メルセデスF1、開幕まで粉骨砕身の日々?「データ上ではレッドブルに及ばない」

メルセデスは、プレシーズンテストで得たデータからレッドブルほど速くないことが判明したため、開幕に向けて“身を粉にして”働く必要があると考えている。

メルセデスF1、開幕まで粉骨砕身の日々?「データ上ではレッドブルに及ばない」

 バーレーン・インターナショナル・サーキットで行なわれていた2021年のF1プレシーズンテストが終了した。昨年王者のメルセデスにとっては、課題が多く見つかった3日間となっただろう。

 メルセデスはテスト初日にギヤボックストラブルに見舞われ、多くの走行時間を失った。2日目はルイス・ハミルトンがスピンを喫して赤旗の原因を作るなどリヤの不安定な挙動が露見し、最終日こそトラブルフリーで終えたものの、3日間合計の走行距離では最下位に沈んでしまった。

Read Also:

 ハミルトンはテスト最終日に最も柔らかいコンパウンドのC5タイヤを投入し、総合5番手タイムに食い込んだが、そのタイムは総合トップのマックス・フェルスタッペン(レッドブル)から1秒以上遅いものであった。

 テスト好調のレッドブルは、自分たちが最速であるという見方に慎重なコメントをしているが、メルセデスのトラックサイド・エンジニアリング・ディレクターを務めるアンドリュー・ショブリン曰く、テストで得たデータからレッドブルにパフォーマンス面で及ばないことが分かったという。

「燃料を多く積んだ状態でのバランスが少し改善され、マシンがより予測可能なものとなったが、ここ数日で収集したデータを見る限り、レースペースの面でレッドブルには及ばない」

 そうショブリンは語った。

「燃料タンクが軽い状態での作業はもっと混乱している。今日はかなりのマシンがペースで我々を上回っていたので、アプローチを見直す必要があるだろう」

「ここ数年、冬のテストでは速さの面で問題があったが、我々は何とかして最初のレースまでに進歩を遂げてきた。しかし今回は身を粉にして働かないといけないかもしれない」

「レースまでの期間が短いので、我々はいくつかの問題について理解するためのプログラムを計画した。これからの約10日間でさらなる速さを手に入れるために努力を惜しまないつもりだ」

 メルセデスはテスト最終日、ボッタスが走行する午前中はセットアップを煮詰める作業に集中し、ハミルトンが走行する午後からはロングランと予選シミュレーションを組み合わせたプログラムを実施した。しかし、C5タイヤを履きながらもベストタイムはフェルスタッペンからかなり離されていた。

「今日はいくつか改善できたけど、まだ自分たちが望むところにはいない」とハミルトン。

「どこかひとつに絞ることはできない。全体的に改善が必要だと感じている。レースに戻ってきて、再び集中するモードに入るのを楽しみにしているよ」

 

Read Also:

シェア
コメント
アルピーヌ、太めエアボックスへの“反響”は「ちょっと驚かされた」空力面で利点と強調

前の記事

アルピーヌ、太めエアボックスへの“反響”は「ちょっと驚かされた」空力面で利点と強調

次の記事

角田裕毅、テスト3日目に僅差の2番手タイム。「最高の気分。開幕戦にワクワクしている」

角田裕毅、テスト3日目に僅差の2番手タイム。「最高の気分。開幕戦にワクワクしている」
コメントを読み込む