柳田真孝、アルナージュ・レーシングに加入し今季GT300に参戦

アルナージュ・レーシングは2021年のスーパーGT GT300クラスの参戦体制を発表し、ドライバーとして新たに柳田真孝が加入することを明らかにした。

柳田真孝、アルナージュ・レーシングに加入し今季GT300に参戦

 Arnage Racing(アルナージュ・レーシング)は2月11日、2021年のスーパーGT、GT300クラスの参戦体制を発表。柳田真孝がドライバーとして加わることを明らかにした。

 同チームは今年も、メルセデス・ベンツ AMG GT3を使用。足元には引き続き横浜タイヤを履くことになる。そしてドライバーは加納政樹が残留し、そのチームメイトには柳田が加わることになった。

 伊藤宗治監督は、発表に伴いコメントを発表。最高位11位に終わった昨シーズン以上の結果を目指すと誓った。

「昨年の12月から紆余曲折ありましたが、今の我々にとっては、身に余るような体制ができたと喜んでおります」

 伊藤監督はそうコメントした。

「今シーズンArnage Racingの目標はただひとつ、Cクラスからの脱却です。考えるところは諸々ありますが、そのためのレース体制、及びメンテナンス体制についても、ほぼ、満足いくものになりつつあります」

 またドライバーの加納も、自身のSNSにコメントを発表。柳田の加入を歓迎した。

「今シーズン、柳田選手をアルナージュに迎えて戦うことになりました。経験豊富な柳田選手から色々な事を吸収して、チーム一丸で戦いますので、今シーズンもアルナージュレーシング#50を応援よろしくお願いします」

 また新加入の柳田も、SNSに次のようなコメントを発表した。

「新たな挑戦、とても楽しみです! チーム、加納選手と頑張ります!」

 Arnage Racingの2021年の参戦体制は、以下の通りとなっている。

■車両:Mercedes Benz AMG GT3
■チーム名:Arnage Racing(アルナージュ・レーシング)
■タイヤ:YOKOHAMA TYRE
■ドライバー:加納政樹、柳田真孝
■エンジニア:松山靖
■監督:伊藤宗治

Read Also:

シェア
コメント
スーパーGT、2021年開催カレンダー改訂版を発表。海外2レース削除で、もてぎ&富士戦が追加

前の記事

スーパーGT、2021年開催カレンダー改訂版を発表。海外2レース削除で、もてぎ&富士戦が追加

次の記事

日産/NISMO、2021年GT300参戦体制発表。今年も5台のGT-Rがエントリー

日産/NISMO、2021年GT300参戦体制発表。今年も5台のGT-Rがエントリー
コメントを読み込む