F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました
Pablo Elizalde
執筆者

Pablo Elizalde

Pablo Elizaldeの最新ニュース

グリッド
リスト

ザントフールトの“18度バンク”、故ホワイティング氏が発案に一役買う

2020年から新たにF1開催が復活するオランダのザントフールト・サーキット。現在改修が進められ、最終コーナーには大きなバンク角がつくことになるが、このアイデアには故チャーリー・ホワイティング氏が重要な役割を果たしていたようだ。

ラッセルに続きボッタスも体調不良……レースでは“クレイジー”な展開に期待

メルセデスのバルテリ・ボッタスは、F1アブダビGPの期間中体調不良に見舞われていることを明かした。

オリベイラ最終戦欠場へ。代役イケル・レクオナ、母国戦でMotoGPデビュー

来季からのMotoGP昇格が決定済みのイケル・レクオナは、ミゲル・オリベイラの代役として最終戦バレンシアGPで予定より早くMotoGPデビューを果たすこととなった。

今年のテーマは“アメフト”! リカルドがアメリカGP仕様のヘルメットデザイン公開

ルノーのダニエル・リカルドは、F1アメリカGPで使用する特別ヘルメットのデザインを公開した。

F1シンガポールGP、DRSゾーンが3箇所に。ターン13〜14に追加

FIAは、F1シンガポールGPにおけるDRSゾーンを2箇所から3箇所に増加させることを明らかにした。

アロンソ、40歳となる2021年にF1復帰の可能性? ただ「年22戦はキツイ」

昨年限りでF1を引退したフェルナンド・アロンソだが、2021年に予定されているレギュレーション改定はF1復帰の良い機会になるかもしれないと語った。

F1イタリアGP、新たなグランプリ開催契約を締結。2024年までモンツァで開催

F1イタリアGPの開催契約締結が発表され、2024年までモンツァがF1のカレンダーに残ることになった。

フェルスタッペン、イタリアGPでホンダの”スペック4”PU使用。グリッド降格へ

レッドブルのマックス・フェルスタッペンは、イタリアGPで最新仕様のホンダPUを使用する予定だ。

ハース、依然としてタイヤに苦戦中。来季マシンのデザインにも影響?

ハースのギュンター・シュタイナーは、依然としてチームがタイヤの扱いに苦しんでいることを認めた。

クビサ、僚友ラッセルが躍進も慎重な意見。後半戦の鍵はマシンの一貫性に有り

ロバート・クビサは“複雑な”シーズン前半戦を終えて、パフォーマンスをさらに引き出すためには一貫性が鍵になってくると話した。

好バトルが続くF1……「今後もこれが続くとは限らない」と慎重な声も

ハースのチーム代表ギュンター・シュタイナーは、ここ4レースのF1を楽しんだとしながらも、今後の全てのレースが同様のものになるとは考えていない。

メルセデス、ミディアムを最多の4セット持ち込み。ベルギーGPタイヤ選択リスト

F1タイヤサプライヤーであるピレリが、ベルギーGPのタイヤ選択リストを公開した。

「馬鹿なミスだった」とクラッシュを悔やむアルボン。一方でマシンには進歩も?

ハンガリーGPのFP2でクラッシュを喫したアレクサンダー・アルボンだが、彼はそのクラッシュを“馬鹿なミス”だったと認めた。

「マシンの開発が不十分」ドヴィツィオーゾ、マルケス&ホンダの組み合わせに危機感

ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、今季のマシン開発の進捗がライバルに比べて十分ではないという考えを明かした。

F1スペインGP、2020年も開催へ。州政府が1年の契約延長を承認

カタルニア州政府が、カタルニア・サーキットのF1スペインGP開催契約の1年延長を承認したようだ。

ストロール、作戦はまり今季ベストの4位「ミスがなければ表彰台も……」

レーシングポイントのランス・ストロールは、ドイツGPで終盤のミスがなければ表彰台も獲得できたと語った。

成功を続けるメルセデス、その”秘訣”は?「魅力的な環境づくりが鍵」とウルフ

メルセデスのトト・ウルフ代表は、チームの環境づくりと考え方の浸透が、成功を続ける秘訣だと話した。

フェラーリ、イギリスGPは期待薄?「それでも、パワーバランスは変わりうる」

フェラーリのマッティア・ビノット代表は、シルバーストンのトラック特性は自分たちのマシン向きではないと考えているようだ。

ボッタス、25Gクラッシュも自身は“グラベル派”「ミスが罰せられる方がいい」

バルテリ・ボッタスは、オーストリアGPのFP2で25Gもの衝撃を受けるクラッシュを喫したが、「ミスが罰せられる」サーキットの方がいいと語った。

ペレス、ペナルティに困惑「僕はすべきことをしたのに……」

レーシングポイントのセルジオ・ペレスは、F1フランスGPのレース序盤にペナルティを科されたことについて、その理由が分からず困惑したという。

トヨタ8号車は”幸運”を享受しなければ……アロンソ「ル・マンではいろんな事が起こる」

フェルナンド・アロンソは、トヨタ8号車のクルーがチームメイトからル・マン優勝を引き継いだ幸運を楽しむ必要があると語った。

2021年レギュレーション、まもなく発表へ……しかし完成には程遠く?

レッドブルのクリスチャン・ホーナー代表曰く、今月発表される予定の2021年以降のF1レギュレーションは、最終盤から程遠いものだと考えている。

NAエンジンへの回帰は”空想”……将来のF1パワーはどうなる?

レーシングポイントのテクニカルディレクターであるアンディ・グリーンは、現在のF1パワーユニットは、エンジニアリング面で”過剰すぎる”と考えている。

スペインGP主催者、F1開催継続に向け政府に協力を要請

スペインGPの主催者であるRACCは、バルセロナでのF1開催を今後も維持するため、スペイン政府などに”緊急の”支援を求めた。