2022年のダカールラリーが開幕! トヨタのアル-アティヤがプロローグ首位

2022年のダカールラリーが開幕し、トヨタのナッサー・アル-アティヤがプロローグでステージ最速タイムを記録した。

2022年のダカールラリーが開幕! トヨタのアル-アティヤがプロローグ首位

 2022年のダカールラリーが開幕、1月1日にプロローグ・ステージが行なわれた。サウジアラビアのジェッダと北部の都市ハイールの間に位置する19kmのステージを10分56秒で走りきったトヨタのナッサー・アル-アティヤが、ダカールラリー4勝目に向けて好スタートを切った。

 ラリーレイドカーの主要カテゴリーに適用される新しいレギュレーションにより、新型車両が導入されている四輪クラスのトップカテゴリーのT1+。トヨタやプロドライブが車両をアップデートした他、アウディは電動ドライブトレインを持つRS Q e-tronでダカールに挑戦している。

 アウディのカルロス・サインツがアル-アティヤから12秒遅れの2番手でプロローグを終え、その速さを示したものの、彼のチームメイトであるステファン・ペテランセルが14番手、マティアス・エクストロームが15番手と振るわない結果となった。

 WRCのレジェンドであるセバスチャン・ローブは、プロドライブのBRXハンターT1+をドライブし、37秒遅れのステージ5番手となっている。

 2020年のサインツ、2021年のペテランセルとダカールラリーを制したX-raid miniチームは、サインツとペテランセルがアウディに移籍したこともあって、トップ15にひとりも入ることができなかった。

 バイク部門では、55分30秒でプロローグを完走したGAS GAS FACTORY TEAMのダニエル・サンダースがトップ。2番手にホンダのパブロ・クインタニラ、3番手にヤマハのロス・ブランチ、4番手にKTMのケビン・ベナビデスが並んだ。元MotoGPライダーのダニーロ・ペトルッチ(KTM)は23番手でステージを終えている。

 1月2日から、いよいよ本格的にスペシャルステージの走行が開始される。プロローグからハイールまでの595kmのリエゾンを経て、334kmのステージが設けられている。

 
Read Also:

四輪タイム結果(プロローグ) - Top 10

Pos.

#.

Name

Marque

Time

Gap

Penalty

1

201

AL-ATTIYAH NASSER

BAUMEL MATTHIEU

TOYOTA

00:10:56

 

00:00:00

2

202

SAINZ CARLOS

CRUZ LUCAS

AUDI

00:11:08

+00:00:12

00:00:00

3

230

BARAGWANATH BRIAN

CREMER LEONARD

CENTURY

00:11:32

+00:00:36

00:00:00

4

225

LATEGAN HENK

CUMMINGS BRETT

TOYOTA

00:11:32

+00:00:36

00:00:00

5

211

LOEB SEBASTIEN

LURQUIN FABIAN

PRODRIVE

00:11:33

+00:00:37

00:00:00

6

205

AL RAJHI YAZEED

ORR MICHAEL

TOYOTA

00:11:43

+00:00:47

00:00:00

7

204

ROMA NANI

HARO BRAVO ALEX

PRODRIVE

00:11:45

+00:00:49

00:00:00

8

207

DE VILLIERS GINIEL

MURPHY DENNIS

TOYOTA

00:11:46

+00:00:50

00:00:00

9

203

PRZYGONSKI JAKUB

GOTTSCHALK TIMO

MINI

00:11:57

+00:01:01

00:00:00

10

221

TERRANOVA ORLANDO

OLIVERAS CARRERAS DANIEL

PRODRIVE

00:12:02

+00:01:06

00:00:00

二輪タイム結果(プロローグ) - Top 10

Pos.

#.

Name

Bike

Time

Gap

Penalty

1

4

SANDERS DANIEL

GASGAS

00:55:30

 

00:00:00

2

7

QUINTANILLA PABLO

HONDA

00:56:30

+00:01:00

00:00:00

3

16

BRANCH ROSS

YAMAHA

00:57:25

+00:01:55

00:00:00

4

1

BENAVIDES KEVIN

KTM

00:57:30

+00:02:00

00:00:00

5

52

WALKNER MATTHIAS

KTM

00:58:05

+00:02:35

00:00:00

6

42

VAN BEVEREN ADRIEN

YAMAHA

00:58:10

+00:02:40

00:00:00

7

3

SUNDERLAND SAM

GASGAS

00:58:25

+00:02:55

00:00:00

8

18

PRICE TOBY

KTM

00:58:25

+00:02:55

00:00:00

9

88

BARREDA BORT JOAN

HONDA

00:58:30

+00:03:00

00:00:00

10

29

SHORT ANDREW

YAMAHA

00:58:30

+00:03:00

00:00:00

シェア
コメント
ペトルッチ、MotoGPからダカール転身は課題山積み? 急ピッチ準備中も「完全に別世界だ」
前の記事

ペトルッチ、MotoGPからダカール転身は課題山積み? 急ピッチ準備中も「完全に別世界だ」

次の記事

ダカールラリー、開幕前の爆発事故で”厳戒態勢”。ドライバーひとりが負傷も「悪意あるかまだ断定できない」

ダカールラリー、開幕前の爆発事故で”厳戒態勢”。ドライバーひとりが負傷も「悪意あるかまだ断定できない」
コメントを読み込む