Oleg Karpov
執筆者

Oleg Karpov

Latest articles by Oleg Karpov

グリッド
リスト

シューマッハー、フェラーリ早期昇格の道途絶えるもサインツJr.の契約延長は「当然の結果」

ハースF1のミック・シューマッハーは、カルロス・サインツJr.のフェラーリとの契約延長により、自身のキャリアが「大きく変わる」ことはなく、フェラーリにとっては「当然のステップ」だと考えている。

ハミルトンを抑え込むのは”難しくなかった”ガスリー「僕も彼と同じくらい苛立っていたんだ!」

アルファタウリのピエール・ガスリーは、F1エミリア・ロマーニャGPの決勝レースで、メルセデスのルイス・ハミルトンを抑え込むのは「それほど難しいことはなかった」と語る。

周冠宇、F1エミリア・ロマーニャGP決勝はピットレーンからのスタートへ……スプリントでのクラッシュが影響

アルファロメオの周冠宇は、F1エミリア・ロマーニャGPのスプリントでクラッシュした後、その修復のためにパルクフェルメ制限下でマシンに手を加えたため、決勝レースをピットレーンからスタートすることになった。

4輪転向のロッシ、DTM参戦は”まだ”早い? 運営のベルガー「クルマに慣れる時間が必要」

DTMを率いるゲルハルト・ベルガーは、2022年から4輪レースへの本格挑戦を開始したMotoGPレジェンドのバレンティーノ・ロッシについて、DTMへ参戦する前にGT3マシンでのレースにより慣れる時間が必要だと話した。

ボッタス、スタート大失敗はクラッチのトラブルが原因「50%の確率で起きるんだ……」

アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、バーレーンGPで発生したスタートの出遅れは、プレシーズンテストから既知の問題が原因だったと明かした。

元F1ドライバーのベルガー、アストンマーチン新代表の手腕に疑問符「彼とチームが進むべき道を見いだせない」

元F1ドライバーのゲルハルト・ベルガーは、DTMでの成績を考えると、BMW出身のマイク・クラック代表主導のアストンマーチンには「進むべき道」は見えないと語った。

F1最年長アロンソには、まだ”王者になる力”がある! 元F1ドライバーのブランドル持論

元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、現在40歳のフェルナンド・アロンソには、適切なマシンがあれば今も世界チャンピオンとなれる力があると語っている。

テストでトラブル続出のアルファロメオ。「何よりレースを走り切れるかが心配」とボッタス

アルファロメオのバルテリ・ボッタスは、F1プレシーズンテスト中にさまざまな問題が発生したため、レース距離を走りきれるかどうかが「一番の心配事」だという。

マグヌッセン、”追加走行”でテスト2日目トップタイム記録「嬉しいけど、夢中になってはいけない」

バーレーンで行なわれているF1プレシーズンテスト2日目、ハースはセッション終了後に1時間の追加走行を行ない、ケビン・マグヌッセンがトップタイムを上回った。

マゼピンが考えるハースF1での2年目に必要なこと「チーム全員との絆を深めなきゃ」

ハースのニキータ・マゼピンは、F1での2シーズン目にパフォーマンスを向上させるためには、チームとのやりとりを改善する必要があると語る。

マゼピン、僚友シューマッハーとの関係を語る「難しい時期もあったけど、今は“ニュートラル”な関係」

ニキータ・マゼピンは、ハースのチームメイトであるミック・シューマッハーとはルーキーシーズンに難しい時間を過ごしたものの、今は“とてもニュートラルな関係”だという。

2年目迎えるマゼピン、2022年は自信アリ! 「中段争いに向け100%準備ができている」

ハースF1のニキータ・マゼピンは来たるF1での2シーズン目では、チームが改善したマシンを持ち込めば、中段を争う準備は100%整っていると語った。

ハース“2年ぶりの新作”、2022年マシンがクラッシュテストに合格。ただ大幅な戦闘力アップは望めない?

