執筆者

Jack Benyon

Latest articles by Jack Benyon

グリッド
リスト

ハイテック、F2参戦初年度はギオット&マゼピンの“経験豊富”な布陣で挑む

2020年からFIA F2に参戦するハイテックが、ドライバーズラインアップを発表。ルカ・ギオットとニキータ・マゼピンという布陣でシーズンを戦うことを明らかにした。

トヨタWRC、2021年マシンのテストを早くも開始。GRヤリスがベース

トヨタは、GRヤリスをベースとした2021年のWRCマシンのテストを早くも開始したようだ。

モントーヤJr.、プレマに加入。イタリアとドイツのF4選手権に参戦

ファン・パブロ・モントーヤの息子であるセバスチャンは、プレマ・パワーチームに加わり、イタリアとドイツのF4を戦う。

レッドブルが2020育成枠発表。“14歳”から角田まで……未来のF1王者はこの中に?

F1に参戦するレッドブルは、日本からも角田裕毅が参加するジュニア・プログラムの2020年の概要を発表。新たに14歳のアメリカ人ドライバーのジャク・クローフォードとレッドブル・ジュニア・プログラムの契約を結んだことも明らかにした。

ハイテック、2020年のFIA F2に参戦決定! ドライバーは誰に?

2020年のFIA F2シーズンではハイテックGPが新規参入し、11チーム22台で争われる。

フェラーリ兄弟コンビ誕生なるか? ルクレールの弟アーサーがFDA加入

フェラーリ・ドライバー・アカデミーは、シャルル・ルクレールの弟であるアーサーを新たに加入させることを発表した。

2年目のF1に挑むランド・ノリス。“やることリスト”をこなしてパワーアップ?

マクラーレンのランド・ノリスは、F1で2年目となる2020年シーズンに、改善を果たすための“取り組むことリスト”を抱えていると語った。

HWAがエンツォ・フィッティパルディ、ジャック・ドゥーハンをFIA F3に起用

HWAはジェイク・ヒューズ、エンツォ・フィッティパルディ、ジャック・ドゥーハンの3人を2020年シーズンのFIA F3で起用する。

新人なのに、はしゃぎ過ぎたかな……ノリス、自身のキャラに悩む?

マクラーレンのランド・ノリスは、ルーキーシーズンを時々「楽しみ過ぎた」として、2年目のシーズンにはもっと集中するための妥協点を探す必要があると語った。

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は2019年シーズンのレース終了後に、度々Sadeの“Smooth Operator”を歌ってきた。曰く、イギリスGPの移動中に耳にしたことがそのきっかけだったという。

チャロウズが2020年F2の布陣を発表。デレトラ古巣復帰、ピケがステップアップ

チャロウズは、2020年のFIA F2にルイ・デレトラとペドロ・ピケの布陣で挑むことを発表した。

F2、故アントワーヌ・ユベールの名を冠した新人賞を創設。周冠宇が初代受賞者に

周冠宇は、アントワーヌ・ユベールの名を冠したF2ルーキー・オブ・ザ・イヤーを受賞したことを“エモーショナルな”出来事だと語った。

ラグナタンのせい? FIA、下位カテゴリーへのライセンスポイント導入を議論

FIAのジャン・トッド会長は、FIA F2などジュニアフォーミュラのカテゴリーにも、F1のスーパーライセンスポイントのような、”参戦資格”を確認するためのシステムを導入することを議論していると明かした。

F2の“紅一点”カルデロン、2020年はアメリカに?「F1へのルートはひとつじゃない」

2019年のFIA F2に参戦したタチアナ・カルデロンは、2020年はF2以外のカテゴリーを戦う可能性が非常に高いことを明かした。

ラグナタン、今季2度目の出場停止を“ルールの抜け穴”によって回避

マハーヴィール・ラグナタンは、FIA F2で今季2度目となる出場停止の危機に直面したが、規則の特性上それを免れることとなった。

プレマ、来季のF2体制発表。シューマッハーのチームメイトにシュバルツマン起用

プレマ・レーシングは、来季のFIA F2選手権にミック・シューマッハーとロバート・シュバルツマンを起用することを発表した。

ルノー育成のルンガー、トライデントからFIA F2最終戦に出場へ

ルノー育成ドライバーのクリスチャン・ルンガーは、FIA F2ヤス・マリーナ戦にトライデントから出場し、同カテゴリーデビューを果たす。

砂漠の真っ只中に17時間……バトン、メキシコ”超過酷”レースに挑むもリタイア

2009年のF1王者であり今季までスーパーGTを戦ったジェンソン・バトンが、メキシコで行われているバハ1000でオフロードレースデビューを果たしたが、デファレンシャルのトラブルによりストップ。砂漠の真っ只中で17時間を過ごし、一夜を明かしたという。

