ビニャーレス、イギリスGPで復帰できるか? ロッシ「そうなれば皆にとってベスト」

バレンティーノ・ロッシは、出場を停止されたマーベリック・ビニャーレスがヤマハに謝罪したことを受け、次戦イギリスGPで復帰できれば皆にとって良いことだと語った。

ビニャーレス、イギリスGPで復帰できるか? ロッシ「そうなれば皆にとってベスト」

 レッドブルリンクで行なわれているMotoGP第11戦オーストリアGP。グランプリ開催前にヤマハは前戦スティリアGPでマーベリック・ビニャーレスが意図的にマシンにダメージを与えようとしたため、出場停止処分を科すと発表した。

 当初ビニャーレス側からこの件についてコメントはされていなかったが、14日に彼はヤマハに対して謝罪した。彼は以下のように語っている。

 

「(スティリアGPの)レースの最初はパーフェクトで、シーズン後半戦を上手く始められていたはずだったから、とても大きなフラストレーションが溜まる瞬間だった」

「全てがうまく行かなくなってしまい、僕は適切に処理できず、感情を爆発させてしまった。僕は終盤、間違った方法でバイクを走らせてしまった。ヤマハに、そして皆に対して謝罪したい」

「結局、このフラストレーションがすべきではない、間違った乗り方に導いてしまった。ただ僕は他のライダーを危険に晒す意図はなかった」

 この謝罪に対し、ヤマハ側は次戦以降の出場などを含む反応などは示していない。

 しかし昨年までヤマハファクトリーチームに所属し、ビニャーレスと4年間チームをともにしたバレンティーノ・ロッシは、この謝罪をきっかけに両者が和解への道筋を見つけ、次戦イギリスGPで復帰できればそれが一番良いだろうと見解を示している。

「マーベリックは話すべきことを話した。彼はフラストレーションを抱えていたけれど、エンジンを壊そうとはしていなかった」

「この謝罪によって、彼がシルバーストンでレースするチャンスを得られれば、それが皆にとってベストなことだと思う」

 

Read Also:

シェア
コメント
クアルタラロ「初めてタイトル争いについて考えた」雨に翻弄されたオーストリア、堅実な走りでリード拡大

前の記事

クアルタラロ「初めてタイトル争いについて考えた」雨に翻弄されたオーストリア、堅実な走りでリード拡大

次の記事

オーストリアGP表彰台争ったマルク・マルケス、実は“痛み止め”を使用。まだまだ完調は遠い?

オーストリアGP表彰台争ったマルク・マルケス、実は“痛み止め”を使用。まだまだ完調は遠い?
コメントを読み込む