F1
10 10月
-
13 10月
イベントは終了しました
24 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
08 時間
:
51
:
27
MotoGP
18 10月
-
20 10月
イベントは終了しました
25 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
1 days
スーパーGT
21 9月
-
22 9月
イベントは終了しました
02 11月
-
03 11月
次のセッションまで……
9 days
スーパーフォーミュラ
28 9月
-
29 9月
イベントは終了しました
26 10月
-
27 10月
次のセッションまで……
2 days
Oriol Puigdemont
執筆者

Oriol Puigdemont

Oriol Puigdemontの最新ニュース

グリッド
リスト

スズキ、2020年仕様エンジンの使用断念。レギュレーションの解釈に誤り

スズキは、日本GP初日に投入した開発中の2020年仕様エンジンが規則違反と見なされたため、2日目以降の仕様を断念。規則の解釈に誤りがあったようだ。

中上貴晶に代わり、ザルコ登板。LCR代表のアイデアにホンダも驚き

チームLCRのルーチョ・チェッキネロ代表は、肩を負傷している中上貴晶に代わり、ヨハン・ザルコを起用するという提案にホンダ側も驚いていたと明かした。

LCRホンダの中上貴晶、肩に負傷? 日本GP後はヨハン・ザルコが代役か

LCRホンダは、日本GP以後の終盤3戦で中上貴晶に変わってヨハン・ザルコを起用するようだ。

苦戦続くロレンソ、フロントの“安定性”を犠牲にリヤグリップ確保へ

苦戦が続いているホルヘ・ロレンソだが、彼はバイクのフロントタイヤ側の安定性を犠牲にしてでも、リヤタイヤを長くもたせるようにしたいと考えている。

ホンダは要望を軽視しないはず……ロレンソ、来季のマシン開発に期待示す

ホルヘ・ロレンソは2020年のマシン開発において、ホンダは今も自分のフィードバックを考慮しているはずだと自信を示した。

「イギリスよりもプッシュできる」ロレンソ、痛みを耐えつつサンマリノに挑む

負傷の痛みを今も抱えているホルヘ・ロレンソは、以前よりプッシュは可能なものの、このレースウィークで状況が改善することはないだろうと語った。

ロレンソに足りないモノは“度胸と意欲”! チームマネージャーのプーチが指摘

レプソル・ホンダのチームマネージャーであるアルベルト・プーチは、ロレンソの苦戦について技術が低下しているわけではなく、“度胸と意欲”の問題だと語った。

スズキには打倒マルケスの策が必要……“創造力とサテライトチーム”が鍵に?

ヤマハとドゥカティは、マルク・マルケスとホンダのコンビを打ち破れていない状況が続いている。今季2勝を挙げ、戦闘力を高めているスズキとアレックス・リンスは対抗馬になれるだろうか?

2020年のMotoGP暫定スケジュールが明らかに。フィンランドGPが復活

MotoGPの2020年シーズンの開催カレンダーがチーム向けに明かされた。大きな変更はフィンランドGPの追加と、タイGPの開催時期変更となっている。

”ドゥカティ出戻り”が噂されたロレンソ、レプソル・ホンダ残留へ

ドゥカティ陣営への移籍が噂されたホルヘ・ロレンソだが、来季もレプソル・ホンダに残ることになりそうだ。

ホンダ離脱が噂されるロレンソ、2021年の“ペトロナス・ヤマハ”入りも選択肢に?

ホルヘ・ロレンソが2021年のペトロナス・ヤマハ移籍を考慮していることが判明した。

ジョアン・ミル、公式テストで“高速”クラッシュ。病院へ搬送も重傷はナシ

スズキのジョアン・ミルがチェコGP後に行われた公式テストで高速クラッシュを喫したが、幸運にも重傷には至らなかった。

マルケス弟、Moto2ペトロナスからオファー有り。将来はMotoGPのシートも?

現在Moto2参戦中のアレックス・マルケスに対し、Petronas Sprinta Racingが2020年の契約締結を目指しているようだ。

ヤマハ、開発方針はホンダよりも“柔軟”? ライダーニーズに優先対応の姿勢

ヤマハのチーム代表リン・ジャービスは、マシン開発においてライバルのホンダよりもライダーのニーズに応えることに優れていると考えているようだ。

「マシンの開発が不十分」ドヴィツィオーゾ、マルケス&ホンダの組み合わせに危機感

ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、今季のマシン開発の進捗がライバルに比べて十分ではないという考えを明かした。

クアルタラロの存在が“プラス”に? ヤマハ代表「ロッシ達の刺激になる」

今季活躍が目覚ましいMotoGPルーキーのファビオ・クアルタラロ。ヤマハのリン・ジャービスは彼の存在がファクトリーライダー2名にとって“刺激”となっていると考えているようだ。

「ロッシの引退は近い」とヤマハチーム代表。将来はブランドアンバサダーに?

ヤマハのチーム代表、リン・ジャービスは、バレンティーノ・ロッシの引退のタイミングが近付いてきていると感じており、その際には新たな役割を与えようと考えているようだ。

「マルケス抜きではホンダの大記録は無い」ドゥカティ、ホンダの批判に再反論

ドゥカティのパオロ・シアバッティは、ホンダのアルベルト・プーチによる自身の発言に対する反論について、メーカー間の論争に持ち込むために発言を曲解されたと再反論を行った。

『ホンダはマルケス専用機』ならドゥカティは“ストーナー専用機”? ホンダ側が反論

レプソル・ホンダのチームマネージャー、アルベルト・プーチは、ドゥカティが“マルケスのみ”に向けてマシンを作っていると批判したことに対して反論を行った。

「すべて僕のせいだ」ロレンソ、多重クラッシュの責任を認め謝罪

第7戦カタルニアGPで多重クラッシュの原因となったホルヘ・ロレンソ。彼はクラッシュの責任は自分にあると、3名のライダーに謝罪の言葉を語った。

ビニャーレス、3グリッド降格処分。クアルタラロへの進路妨害が原因

予選で3番手タイムを記録したマーベリック・ビニャーレスだが、クアルタラロのアタックを妨害したとされ、3グリッド降格のペナルティを受けた。

「ロレンソだけのためにマシンは変えられない」ホンダ代表、バイクの素性は“良い”と強調

レプソル・ホンダのアルベルト・プーチは、マルク・マルケスが勝利を続けていることもあり、ロレンソの適応を助けるためにマシンを見直すことは望んでいないと語った。

ペトルッチ初優勝も、来年の契約は未確定? ドヴィツィオーゾは好影響を予想

アンドレア・ドヴィツィオーゾはイタリアGPでダニーロ・ペトルッチが優勝を達成したとはいえ、ドゥカティが2020年の契約を即座に決定するとは予想していないようだ。

ホンダの“ドゥカティ化”を目指すロレンソ、鍵はブレーキングにアリ?

ホンダへ移籍したホルヘ・ロレンソは、RC213Vのブレーキングの改善を目指して、ドゥカティ時代に使用していた要素を導入しているようだ。