マカオGP予選:新生マカオF3はヴィップスが驚速PP! 角田裕毅は20番手

2019年のマカオGPの予選では、ユーリ・ヴィップスがポールポジションを獲得した。日本勢でただひとり参戦している角田裕毅は20番手だった。

マカオのギア・サーキット、昨年の大事故受けてリスボアを改修。DRS区間も設定

マカオGPの主催者は、昨年起こったソフィア・フルーシュの大事故に対応して、リスボアコーナーを含めた複数箇所を改修した。

”ボノ”欠場も乗り越え、メキシコ勝利のメルセデス「これが我々の層の厚さ」

メルセデスのチーム代表であるトト・ウルフは、ルイス・ハミルトンのレースエンジニア”代行”を務めたマーカス・ダドリーは、メキシコGPで驚くべき仕事をやってのけたと表現。ハミルトンも「チームは弱点をひとつ克服した」と語る。

FIA F3ポストシーズンテスト初日:ルンガーがトップタイム。角田7番手

FIA F3のポストシーズンテストが行われ、ARTのクリスチャン・ルンガーがトップタイムを記録した。角田裕穀は7番手、金丸ユウは21番手だった。

メルセデス傘下のHWA、アーデンを引き継ぎ来季からF2参戦へ

HWAは、来季からアーデンのエントリーを引き継ぐ形で、FIA F2への参戦を開始することが分かった。

松下と大クラッシュのマツェピン、”厳罰”……全面的な責任アリ。次戦15グリッド降格へ

FIAはF2ソチラウンドレース2で起きたクラッシュについて、ニキータ・マツェピンに全面的な責任があると判断し、次戦15グリッド降格のペナルティを科した。

松下信治、大クラッシュに巻き込まれるも負傷なし。念のため一晩入院

松下信治は、F2ソチ戦レース2で大クラッシュに見舞われ病院に搬送されたが、検査の結果負傷はなかったようだ。

松下信治、F2ソチ戦レース2で大事故に巻き込まれ病院に搬送。深刻な怪我はない模様

カーリンの松下信治はFIA F2のソチ戦レース2の1周目に大きなクラッシュに巻き込まれてしまい、病院に搬送された。しかし、深刻な怪我はないと伝えられている。

F2&F3の2020年開催カレンダー発表。ザントフールトが新開催に名乗り

FIA F2、FIA F3における2020年シーズンの開催カレンダーが発表され、オランダでのザントフールト戦が新たに追加された。

【訃報】F2ドライバーのアントワーヌ・ユベール、スパのクラッシュで他界

F2ドライバーのアントワーヌ・ユベールが、スパ・フランコルシャンで行われたレース中の事故により他界。享年22歳だった。

佐藤万璃音がF2デビュー! カンポスから今季残りの全戦に参戦

ユーロフォーミュラ・オープンを席巻している佐藤万璃音が、スパ・フランコルシャンでF2デビューを飾ることとなった。

ゲラエルのシルバーストン欠場は、スチュワードへの”抗議”だった?

F2のシルバーストン戦のレース1とレース2に出場しないことを決めたショーン・ゲラエル。この決断は、ゲラエルに科せられたペナルティに対する反応だったことが分かった。

F2ヘレス合同テスト最終日:“皇帝2世”ミック・シューマッハー最速タイム。松下は18番手

2019年のF2合同テストは最終日を迎え、プレマ・レーシングのミック・シューマッハーがトップタイムを記録した。

ユニ-ヴィルトゥオーシ、ロシアンタイムを引き継ぎ、来季F2に参戦

ユニ-ヴィルトゥオーシが、ロシアンタイムに代わって来季からFIA F2選手権に参戦することが決まった。

【WRC】フランス2日目:ヌービル首位。ラトバラ表彰台まであと1歩

4月8日(土)WRC第4戦ツール・ド・コルス(ラリーフランス)2日目が行われ、ヒュンダイのティエリー・ヌービルがトップタイムを記録した。

【WRC】メキシコ最終日:6位&7位のトヨタ、初グラベルを無事完走

WRC第3戦ラリー・メキシコは、シトロエンのクリス・ミークが勝利。トヨタはラトバラが6位、ハンニネンが7位に終わった。