Oleg Karpov
執筆者

Oleg Karpov

Latest articles by Oleg Karpov

グリッド
リスト

マゼピン、予選アタック妨害でペナルティ「アタック順番待ちの紳士協定は機能していない」

ハースのニキータ・マゼピンは、F1第4戦スペインGPで他車のアタックを妨害したとして3グリッド降格ペナルティを受けたが、予選における紳士協定は機能していないと語った。

ドライビングに批判浴びるマゼピン、”悪ガキ”評価も……ハース代表は「影響されるな」と擁護

ハースF1のギュンター・シュタイナー代表は、今季チームからF1デビューを果たしたニキータ・マゼピンがその走りに批判を寄せられていても、気を取られすぎるべきではないと考えている。

ハース、マゼピンとペレスの”ニアミス”事件はチームの責任「コミュニケーションを改善しなければ」

F1ポルトガルGPの決勝で、ニキータ・マゼピンがセルジオ・ペレスと接触しかけたことを受け、ハースはドライバーとのコミュニケーション改善を約束した。

レッドブル・ホンダ、イモラで今季初勝利。しかしホーナー代表「勢力図を見極めるにはあと数戦必要」

レッドブルのチーム代表であるクリスチャン・ホーナーは、メルセデスとのパフォーマンス差を確認するには、あと数戦が必要であると語った。

角田裕毅、最後尾からいざ決勝へ「昨晩はあまり眠れなかった。マシンを信じて、全力で挑む」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅が、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースを前にコメント。昨晩はあまりよく眠れなかったが、マシンの力を信じて、全力を尽くすと語った。

フェルナンド・アロンソ、4度目のインディ500挑戦はあるのか?「また走るかどうかは分からない」

フェルナンド・アロンソはこれまでインディ500制覇を大きな目標に掲げてきたが、今後再挑戦するかどうかは分からないと語った。

角田裕毅、すでにアルファタウリのマシン開発にも貢献「面白い質問が飛んでくる」とチームTD

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、マシン開発においてすでにチームに貢献をしていると、チームのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは語った。

アルピーヌF1、開幕戦の暑いコンディションで問題発見。夏までに原因究明できる?

アルピーヌF1は2021年シーズンのF1マシンが開幕戦バーレーンGPの、暑いコンディションで競争力を失っていた原因を、夏までに探りたいと考えている。

ミック・シューマッハー、2022年向け開発に集中するハースでも「Q2進出は“可能”」と楽観視

ハースF1のミック・シューマッハーは2021年シーズンの予選について“楽観的”な見方を持っており、今季のマシン開発に力を注いでいない状況でもQ2へ進出できない理由は無いと考えている。

好調アルファタウリ、空力アップデートでさらなる前進目指す。第4戦スペインGPまで毎戦新パーツ用意

アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エギントンは、F1第4戦スペインGPまでに行なう空力アップデートにより「素晴らしい一歩」を踏み出すことができるはずだと語った。

2022年に照準当てるハース、今季はウイリアムズ以外眼中にない?「それ以上は目指さない」

ハースのギュンター・シュタイナーは、チームが今季ウイリアムズと戦うこと以外には「一切力を入れない」と語った。

マゼピンはイモラで立ち直る……ハース代表、開幕戦ミス連発のルーキーに期待

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、ニキータ・マゼピンは開幕戦のスタート直後にクラッシュしたことで自分を責めたが、再びレースに挑む準備は整っていると語った。

マゼピン、ほろ苦デビューとなった開幕戦に落胆隠せず「完全に僕のミス。チームに申し訳ない」

ハースのニキータ・マゼピンは、1周目のスピンでリタイアとなったデビューレースのバーレーンGPの結果について「自分自身に腹を立てている」と語った。

アルファタウリ・ホンダ、予選Q2ミディアム選択に見える自信……角田の働きにも高評価

アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エジントンは、今季のマシンAT02に期待以上の自信を持っており、新加入の角田裕毅についても、高い評価を下している。

