元チームメイトのベッテル&アロンソがライコネンのF1引退に言及「寂しくなる」

キミ・ライコネンのかつてのチームメイトであるセバスチャン・ベッテルとフェルナンド・アロンソは、ライコネンが2021年限りでF1を引退することについて、寂しくなるだろうと話した。

元チームメイトのベッテル&アロンソがライコネンのF1引退に言及「寂しくなる」

 2007年のF1チャンピオンであるキミ・ライコネン(アルファロメオ)は今年9月、2021年シーズン限りでのF1引退を発表。デビューから20年近いキャリアについに幕を下ろすこととなった。

 ライコネンの引退には、F1で4度王者となったセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)や2度の王者であるフェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)らが、ドライバーとしてもひとりの人間としても寂しくなるだろうと語っている。

 ベッテルは2015年から2018年まで、フェラーリでライコネンのチームメイトとして戦っていた。そして彼はライコネンが長年変わらない姿勢を貫いてきたことに”多大な尊敬”を抱いていると語っている。

 ベッテルはライコネンの引退そのものは「自然なことだ」としつつ、次のように述べた。

「時間は過ぎていくモノだ。そして彼には”その時”が来たんだ。それは僕にもいつかやって来るモノだし、(若手の)ランド(ノリス/マクラーレン)にもいつか来ることなんだ。まあ、それはまだ先のことではあるけれどね」

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing, Sebastian Vettel, Aston Martin

Kimi Raikkonen, Alfa Romeo Racing, Sebastian Vettel, Aston Martin

Photo by: Alessio Morgese

「とても自然なことだろう。彼が居なくなるのが寂しいかと言われれば、答えはイエスだ。彼は本当に人格者だったし、彼とチームメイトだった時期は楽しませてもらった」

「フェアに言っておくと、僕は以前から彼を知っていたし、僕が会ったドライバーの中でも、今日まで変わっていない数少ないドライバーのひとりだ。僕が若い頃にF1へ足を踏み入れたときから、彼はすでに凄く評価を得ていたドライバーだった」

「凄く尊敬している。キミとは何か言い合いになったり、問題を抱えたりすることはないと思う。もしそうなったなら、問題は彼じゃなく、自分にあるんだ」

「彼は偉大な人物だ。連絡を取り続けようと思っている。彼の活躍を祈っているけど、寂しくなるね」

 また、2014年にフェラーリでチームメイトだったアロンソはライコネンについて、サーキットから離れると”非常にいい奴”だったと語っている。

「F1からキミが去ると、寂しくなるだろうね」と、アロンソは言う。

「彼のことはかなり好きだった。彼はこのスポーツを彼なりに愛して、そしてF1で長く過ごしてきた」

「いつも凄く正直な男だったと思う。それがキミの好きな部分だ。世間では彼のことを”アイスマン”だとか言っていると思うけど、サーキットの外で会うと凄く良いやつなんだ」

「空港やレストラン、パドック外の環境で会うと、キミは全然違った人間になるんだ」

「前も話したけど、彼はF1でも傑出した人間だった。そのキャラクターも珍しいモノだったから、彼が居なくなると寂しいだろうね」

 
Read Also:

シェア
コメント
ガスリー、カタールGP大苦戦の原因を”理解”。サウジアラビアで「仕事ができるという自信がある」
前の記事

ガスリー、カタールGP大苦戦の原因を”理解”。サウジアラビアで「仕事ができるという自信がある」

次の記事

高速のストリートコースは危険がいっぱい? サインツJr.「マーシャルを信頼しないと……」

高速のストリートコースは危険がいっぱい? サインツJr.「マーシャルを信頼しないと……」
コメントを読み込む