ハースF1チームは、2022年マシンがクラッシュテストに合格したことを明らかにした。

マクラーレン代表、F1の無線公開に意見「レースコントロールとのやり取りは放送されるべきでない」

マクラーレンのアンドレアス・ザイドル代表は、チームとFIAのレースコントロールの間で交わされる微妙なコミュニケーションをテレビで放送すべきではないと考えている。

マクラーレンF1代表、赤旗中断時のルール変更が必要と主張「見直すべき時が来ている」

マクラーレンのチーム代表であるアンドレアス・ザイドルは、F1の赤旗中断時のルールについて見直すべきだという、チームのドライバーであるランド・ノリスの訴えを支持すると語った。

レッドブル、サウジアラビアGPの裁定に納得できず「メルセデスと同じように扱われていない」

レッドブルのヘルムート・マルコは、F1サウジアラビアGPでの裁定をめぐり、レッドブルがスチュワードからメルセデスと同じ扱いを受けていないと不満を訴えた。

マゼピン、父提案の”ボーナス制度”は「真剣にスタッフのことを考えたモノ」

ハースのニキータ・マゼピンの父は最近、チームスタッフに対するモチベーションアップのためにインセンティブを提案している。マゼピンはこうしたアイデアについて、現在のF1スタッフが直面しているプレッシャーに対する真剣な懸念から来たものだと語った。

デイモン・ヒルの頭をよぎる、1994年のF1タイトル争い「納得できない結末はもうたくさんだ!」

1996年のF1王者であるデイモン・ヒルは、ハミルトンとフェルスタッペンのタイトル争いが残念な結末にならないように、FIAはできる対策をするべきだと語った。

超熾烈な2021年タイトル争い、鍵を握るのはボッタス?……元F1ドライバー、ブランドルの指摘

元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、今季のような僅差のタイトル争いではセカンドドライバーが重要だと指摘。その中でも、残り2戦ではメルセデスのバルテリ・ボッタスが大きな鍵を握っている可能性が高いと語る。

残り2戦、有利なのはメルセデス? ブランドル「ハミルトンのギヤはオーバードライブに入っている」

元F1ドライバーのマーティン・ブランドルは、シーズン残りの2レースはメルセデスが有利だと考えており、ルイス・ハミルトンが”オーバードライブ”状態になっていると語った。

サインツJr.、フェルスタッペンとハミルトンの”ターン4”は「グラベルがあれば問題になっていない」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、サンパウロGPで物議を醸したハミルトンとフェルスタッペンのターン4での攻防は、グラベルトラップが必要な完璧な例だと語った。

アルピーヌ、チームランキング5位を争うアルファタウリ・ホンダを“チーム力”で討つ「彼らは1台、僕らは2台で戦える」

エステバン・オコン(アルピーヌ)はF1サンパウロGP決勝で、チームメイトであるフェルナンド・アロンソと共に直接のライバルであるピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)を打ち負かすために、チーム戦術を「限界まで」推し進めたと語った。

貨物の到着遅延で、サンパウロGPはF1チームにとってはキツい週末に。ハース代表「かなり厳しい」

ハースF1のチーム代表であるギュンター・シュタイナーは、メキシコからの荷物の到着が遅れたため、サンパウロGPに向けては各F1チームは「かなり厳しい」週に直面する可能性があると考えている。

ペレス、予選後まで”チームオーダー”については考えず「チームは僕も全面的にサポートしてくれる」

レッドブルのセルジオ・ペレスは、地元メキシコGPでのチームオーダー発令の可能性について、レース前夜までチームと話し合う意味はないと考えている。

唯一来季の進路が決まっていないジョビナッツィ、F1シートの残り1席を懸けて走る中で「プレッシャーはもちろん感じている」

アルファロメオのアントニオ・ジョビナッツィは、未だ2022年以降のドライバー契約が決まっていないことにプレッシャーを感じていると語った。

ハースF1小松礼雄エンジニア、新人シューマッハーを語る「彼は常に成長しようとしている」

F1トルコGPで予選Q2に進出するなど、厳しい状況にも関わらず輝きを見せるミック・シューマッハー。そんなシューマッハーについて、同チームのレースエンジニアである小松礼雄は「常に前進している」と語った。

ハースF1、トルコGPでのQ2進出に満足「良いマシンがあれば、我々は入賞に届く」

ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表は、F1トルコGPでの自身のチームのパフォーマンスは、競争力のあるマシンを開発することさえできれば、定期的にポイントを争うことができるという信念を与えられることになったと語る。

殊勲のQ2進出果たしたシューマッハー「自分の能力を疑ったことはない」と自信のぞかせる

F1トルコGPの予選で際立ったパフォーマンスを見せたミック・シューマッハーは、自分がF1で活躍できることを疑ったことはないと語った。

オコン、アロンソとの”奇妙”なペース差に困惑「フィーリングは良いのに……ペースがかなり足りない」

アルピーヌのエステバン・オコンは、チームメイトのフェルナンド・アロンソとほぼ同じマシンセットアップであるにも関わらず、ペース差が開いていることに困惑しているという。

