アロンソ、若手ドライバーテストでトップタイム「競争心に少し火がついた」

アブダビで行なわれた若手ドライバーテストで走行し、トップタイムを記録したルノーのフェルナンド・アロンソは、最新マシンをレースチームと走らせたことで、競争心に火がついたと語った。

シェア
コメント
アロンソ、若手ドライバーテストでトップタイム「競争心に少し火がついた」

 F1の若手ドライバーテストがアブダビのヤス・マリーナ・サーキットで行なわれ、ルノーのマシンを走らせたフェルナンド・アロンソがトップタイムを記録した。

Read Also:

 アロンソは2021年に同チームからF1に復帰予定。これまでにもフィルミングデーで走行したり、旧式のマシンを走らせたりと、復帰に向けた準備を精力的に重ねてきた。

「レースチームと一緒にマシンを走らせることができ、とても良かった」

 アロンソはチームのプレスリリースにそうコメントを寄せた。

「僕は準備のために、2018年のマシンでテストしてきた。しかし今回のテストはもう少し真剣に感じることができ、競争心に少し火をつけることになった。最新のマシンを感じ、何ができるかということを体験することができて良かった」

「僕は週末の間、チームの仕事ぶりを間近で見守ってきた。そして今日は、コクピットの中でも外でも、学んできたことを体験することができてよかった」

 来年のシーズン開幕前テストは、3日間のみになる予定。しかも各日1台のマシンしか走らせることができないため、ひとりのドライバーが走行できるのは1日半のみということになる。

「シートのフィッティングやペダルのポジションなど、ファクトリーで準備してきた基本的なことを、たくさん確認することができた。来年の冬のテストは1日半しかないので、これはとても有益なことだった」

「今日はチェックすべきことを完了した。そして精神的には良い状態でクリスマスと新年を迎えられる。チームの全員のモチベーションが高いんだ」

Read Also:

角田、最新F1マシン初走行で5番手「たくさんのことを学び、前進することができた」

前の記事

角田、最新F1マシン初走行で5番手「たくさんのことを学び、前進することができた」

次の記事

名門F1チーム創設者、ウイリアムズ卿が入院と判明。詳しい病状は明らかにされず

名門F1チーム創設者、ウイリアムズ卿が入院と判明。詳しい病状は明らかにされず
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
イベント アブダビ若手ドライバーテスト
ドライバー フェルナンド アロンソ
チーム ルノーF1チーム