セルジオ・ペレス、レッドブルジュニア選考で“蹴落とされた”苦い思い出を振り返る

レッドブルのセルジオ・ペレスは、15年前にレッドブルジュニアのテストを受けた際に“追い出された”ことがあると振り返った。

ホンダPUのドライバビリティは”完璧”。ガスリー、開幕に向け「ワクワクしたい」

アルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリーは、2021年シーズン用のホンダのパワーユニットについて、ドライバビリティは「これまでのところ完璧」と高い評価を下した。

ニキータ・マゼピン、テスト2日目に「危うくクラッシュするところだった」乱気流の影響を実感

ニキータ・マゼピンはF1プレシーズンテスト2日目に、他車の後方につけた時の挙動を確かめようとした際、危うくクラッシュしそうになったと語った。

ルクレール、苦難の1年を乗り越え前向き「自分のパフォーマンスはF1キャリアベストだった」

フェラーリのシャルル・ルクレールは、クルマのパフォーマンス不足に苦しみランキング8位で終えたものの、自分のパフォーマンスという点では2020年シーズンがF1でのベストだったと考えている。

「より完成されたドライバーになった今なら……!」クビアト、2度目のシート喪失にも前向き

ダニール・クビアトは2021年のF1シートを確保できなかった。しかし直近2年間のF1参戦を通して、以前よりもより完成されたドライバーとなったと感じており、再びトップチームと仕事をする機会があれば、昔とは違ったことになるだろうと考えている。

ハース代表、シューマッハーの仕事ぶりに感銘「彼の人間性が垣間見えた」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ミック・シューマッハーが初めてF1セッションに参加した時のことを振り返り、彼の労働意欲とチームへの溶け込み方が印象的だったと語った。

”マゼピン問題”の結末は非公開の可能性も? ハース代表「全てを客観的に見る」

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、SNSに投稿した動画が問題になっているニキータ・マゼピンの処遇について、結果は非公表のまま終わる可能性があると語る。

「若いドライバーのことは我々の仕事」アルファタウリ、テスト参加の角田を語る

アルファタウリ・ホンダのテクニカルディレクターであるジョディ・エジントンが、12月15日に行なわれる若手ドライバーテストに参加する角田裕毅について語った。

”自主リタイア”を訴えたマグヌッセン「視界が悪すぎて……事故を起こしたくなかった」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ケビン・マグヌッセンが後方視界の悪さから、トルコGPをリタイアしたいと訴えていたと明かした。

全て公開される無線交信……グロージャン「全部放送する意味なんてあるの??」

ハースのロマン・グロージャンは、F1の全ての無線交信がテレビで放送されることについて、あまり好ましく思っていないと語る。

FIA、F1の新型コロナウイルス対策に自信つける「どこの国でもレースができる」

FIAは新型コロナウイルスの対策プロトコルに自信を持っており、政府が許可した国なら”どこでも”F1グランプリを開催できるようになったと考えている。

あわや大惨事。時速250kmでバリアに突っ込んだエイトケン「とても怖かった……」

ジャック・エイトケンは、ソチで行なわれたF2スプリントレースでのクラッシュの原因が、パンクにあることを明らかにした。

ハースの来季ドライバー候補は“10人”? 「選択肢が多いのは良いこと」とチーム代表

ハースのギュンター・シュタイナーは、2021年のドライバー候補がロマン・グロージャン、ケビン・マグヌッセンを含めて10人近くいると語った。

アルファタウリの心強い味方。ピットレーン閉鎖を知らせた“金髪のアメリカ人”とは?

アルファタウリ・ホンダは、メルセデスがF1イタリアGPで犯したような失態を防止するための自動音声システムを、3年前から導入していたことを明かした。

スパF2で今季2度目PP獲得の角田裕毅、アブダビテストでF1ドライブへ?

