スーパーフォーミュラ

スタートには自信を持っていたけど……今季最多勝の坪井「しんどいレースだった」

スーパーフォーミュラの最終戦で勝利を収めたJMS P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔は、レースをコントロールできたとしながらも、最後までしんどいレースだったと語った。

スタートには自信を持っていたけど……今季最多勝の坪井「しんどいレースだった」

 富士スピードウェイで行なわれた2020年のスーパーフォーミュラ最終戦。勝利を収めたのはJMS P.MU/CERUMO・INGINGの坪井翔だった。

 坪井は予選で2番グリッドを獲得すると、スタート直後の1コーナーまでに首位に浮上。その後は楽なレースにはならなかったものの、終始後続から襲いかかってくるマシンを抑え、トップチェッカーを受けた。岡山戦に続く今季2勝目……今シーズンただひとり複数回の勝利を挙げたドライバーとなった。

「まず、予選で2位になれるとは思っていませんでした。そこでしっかりとアタックができ、流れを変えられたのが大きな要因だったと思います」

 レース後に記者会見で、坪井はそう語った。スタートに自信を持っていた坪井にとって、このポジションからスタートできるということは、かなり大きなことだったという。

「スタートには自信を持っていたので、トップに立って主導権を握れる形にはなりました。でもレースは何が起きるか分からないですし、背後からは松下(信治/Buzz Racing with B-Max)選手が来ていましたし、ペースは僕の方がよくなかったので……最後の最後までしんどいレースでした」

「最後の10周は大湯(都史樹/TCS NAKAJIMA RACING)選手が凄い勢いでやってきたので、ただただしんどかったです。それもOTS(オーバーテイクシステム)をうまく使いながらうまくレースをコントロールできました。チームもミスなく、完璧なクルマを作り上げてくれましたし、自分としても納得いくレースができたかなと思います。でも、まさか最多勝を取れるとは思っていませんでした」

 岡山で初優勝した際、坪井は号泣してみせた。しかし今回は、しっかりとレースをコントロールできた優勝だったため、涙はなかった。

「ちょっと慣れました……というのは冗談ですが、今回は地に足をつけてレースができたと思っています」

 そう坪井は語る。

「岡山での勝利は、自分の実力だけではありませんでした。でも今回は、予選2番手からレースをコントロールして勝てたので、また違った勝利だったと思います。初優勝よりは感動は薄いかもしれません」

「今回はまさかこういうレースができるとは思わなかったので、最後はしんどいレースでしたが、エンジニアからはよく耐えたと少し褒めてもらいました」

Read Also:

シェア
コメント
山本尚貴が自身3度目のチャンピオン! スーパーフォーミュラ第7戦富士|決勝順位速報

前の記事

山本尚貴が自身3度目のチャンピオン! スーパーフォーミュラ第7戦富士|決勝順位速報

次の記事

精神的にも落ち着いて戦えた……大湯都史樹、終盤2連続表彰台で最優秀ルーキーに

精神的にも落ち着いて戦えた……大湯都史樹、終盤2連続表彰台で最優秀ルーキーに
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ スーパーフォーミュラ
イベント 第7戦:富士
ドライバー 坪井 翔
チーム セルモ , INGING
執筆者 田中 健一