フォーミュラEがサポートシリーズ構想を説明。Wシリーズに次ぐ“女性フォーミュラ”発足の可能性も?

フォーミュラEは将来的に新たなサポートシリーズ設立を考えており、そのコンセプトには女性限定の選手権やメーカーが支援するワンメイクシリーズ、若手によるジュニアカテゴリーなどが挙がっているようだ。

フォーミュラEがサポートシリーズ構想を説明。Wシリーズに次ぐ“女性フォーミュラ”発足の可能性も?

 2014年に創設され、現在7シーズン目を迎えているフォーミュラEは、併催されていたジャガーIペース eトロフィーが昨季限りで終了したことにより、現在はそのタイムテーブルに余裕がある状態となっている。そのため、フォーミュラE側は新たなサポートシリーズの導入を目指しているようだ。

 フォーミュラEの共同設立者であるアルベルト・ロンゴはmotorsport.comに対し、フォーミュラEはサポートシリーズの導入を積極的に推し進めていきたいと語った。しかしその一方でCEOのジェイミー・ライグルは、新車両規則『Gen3』がスタートする2022-2023シーズンまでそれは最優先事項ではないと言う。

 ライグルは次のように語った。

「我々はGen3の導入を控えている。マシンは新しくなり、レースフォーマットや開催都市も変わる可能性がある。我々がやるべきことのトップ3を考えた時、それ(サポートシリーズ設立)は入っていない」

 ただライグルも、新型コロナの影響などもありダブルヘッダー開催が主流になったことで、フォーミュラEはタイムテーブルを試行錯誤できるようになったと付け加えた。

「我々はタイムスケジュールが自由になった。レース前日にイベントを行なうこともできるし、当日にもできる。(サポートレースを実施することは)大いに検討している」

 Iペース eトロフィーの後継となるサポートシリーズがどのようなものになるのかを尋ねられたライグルは、メーカーが支援する選手権だけでなく、“女性によるプラットフォーム”も考えられると示唆した。

「私としては、間違いなく若者の育成というのが方向性になると考えている」

「さらにはジェンダーという切り口もあるし、それはとても興味深いと思う」

「あとは我々のパートナーとなっているメーカーが、レースプログラムと市販車を結び付けて何をしたいか、ということもある」

「私はこれら3つの機会があると考えている。これらをミックスさせることも、並行して行なうこともできる」

 現在は、女性のみで争われるフォーミュラカー選手権としてWシリーズが存在しており、これはF1のサポートレースとして開催されている。フォーミュラEもその対抗策として、電動フォーミュラ版のWシリーズを提案するつもりなのか? そう尋ねられたライグルは次のように答えた。

「我々は、自分たちが解決しなければいけない問題は何なのかについて、自問自答しないといけない」

「フォーミュラEには、このスポーツの頂点に立とうとするドライバーを惹きつけ、育成するという使命があるのだろうか? 何か解決すべき問題があるのか? 私にとってはそれが完全に明確になったわけではない」

「今日のスポーツにおける大きなテーマは何か? 持続可能性もそのひとつだろう。我々はこのテーマに熱心に取り組んでいる」

「ジェンダーの多様性も大きなテーマだ。サッカーやバスケットボール、バレーボールなど大きな組織では、女性のプラットフォームを確立するための計画が立てられている。我々もそれに目を向けるべきだ」

「そして何より、どうやってフォーミュラEを成長させるのか? そのための最良の方法は何なのか? そういったことの方が重要だ」

 

Read Also:

シェア
コメント
フォーミュラE、2021-22年シーズンの暫定カレンダー発表。南アフリカ、韓国で初開催が決定
前の記事

フォーミュラE、2021-22年シーズンの暫定カレンダー発表。南アフリカ、韓国で初開催が決定

次の記事

ニューヨークePrixの”荒れた路面”は魅力的? ダ・コスタ「路面の再舗装は、コースの魅力を無くしてしまう」

ニューヨークePrixの”荒れた路面”は魅力的? ダ・コスタ「路面の再舗装は、コースの魅力を無くしてしまう」
コメントを読み込む