F2のスパ・フランコルシャン戦で今季2度目のポールポジションを獲得した角田裕毅。その評価は時が経つに連れて高まっている。アルファタウリのフランツ・トスト代表は、シーズン閉幕後のアブダビテストで、角田を起用する可能性を示唆した。

角田は来季F1参戦の準備が整うはず……レッドブル重鎮マルコ、太鼓判

今季FIA F2で活躍する角田裕毅について、レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、このままの活躍を続けていけば、来季にはF1昇格の準備が整うはずだと語った。

ロシアGP、3万人の観客受け入れへ「ドライバーに声援を送れるようになるはず」

F1ロシアGPのプロモーターは、グランドスタンドに通常の50%の観客を入れるなど、合計3万人のファンを迎え入れる形でレースを開催することを目指している。

5番手発進も結果は14位……「ベッテルのようなスピンで傷口に塩を塗った」とリカルド

ダニエル・リカルドは、F1 70周年記念GPでのスピンによって傷口に塩を塗るような展開になってしまったと語った。

フェルスタッペンもやってたじゃないか! グロージャン、幅寄せで警告受けるも反省なし

ロマン・グロージャンは、F1イギリスGPで黒白旗を提示されたにも関わらず、そのディフェンシブなドライビングに後悔はないと語った。

マグヌッセン、接触したアルボンの動きを“判断ミス”と批判「彼は待つべきだった」

ケビン・マグヌッセンは、F1イギリスGPでアレクサンダー・アルボンがオーバーテイクを試みたことは“判断ミス”であったと非難した。

コロナ陽性のペレス代役、候補にヒュルケンベルグが浮上? 衝撃のF1復帰なるか

セルジオ・ペレスが新型コロナウイルス陽性と診断されたことを受けて、ニコ・ヒュルケンベルグが代役候補に挙がっているようだ。

グロージャン、チームの将来を疑った発言を謝罪「ドキュメンタリーのネタにされたくない!」

ロマン・グロージャンは、ハースのF1における将来を疑ったコメントをしたことについて、チームに謝罪した。

これ以上の問題発生を回避するため……ガスリー、パワーユニット交換へ

ホンダは、アルファタウリのピエール・ガスリーのマシンに、F1ハンガリーGPの予選で繰り返し問題が発生したことを受け、パワーユニットを交換することを決断した。

恐れていた“速さ”……ピンク・メルセデス、トップ3に食い込む可能性をライバル指摘

“ピンク・メルセデス”と揶揄されていたレーシングポイントの新車RP20の速さの一端がF1オーストリアGP初日の走行で明らかになった。ライバルはレーシングポイントが本当にトップ3へ食い込む可能性があると認識している。

F1仕事の流儀:フィジオ編「ドライバーの“右腕”として、心身共にサポート」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はカルロス・サインツJr.担当フィジオ(トレーナー)、ルパート・マンウェアリングだ。

フェラーリ離脱が決まり“肩の荷が下りた”ベッテル、2020年は飛躍の年に?

元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、既にフェラーリ離脱が決まっているセバスチャン・ベッテルが昨年以上のパフォーマンスを見せるのではないかと予想している。

F1仕事の流儀:チーフメカニック編「機械だけでなく、人を動かす力が重要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はハースのチーフメカニック、マット・スコットに話を聞いた。

F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファタウリF1でコミュニケーション部門の責任者を務めるファビアナ・ヴァレンティに話を聞いた。

アイルトン・セナ、運命の選択。ホンダへの”忠誠”で選んだマクラーレン残留

アイルトン・セナは、1992年にウイリアムズへと移籍する準備ができていたものの、ホンダへの忠誠心から、マクラーレンに残ったと元マネージャーが語った。

F1仕事の流儀:ヘルメットマネージャー編「常に“答え”を持っていることが重要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はBELLヘルメットのレーシングマネージャーを務めるマイケル・オーメントに話を聞いた。

