去就未定のリカルド、2023年の”休養”も選択肢に。「一歩下がっても、2024年に二歩進むために……」

来季の去就が未定のダニエル・リカルドは、2023年に1年間F1から離れることで、2024年のグリッド復帰を目指す可能性もあると語った。

去就未定のリカルド、2023年の”休養”も選択肢に。「一歩下がっても、2024年に二歩進むために……」
Listen to this article

 2022年限りでマクラーレンを離脱することが決まっているダニエル・リカルドは、来季は1年間F1から離れ、2024年にグリッド復帰を目指す可能性もあると改めて認めた。

 マクラーレンで厳しいシーズンを送っていたリカルドは、契約期間を1年残して離脱することをチームと合意した。

 未だ来季のプランがハッキリしていないリカルドは、自身の将来について急いで決断するつもりはないと明言しているが、適切なチャンスがあればF1でレースを続けたいと考えているようだ。

 金曜日にオーストラリアのラジオ番組『Fitzy and Wippa(フィッツィー・アンド・ウィッパ)』に出演したリカルドは、自分の将来がどうなるかはまだ分からないが、自身のマネジメントチームと共に選択肢を慎重に検討していると述べた。

「まだ分からないと言ったのは、来年の契約がまだないんだ」とリカルドは語った。

「まだ可能性があるか? そうかもしれない。来年のことはあまり気にしてないかな。もちろん、レースはしたいし、グリッドにつきたいし、戦いたい」

「でも来年が0か100かとは考えていないんだ。当然、2024年というのは意識しておきたいし、見ておきたい」

「もし一歩下がって二歩進むことになるというなら、僕と僕のチームは今、それ(休養)を考えようとしているところなんだ。だから、1年オフになるかもしれない」

「例え1年休んだとしても、2024年にグリッドに戻ることを強く意識している」と彼は付け加えた。

 現在、来季シートに空席があるのは、アルピーヌやアルファロメオ、ハース、ウイリアムズの4チームだが、これらのチームがリカルドに関心を抱いているかは不明だ。

 アルピーヌはアルファタウリと契約しているピエール・ガスリーの引き抜きに照準を合わせており、アルファタウリはその後釜として、現状ではニック・デ・フリーズに注目している。

 デ・フリーズはハンガロリンクでアルピーヌの昨年マシンを使用したテストに参加しており、アルピーヌから直接F1フル参戦デビューする可能性もあるだろう。また、イタリアGPでアレクサンダー・アルボンの代役として活躍したこともあり、ウイリアムズもデ・フリーズに興味を持っているはずだ。

 アルファロメオは、印象的なルーキーイヤーを過ごしている周冠宇との契約延長が既定路線だと考えられている。また、ハースはアントニオ・ジョビナッツィとニコ・ヒュルケンベルグを2023年の候補に挙げているようだ。

 また、リカルドは2023年にメルセデスのリザーブドライバーになる可能性があると言われているが、ルイス・ハミルトンはリカルドが来年レースに参加しないのは「才能がもったいない」と考えているようだ。

 
Read Also:

シェア
コメント
「今でも悔しい」小暮卓史が語る、不完全燃焼に終わったバレンシアでの2日間【F1“テスト”経験者の追憶】
前の記事

「今でも悔しい」小暮卓史が語る、不完全燃焼に終わったバレンシアでの2日間【F1“テスト”経験者の追憶】

次の記事

BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」

BMW、F1復帰には”興味なし”と断言「我々が目指す電動化とは、F1はかけ離れすぎている」