【訃報】F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール、スパのクラッシュで他界

F2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが、スパ・フランコルシャンで行われたレース中の事故により他界。享年22歳だった。

【訃報】F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール、スパのクラッシュで他界

 F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール(アーデン)が、スパ・フランコルシャンで行われたレース中の事故により他界。享年22歳だった。

 2019年FIA F2ラウンド9のレース1、その2周目のことだった。トライデントのジュリアーノ・アレジが、名物コーナーであるオー・ルージュ〜ラディオンで体勢を乱してスピン。ユベールはそれに巻き込まれてしまい、ウォールにクラッシュすることになった。

 ユベールのマシンはウォールに弾かれる形でコースに戻ってしまい、そこに後方からやってきたファン-マヌエル・コレア(チャロウズ)のマシンがハイスピードで激突してしまった。

 この事故によりユベールのマシンは、モノコックとエンジンより後ろの部分が分断されるほど激しく損傷することとなった。

 事故から1時間以上経過した18時35分(現地時間/日本時間25時35分)、FIAは事故で負った負傷により、ユベールが亡くなったことを確認した。

 コレアは病院に運ばれたが、安定した状態にあると伝えられている。またアレジはサーキット内のメディカルセンターに運ばれたものの、その後解放されている。

 ユベールは昨年のGP3王者で、今季からFIA F2に参戦した。GP3での好調なパフォーマンスから、ユベールは今季からルノーの全面的なサポートを獲得。それが功を奏し、アーデンのF2シートを得ることになった。

 そしてF2での初年度にも関わらず、モナコとポール・リカールでレース2に勝利し、ランキング8位につけていた。

 なおこの事故により、9月1日(日)に開催が予定されていたFIA F2のスパ・フランコルシャンラウンド レース2は、中止されることになった。

 motorsport.comは、アントワーヌ・ユベールに関係するすべての人々にお悔やみを申し上げる。

FIAの声明

 FIA(国際自動車連盟)は、スパ・フランコルシャンで行われたFIA フォーミュラ2のスプリントレースにおいて、12号車、19号車、20号車が関連する重大な事故が2019年の8月31日の17時7分に発生したことを残念ながら通知する。

 現場にはすぐに救急隊員と医療スタッフが駆けつけ、すべてのドライバーはメディカルセンターに搬送された。

 この事故の結果、19号車のドライバーであるアントワーヌ・ユベールが負傷し、18時35分に亡くなったことを、FIAは遺憾に思っている。

 12号車のドライバーであるファン-マヌエル・コレアは安定した状態にあり、CHUリエージュ病院で治療を受けている。彼の状況についての詳細は、お知らせできる時になればお知らせする。

 20号車のドライバーであるジュリアーノ・アレジは検査の結果、メディカルセンターで問題なしと判断された。

 FIAはイベントの主催者と関係当局に支援を提供しており、事故の調査を開始している。

シェア
コメント
F2ベルギー予選:デ・フリーズが今季4度目のPP。松下信治はミスが響き4番手

前の記事

F2ベルギー予選:デ・フリーズが今季4度目のPP。松下信治はミスが響き4番手

次の記事

ユベールの死に悲しみの声続々……ハミルトン「彼はヒーローだった」

ユベールの死に悲しみの声続々……ハミルトン「彼はヒーローだった」
コメントを読み込む