F1
R
第1戦オーストラリアGP
12 3月
-
15 3月
次のセッションまで……
53 days
R
第2戦バーレーンGP
19 3月
-
22 3月
次のセッションまで……
60 days
02 4月
-
05 4月
次のセッションまで……
74 days
R
第4戦中国GP
16 4月
-
19 4月
次のセッションまで……
88 days
R
第5戦オランダGP
30 4月
-
03 5月
次のセッションまで……
102 days
R
第6戦スペインGP
07 5月
-
10 5月
次のセッションまで……
109 days
R
第7戦モナコGP
21 5月
-
24 5月
次のセッションまで……
123 days
R
第8戦アゼルバイジャンGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
137 days
R
第9戦カナダGP
11 6月
-
14 6月
次のセッションまで……
144 days
R
第10戦フランスGP
25 6月
-
28 6月
次のセッションまで……
158 days
R
第11戦オーストリアGP
02 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
165 days
R
第12戦イギリスGP
16 7月
-
19 7月
次のセッションまで……
179 days
R
第13戦ハンガリーGP
30 7月
-
02 8月
次のセッションまで……
193 days
R
第14戦ベルギーGP
27 8月
-
30 8月
次のセッションまで……
221 days
R
第15戦イタリアGP
03 9月
-
06 9月
次のセッションまで……
228 days
R
第16戦シンガポールGP
17 9月
-
20 9月
次のセッションまで……
242 days
R
第17戦ロシアGP
24 9月
-
27 9月
次のセッションまで……
249 days
R
第18戦日本GP
08 10月
-
11 10月
次のセッションまで……
263 days
R
第19戦アメリカGP
22 10月
-
25 10月
次のセッションまで……
277 days
R
第20戦メキシコGP
29 10月
-
01 11月
次のセッションまで……
284 days
R
第21戦ブラジルGP
12 11月
-
15 11月
次のセッションまで……
298 days
R
第22戦アブダビGP
26 11月
-
29 11月
次のセッションまで……
312 days

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

シェア
コメント
「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす
執筆:
協力: Oleg Karpov
2019/12/26 3:02

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は2019年シーズンのレース終了後に、度々Sadeの“Smooth Operator”を歌ってきた。曰く、イギリスGPの移動中に耳にしたことがそのきっかけだったという。

 2019年のF1イギリスGPで、カルロス・サインツJr.(マクラーレン)は6位でフィニッシュすると、Sadeの“Smooth Operator”の一節をチーム無線で披露した。

Read Also:

 以後のハンガリーGPで5位を獲得した際も、サインツJr.はエンジニアとの交信の後に、「こういうの何て言うか知っている?」と前置きした上でSmooth Operatorを再び歌っていた。

 その結果、この歌はサインツの代名詞的存在となり、ソーシャルメディアやYouTubeなどで人気を博した。

 サインツJr.自身もこの歌を気に入っているのか、終盤のブラジルGPで4番手フィニッシュ(ハミルトンのペナルティにより、後に3位に繰り上げ)した際、再び歌唱している。

 鉄板ネタとなったサインツJr.の“Smooth Operator”。ただ同曲は1984年にリリースされたもので、1994年生まれのサインツJr.が熱唱するにはいささか世代が離れているようにも思える。

 そこでサインツJr.にどこでこの曲を見つけてきたのかを問うと、彼は次のように答えた。

「イギリスGPの週末、車のラジオでこの歌がひっきりなしに聞こえてきたんだ」

「僕はそのラジオで初めて聞いたんだけど……どうも“かなり”有名な歌らしかった」

「ハンガリーでのレース後、僕はこの歌を歌ったけど、スムースオペレーターが何かは知らなかった。それから、チームの皆が“スムースオペレーター”が何かを教えてくれたんだ」(※“smooth operator”は要領がいい人、口がうまい人、などの意)

「そこで僕は、これがちょっとしたジョークとして使えることに気がついたんだ」

 サインツJr.とチームメイトであるランド・ノリスは、トラック内外で無邪気な姿が度々捉えられており、ソーシャルメディアで大きく話題を集めた。

 ノリスはロシアGPでは“寿司無線”を飛ばし、最終戦アブダビGPのレース後には、チームを去るエンジニアからの無線に涙混じりで答えるなど、印象的なシーンを残してきた。無線に賞があるならば、マクラーレンは確実に入賞していることだろう。

 なおサインツJr.はYouTubeで“スムースオペレーター”のタグがあることも把握しており、ファンたちのコメントに楽しませてもらったという。

「いやあ、あれはとても面白いよ。YouTubeに行ったら、とっても面白いコメントがあるんだ。『俺、カルロスを見にここに来てるわ』なんてね。しかも1000イイねが付いてるんだ!」

Read Also:

次の記事
”王者”のやり方を学べ。ボッタス躍進に”元ハミルトン担当”のエンジニアの助け

前の記事

”王者”のやり方を学べ。ボッタス躍進に”元ハミルトン担当”のエンジニアの助け

次の記事

トロロッソ・ホンダ、2年目の”飛躍”。STR14をどうアップデートしたのか?

トロロッソ・ホンダ、2年目の”飛躍”。STR14をどうアップデートしたのか?
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ F1
ドライバー カルロス サインツ Jr. 発売中
チーム マクラーレン 発売中
執筆者 Jack Benyon