキットゆえ所々で川ができており、コンディションはむしろ悪化していった。

 赤旗掲示から約15分、レースが再開されないことがレースコントロールによって通達された。これによりベスティの初優勝が決定。2位、3位にはツェンデリ、ベックマンのトライデント勢が入った。

 悪天候に見舞われたレッドブルリンクだが、この後はF1のフリー走行3回目と予選、FIA F2のレース1が予定されている。

 

Read Also:

順位 ドライバー チーム 周回数 タイム 前車との差 Mph ポイント
1 Denmark Frederik Vesti Italy プレマ・レーシング 12 -        
2 Germany Lirim Zendeli Italy トライデント 12 2.000 2.000 2.000    
3 Germany David Beckmann Italy トライデント 12 3.900 3.900 1.900    

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 F3シュピールベルク:レース2はレッドブル育成のリアム・ローソンが優勝
次の記事 F3シュピールベルク2:レース2はプルシェールが初優勝! ローソン快走もクラッシュ

Top Comments

コメントはまだありません。 最初のコメントを投稿しませんか?

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本