「アロンソはダカールで勝つ力を持っている」”先輩”ジャッキー・イクスが太鼓判

ジャッキー・イクスは、フェルナンド・アロンソはダカール・ラリーで勝てる才能を持っていると考えている。

#310 Toyota Gazoo Racing: Fernando Alonso

 トヨタのフェルナンド・アロンソは、初挑戦となったダカール・ラリーを総合13位で完走。特に後半戦ではステージ優勝に近づく速さを見せた。

 しかし、ステージ2でのアクシデントやステージ10での横転によりタイムロス。トップからは4時間以上遅れることとなった。

 フィニッシュ後、アロンソは再びダカール・ラリーに挑戦するかどうかは決まっていないと述べたが、再挑戦する際には優勝を目指すと付け加えた。

関連ニュース:

 F1で8勝を挙げ、ル・マン24時間レースを6度制したジャッキー・イクスは、アロンソが十分な経験を積めばダカール・ラリーで優勝できると信じている。

 1983年に”パリダカ”時代のダカール・ラリーで優勝し、ル・マンとダカールを両方制した唯一のドライバーとなっているイクスは、同じような挑戦に臨んでいるアロンソについて、次のように語った。

「フェルナンドの存在感と実績、彼がレースをしてきた年月や彼の名声、彼がファイターだという事実はレースにとって非常に重要なんだ」と、イクスはmotorsport.comに語った。

「オフロードレースには多くの経験が必要だから、我々は彼に期待しすぎていたのかもしれない。私はたった6カ月でダカールの準備はしなかったからね」

 幼い頃、トライアルバイクに親しんでいたイクスは、3度目の挑戦でダカール・ラリーを勝っている。彼は、アロンソがさらに経験を積めば、ダカール制覇も夢ではないと話した。

「私はオフロードレースでの経験がたくさんあったというアドバンテージがあり、地形の読み方を知っていた。それでも、勝つためには学ぶべきことがまだたくさんあり、勝つまでに多くのミスを犯した。毎日何かを学び、ただのラッキーで問題を回避できたこともあった」

「彼がダカールを勝つ才能を持っていると確信しているので、彼がさらに経験を積むことを望んでいる。しかし、今の時点では経験不足なんだ」

関連ニュース:

Be part of Motorsport community

Join the conversation
前の記事 ダカール”ゴール”にトヨタ社長がコメント。アロンソはガラスのない車が得意?
次の記事 プロドライブ、2021年ダカール・ラリー参戦へ。”長年の野望”をバーレーンが支援

Top Comments

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本