アロンソ、ロシアGPのパフォーマンスに手応えアリ「今季最高のレースだった。ポジティブな兆候だ」

フェルナンド・アロンソは、アルピーヌF1チームにとって、ロシアGPはこれまでのシーズンで最高のレースだったと考えている。

マゼピン、軽量シャシーを手に入れ”ペース改善”に自信「平等な立場を得るために戦ってきた」

ハースのニキータ・マゼピンは、ベルギーGP以降軽量化された新しいシャシーを使っており、このことが予選でのペースを”大幅に改善”したと確信している。

アロンソ、F1のさらなる均衡を求む「今は速いマシンに乗っていれば95%表彰台に上れる」

フェルナンド・アロンソは、F1はチーム間のマシンパフォーマンスをより均等にして、多くのマシンが表彰台争いに関われるようにすべきだと考えている。

フェルナンド・アロンソ、チームの働きを絶賛「僕らは中団最速のマシンじゃないけど、中団最高のチームだ」

フェルナンド・アロンソは、アストンマーチンやアルファタウリのような速いマシンを手にしていないにもかかわらず、今季のアルピーヌは中団グループで最高のチームだと考えている。

古巣マクラーレンの復活をサインツJr.祝福「今の僕らには厳しい結果だけど……素晴らしいことだ」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イタリアGPでマクラーレンが勝ったことは、フェラーリにとっては痛手ではあるものの、自身にとっての古巣が勝利したのは喜ばしいことだと語った。

ウイリアムズCEO、ラティフィの仕事ぶりに感銘「ラッセルとの差は、人々が考えるほど大きくない」

ウイリアムズのCEOであるヨースト・カピトは、現在のチームのドライバーであるジョージ・ラッセルとニコラス・ラティフィのパフォーマンス差は、人々が思っているほど大きくはないと語る。

ルクレール&サインツJr.、スプリント・フォーマットの”金曜日”に高評価も「土曜日はどうにかしないと」

フェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツJr.は、F1グランプリの金曜日はスプリントレースのフォーマットで大幅に改善されると考えている。

アロンソ、スチュワードの裁定に異議。フェルスタッペンvsハミルトンのクラッシュは「お互いにすべきことをした」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、F1イタリアGPで起きたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)とルイス・ハミルトン(メルセデス)のクラッシュについて、「彼らはすべきことをした」と考えていると語る。

カルロス・サインツJr.、相次ぐクラッシュの連鎖”ストップ”を誓う「すぐに同じようなことは起こさない」

フェラーリのカルロス・サインツJr.は、F1イタリアGPのフリー走行2回目でクラッシュを起こしたが、既に学習プロセスを進めており、すぐに再びクラッシュするようなことはないと誓った。

アロンソ、2023年以降のF1参戦は”自分とチームの進歩次第”「良い仕事ができないと感じたら、自分からやめる」

アルピーヌとの契約を延長したフェルナンド・アロンソは、自身とチームが向上し続ける限り、2022年以降もF1に留まらない理由はないと語った。

ロバート・クビサ、代役出場のオランダGPは満足感のある週末に「F1復帰後初めて“レース”をしている実感があった」

キミ・ライコネンの代役としてF1オランダGPに出走したロバート・クビサは、15位で完走した決勝を終えて「2010年以来初めてF1でレースをしている実感があった」と語った。

シューマッハー、オランダGP決勝でのマゼピンの危険な動きに怒り。しかしハース代表は「誰にも非はない」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ミック・シューマッハーがオランダGP決勝でのニキータ・マゼピンの“危険な”動きに怒っている一方で、誰にも責任はないと考えている。

ボッタス、2022年は”これまでになかった”複数年契約を希望「一緒に仕事をして楽しいプロジェクトがいい」

2022年以降の去就が注目されるバルテリ・ボッタスは、契約の一部として複数年契約を確保したいと考えており、来季の可能性についてワクワクしていると語った。

セバスチャン・ベッテル、ハンガリー失格を今も悔やむも「もう少し燃料残量の許容範囲が広ければ……」

アストンマーチンF1のセバスチャン・ベッテルは、ハンガリーGPを2番手でフィニッシュしながら失格となったことを受け、燃料の最低残量に関する要件に対して、より寛容にするべきだと考えている。

相次ぐクラッシュに堪忍袋の緒が切れる? ハースF1代表「あまりに頻繁で厳しすぎる」

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、2021年シーズンはクラッシュが頻繁に発生しており、厳しい負担になっていると語っている。

コンストラクターズ5番手争うアルピーヌ、チーム1番の武器は“ファイティングスピリット”?

