Sergio Lillo
執筆者

Sergio Lillo

Latest articles by Sergio Lillo

グリッド
リスト

ダカールラリー、2022年大会の概要を発表。3年連続サウジアラビアで開催も「8割近くは新ルート」

2022年のダカールラリーは、3年連続ですべてサウジアラビアで開催されるが、主催者のASOは80~85%が新たなルートで開催され、ルブアルハリ砂漠での走行も行なわれると明かした。

負傷のアロンソ、F1プレシーズンテストには参加できる? 怪我の影響を医師に訊く

F1復帰を間近に控え、自転車トレーニング中に事故に遭い負傷してしまったフェルナンド・アロンソ。その影響はどの程度なのだろうか?

カタルニア・サーキット、ターン10の改修を完了。新レイアウトは4輪と2輪の折衷案

カタルニア・サーキットは、“ラカイシャ”と呼ばれるターン10の改修を完了させた。

ローブ、5度目のダカール挑戦は苦難の連続。最後は無念のリタイア「強くなって戻ってくる」

9度のWRC王者であるセバスチャン・ローブは、ステージ8を完走できなかったため、2021年のダカールラリーをリタイアすることになった。

ダカールラリー初参戦のミーク、砂丘でのテストを満喫「クリスマスの子どものような気分だ!」

ベテランラリードライバーのクリス・ミークは、2021年のダカールラリー参戦に向けてPHスポーツと行なった砂丘でのテストについて、クリスマスの子どものような気分を味わったと語った。

名門チップ・ガナッシ入りのパロウ「僕はとても幸運だ」スーパーフォーミュラへの思いも語る

アレックス・パロウは、インディカー2年目にして名門チップ・ガナッシと契約を結ぶことができて、とても幸運だと感じていると語った。

旧仕様のマシンなら表彰台も狙えた……サインツJr.、アイフェルGPは「苦痛だった」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、F1アイフェルGP決勝の60周が“苦痛”だったといい、新しい空力パッケージを投入したことで表彰台のチャンスを逸したと考えている。

セバスチャン・ローブ、ダカール・ラリーに5度目の挑戦へ。プロドライブとタッグ

セバスチャン・ローブは2021年のダカール・ラリーに、プロドライブが運営するバーレーン・レイド・エクストリームから参戦するようだ。

マクラーレン、サインツ車のボディワーク変更で冷却能力向上も……「最高速不足でQ2敗退の原因に」

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は、冷却能力を改善するためにボディワークを変更したことで、最高速が犠牲になったと明かした。

プロドライブ、ダカール初挑戦に自信アリ「優勝候補じゃなければガッカリだ!」

プロドライブは、2021年のダカール・ラリーに挑戦する予定の新車、BRX T1に総合優勝を狙えるだけのポテンシャルがなければ落胆すると主張した。

2021年のダカール・ラリー、コロナで数ヵ国横断を断念? サウジ1国開催も検討

2021年のダカール・ラリーは新型コロナウイルスの影響によって、横断する国を増加させる計画を中止、再びサウジアラビア1ヵ国で開催することも検討されているようだ。

KTM、ダカールの“王座”失う。連勝記録途切れ「辛い経験」とチームマネージャー

KTMのラリーチームマネージャーであるジョルディ・ビラドムは、2020年のダカール・ラリーでホンダに敗北し、18年続いた連続勝利の記録が途切れたことについて、“苦しい”経験だと認めた。

アルアティヤ、ダカール連覇ならず。ライバル讃えるも「四輪駆動車が不利すぎる」

トヨタのナサール・アルアティヤは、現在のダカール・ラリーのレギュレーションがフェアではないと考えている。

アロンソのダカール初挑戦は13位「次に挑む時は勝利を目指す」

2020年、ダカール・ラリーに初挑戦したフェルナンド・アロンソは、クラス総合13位でイベントを終えた。そのアロンソは、次回挑戦する最には”勝つためにやる”と語る。

ダカール・ラリー最終日のステージが短縮に。パイプラインの建設が原因!?

ダカール・ラリー最終日のステージは、計画されていたルート上でガスパイプラインが建設されているため、244kmから166kmに短縮される。

まさかの横転で後退も、アロンソは前向き「ダカールはそういうもの。攻め続ける」

フェルナンド・アロンソは、ダカール・ラリー10日目に横転を喫したことによって順位を落としたが、全く気を落としてはいないようだ。

ダカール連覇を狙うトヨタ、”予想以上”の大激戦。マラソンステージが鍵に

ダカール・ラリーに挑んでいるトヨタのグリン・ホール代表は、X-Raid ミニ勢と予想以上の戦いを繰り広げていると話した。

悲しみに暮れるダカール・ラリー。アロンソ「事故を知って凍りついた」

フェルナンド・アロンソは、ダカール・ラリー競技7日目に発生したパウロ・ゴンカルベスの死亡事故を知り、凍りついたと話した。

ダカール・ラリーで死亡事故。二輪のベテランライダー、ゴンカルベス亡くなる

サウジアラビアを舞台に行なわれて2020年ダカール・ラリーの走行7日目、ベテランライダーのパウロ・ゴンカルベスがクラッシュし、亡くなった。40歳だった。

ダカール前年覇者、アロンソを称賛。「来年はバトンも誘ってきて!」とラブコール?

トヨタのナサール・アルヤティヤは、ダカール・ラリー初参戦のフェルナンド・アロンソの走りに驚かされたと語り、2021年も彼に参戦して欲しいと考えている。

アロンソ、夢のステージ優勝が見えてきた? 首位と遜色ないタイムに自信掴む

フェルナンド・アロンソはダカール・ラリー3日目を終えて、初のステージ優勝に挑戦することができると手応えを感じている。

アロンソの相棒務めるコマ、アクシデントで「俺たちのダカールが終わったと思った」

ダカール・ラリーでフェルナンド・アロンソのコ・ドライバーを務めるマルク・コマは、2日目にアクシデントに見舞われた際「僕たちのラリーはここで終わったと思った」と語った。

アロンソ、視界ゼロの中クラッシュも自力で修理し復帰! ペースにも手応え

ダカール・ラリー2日目にアクシデントに見舞われたフェルナンド・アロンソは、砂ぼこりのために視界を失ったことで岩に衝突してしまったと語った。

ダカール2日目:アロンソに試練。クラッシュで2時間以上をロス

2020年ダカール・ラリー2日目のステージが行なわれ、X-Raidミニを駆るオーランド・テラノバが首位に立った。元F1ドライバーのフェルナンド・アロンソはマシンにダメージを負い、2時間以上のロスとなり、クラス47番手に後退している。

トヨタ離脱のミーク、WRC“フル参戦”は引退? 今後はダカールラリーにも挑戦か

クリス・ミークは、WRCにフル参戦することは今後ないだろうと語り、新たな挑戦を探す必要があることを認めた。

この2年間夢見ていた……パロウ、インディ挑戦は「目標だった」

デイル・コイン・レーシングから2020年のインディカー・シリーズに参戦することになったアレックス・パロウ曰く、インディカー挑戦は「夢であり、達成するべき目標」だったと語る。