ハイドフェルド、クビサの見解に反論「BMWが僕を贔屓していたというのは間違い」

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、BMWがドイツ人ドライバーであるハイドフェルドの方を贔屓していたという、かつてのチームメイトであるロバート・クビサの考えを否定した。

F1仕事の流儀:レースエンジニア編「我々はオーケストラの指揮者」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファロメオでキミ・ライコネンのレースエンジニアを務めるジュリアン・シモン-ショータンに話を聞いた。

ハミルトン、F1初テストで見せた”大器”の片鱗。デ・ラ・ロサが当時を振り返る

ペドロ・デ・ラ・ロサは、ルイス・ハミルトンが初めてF1マシンに乗った際、すぐに素晴らしい才能を持っていると感じたという。

トップタイムのクビサ、未体験の速さにひるむ?「一瞬思考が停止した」

プレシーズンテスト2回目初日のトップタイムを記録したロバート・クビサは、これまで体験したことがなかった速さに対応するのが難しかったと語ったが、マシンはさらなるポテンシャルを秘めていると考えている。

メルセデスの革新的デバイス『DAS』、2021年シーズンから禁止へ

FIAはメルセデスが持ち込んだDAS(二重軸ステアリング)の使用を2020年末まで許可するが、2021年以降は禁止する方向で調整しているようだ。

「全ての材料が揃った」アルファタウリ代表”ランク5位”目指す意味を語る

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、「ランキング5位を目指す」と発言した意味を解説。それを達成するために必要な”全ての材料”が揃ったと語った。

ドライビングの仕方を忘れるわけ無いだろう! ガスリー、“馬鹿げた批判”を燃料に奮起

昨シーズン、トロロッソへの降格を経験したピエール・ガスリーは、“ドライビングの仕方を忘れている”という馬鹿げた批判を否定するために、これまでに培ったファイティングスピリットを使う必要があったと話した。

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダから2020年のF1に参戦するピエール・ガスリーは、最高と最低の瞬間を経験した2019年シーズンは、ハリウッド映画のようだったと語った。

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は2019年シーズンのレース終了後に、度々Sadeの“Smooth Operator”を歌ってきた。曰く、イギリスGPの移動中に耳にしたことがそのきっかけだったという。

F1再復帰の可能性はゼロじゃない……クビサ、再挑戦の希望捨てず

2019年限りでF1のシートを失ったロバート・クビサ。彼は将来的にF1復帰の可能性があると考えているが、それは自分でコントロールできるものではないと話した。

レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、2020年の角田裕毅に大きな期待

レッドブルのレーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季FIA F3に参戦した角田裕毅について、F1ドライバーになれるポテンシャルがあると信じている。

”躍進”のトロロッソ、ホンダF1の進歩に賛辞「ホンダPUの前進は大きい」

トロロッソのフランツ・トスト代表は、チームが好調なのはホンダの進歩が大きく影響していると語った。

「ヒュルケンベルグにシートがないなんて……」ペレス、F1の現状を悲しむ

セルジオ・ペレスは、ニコ・ヒュルケンベルグが2020年のF1シートを獲得できなかった場合、F1の悲しい現状を示していると語った。

「F1は考え直す時が来た」ヴルツ、ランオフエリアの”バランス”改善を提言

アレクサンダー・ヴルツは、F1を開催するサーキットはアスファルトのランオフとグラベルトラップをもっとうまく組み合わせる必要があると語った。

ホンダと組む限り、アロンソ加入は絶対ない……レッドブルが主張

レッドブルのモータースポーツ・アドバイザーであるヘルムート・マルコは、フェルナンド・アロンソを不振が続くピエール・ガスリーと置き換えることは絶対にないと語る。

フェルスタッペンの猛追を後押しした”モード11”。悪影響なしとレッドブル首脳

レッドブルのヘルムート・マルコは、オーストリアGP終盤でマックス・フェルスタッペンが使用したエンジンモードは今後のレースに悪影響を及ぼさないと話した。