アルピーヌF1は2021年シーズンの戦いで5番手を争っているが、エステバン・オコンはチームの“ファイティングスピリット”が大きな強みになるだろうと考えている。

日本人F1チーフエンジニア、小松礼雄が語るミック・シューマッハー「寛大で意欲的な姿勢に皆助かっている」

ハースF1のチーフ・レースエンジニアである小松礼雄は、ミック・シューマッハーのオープンで建設的なアプローチは、ハースのチーム内「全ての人が助かっている」と証明したと語る。

シートの問題に”苦しむ”シューマッハー。ハースはハンガリーGPまでに対策完了予定

ミック・シューマッハーは、今季F1デビューを果たして以来ずっと曲がったシートポジションでマシンに乗っていたが、所属チームのハースは、ハンガリーGPまでにその問題を解決する予定だ。

アロンソ、7月29日に40歳”大台”の誕生日「あんまり歳のことは言わないで……それはただの数字だよ」

アルピーヌのフェルナンド・アロンソは、7月29日に40歳の誕生日を迎えるが、年齢はただの数字だと言い、今も25歳の頃と同じような感じだと主張する。

ハースF1、ミック・シューマッハーとの契約延長を希望も「フェラーリも交えた三者間での交渉……細部まで気を遣わねば」

ハースF1チームの代表であるギュンター・シュタイナーは、ミック・シューマッハーと2022年のドライバー契約を結ぶことができるのを期待していると語る。

スプリント予選レースもっと見たい?「F1ファンに聞いてみるべき」とアロンソ

F1第10戦イギリスGPのスプリント予選レースで大きく準備を上げたアルピーヌのフェルナンド・アロンソは、新フォーマット自体には好印象を抱いているものの、その是非はファンに委ねるべきだと考えている。

シューマッハーのマシンよりも”4kg”重い? マゼピン「走る前に飲む水を減らすことだってあるのに……」

ハースのニキータ・マゼピンは、現在走らせているマシンは、チームメイトであるニック・シューマッハーのそれよりもかなり重いと語った。

ミック・シューマッハー、パルクフェルメでの“観察”は父譲り?「とても興味深いから続けていくつもり」

ミック・シューマッハーは、パルクフェルメでライバルのマシンを観察する自身の習慣について、他チームについての知識を得られる絶好の機会だと考えている。

イゴラ・ドライブ、2023年からのロシアGP開催に向け“ジェットコースター区間”をコースに追加

F1ロシアGPのプロモーターは、2023年のF1開催に向けイゴラ・ドライブ・サーキットのコース全長を1km延長し、最終区間に修正を加えると明らかにした。

F1ロシアGP、将来的にイゴラ・ドライブとソチで交互開催もあり得る?「可能性は残っている」

F1ロシアGPのプロモーターは、新開催地であるイゴラ・ドライブとソチで交互にグランプリを開催する可能性は完全には閉ざされていないと明かした。

マゼピン、“マゼスピン”とイジられても笑顔! 「彼はみんなが思うほど嫌な奴ではない」とハース代表

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ニキータ・マゼピンの人間性について、一部の人たちが考えるような「どうしようもない人間」ではないと語った。

角田裕毅、シュタイアーマルクGPでの10位に満足も「より良いポジションにたどり着く別の方法もあった」

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、F1シュタイアーマルクGPを10位でフィニッシュした。角田は今回の結果に満足しており、次も同じアプローチをして、ミスのない週末を目指すと語った。

チーム内バトルが多いのは最後尾だから?ハースF1代表「シューマッハーとマゼピンの間に“報復合戦”はなし」

ハースF1のチーム代表を務めるギュンター・シュタイナーは、ここ数戦チームメイト同士でのバトルが繰り広げられているものの、“報復合戦“には発展していないと語った。

角田裕毅、シュタイアーマルクGPではグリッド降格も今季2度目の予選Q3進出「フランスまでとはアプローチを変えた」

F1シュタイアーマルクGPの予選で8番手タイムを記録したアルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、前戦までとはアプローチを変えたことが、この好結果に繋がったと語る。

F1ロシアGP、ソチでの開催は2022年まで……2023年からはサンクトペテルブルグ郊外の新サーキットに”移動”

F1は、2023年からサンクトペテルブルク近郊にある新サーキット、イゴラ・ドライブでロシアGPを開催すると発表した。

ミック・シューマッハー、前々からシート位置に違和感が? ハースは母コリーナの指摘で初めて問題を把握

ハースのギュンター・シュタイナー代表は、ミック・シューマッハーのシートポジションに問題があることを、シューマッハーの母であるコリーナから聞いて初めて把握したという。