F1
21 5月
-
24 5月
イベントは終了しました
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
MotoGP
R
イタリアGP
28 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
カタルニアGP
04 6月
-
07 6月
次のセッションまで……
2 days
スーパーGT
29 5月
-
31 5月
イベントは終了しました
R
ブリーラム
03 7月
-
05 7月
次のセッションまで……
31 days
スーパーフォーミュラ
17 5月
-
17 5月
イベントは終了しました
20 6月
-
21 6月
次のセッションまで……
18 days
Oleg Karpov
執筆者

Oleg Karpov

Oleg Karpovの最新ニュース

グリッド
リスト

F1仕事の流儀:ピレリのエンジニア「空力より、タイヤの理解が成功の鍵だ」

F1には、テレビには映らずとも、実に多くの人々が関わっている。彼らがいなければ、グランプリサーカスが世界を転戦することはできない。今回はピレリのチーフ・レースエンジニアであるマヌエル・ムニョスの仕事をご紹介しよう。

F1仕事の流儀:広報責任者編「人間関係が最も大事。携帯はいつでも電源オン」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファタウリF1でコミュニケーション部門の責任者を務めるファビアナ・ヴァレンティに話を聞いた。

アイルトン・セナ、運命の選択。ホンダへの”忠誠”で選んだマクラーレン残留

アイルトン・セナは、1992年にウイリアムズへと移籍する準備ができていたものの、ホンダへの忠誠心から、マクラーレンに残ったと元マネージャーが語った。

F1仕事の流儀:ヘルメットマネージャー編「常に“答え”を持っていることが重要」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はBELLヘルメットのレーシングマネージャーを務めるマイケル・オーメントに話を聞いた。

ハイドフェルド、クビサの見解に反論「BMWが僕を贔屓していたというのは間違い」

元F1ドライバーのニック・ハイドフェルドは、BMWがドイツ人ドライバーであるハイドフェルドの方を贔屓していたという、かつてのチームメイトであるロバート・クビサの考えを否定した。

F1仕事の流儀:レースエンジニア編「我々はオーケストラの指揮者」

F1サーカスに関わる人間の中で、テレビに映る者はごくわずかだ。このシリーズでは、F1に関わる様々な人々に密着していく。今回はアルファロメオでキミ・ライコネンのレースエンジニアを務めるジュリアン・シモン-ショータンに話を聞いた。

F1テスト日数削減は悪手なのか? ウイリアムズ副代表「若手にとっても問題」

ウイリアムズF1のクレア・ウイリアムズ副代表は、F1のプレシーズンテストが6日間に縮小されたことが良くないと考えており、若手ドライバーにとってもプラスにはならないと語った。

F1アゼルバイジャンGPも開催延期を決断か? 早ければ月曜日にも発表との情報

新型コロナウイルスの影響で、開幕7戦が延期もしくは中止となっている2020年のF1。しかし、その開幕はさらに遅れる見通しだ。現時点で開幕戦となる予定のアゼルバイジャンGPの開催延期も、早ければ月曜日にも発表されそうだ。

ハミルトン、F1初テストで見せた”大器”の片鱗。デ・ラ・ロサが当時を振り返る

ペドロ・デ・ラ・ロサは、ルイス・ハミルトンが初めてF1マシンに乗った際、すぐに素晴らしい才能を持っていると感じたという。

トップタイムのクビサ、未体験の速さにひるむ?「一瞬思考が停止した」

プレシーズンテスト2回目初日のトップタイムを記録したロバート・クビサは、これまで体験したことがなかった速さに対応するのが難しかったと語ったが、マシンはさらなるポテンシャルを秘めていると考えている。

メルセデスの革新的デバイス『DAS』、2021年シーズンから禁止へ

FIAはメルセデスが持ち込んだDAS(二重軸ステアリング)の使用を2020年末まで許可するが、2021年以降は禁止する方向で調整しているようだ。

「全ての材料が揃った」アルファタウリ代表”ランク5位”目指す意味を語る

アルファタウリ・ホンダのチーム代表であるフランツ・トストは、「ランキング5位を目指す」と発言した意味を解説。それを達成するために必要な”全ての材料”が揃ったと語った。

ドライビングの仕方を忘れるわけ無いだろう! ガスリー、“馬鹿げた批判”を燃料に奮起

昨シーズン、トロロッソへの降格を経験したピエール・ガスリーは、“ドライビングの仕方を忘れている”という馬鹿げた批判を否定するために、これまでに培ったファイティングスピリットを使う必要があったと話した。

ハリウッド映画のようだった……ガスリー、激動の2019年を振り返る

トロロッソ改めアルファタウリ・ホンダから2020年のF1に参戦するピエール・ガスリーは、最高と最低の瞬間を経験した2019年シーズンは、ハリウッド映画のようだったと語った。

”ニューカルロス”誕生! 複数年契約が、サインツJr.を強くした?

カルロス・サインツJr.は、マクラーレンと長期契約を結んだことで、2019年シーズンに自分ができることを示す”チャンス”が与えられたと語る。

「スムースオペレータ〜♪」サインツJr.、“鉄板無線ネタ”の誕生秘話明かす

マクラーレンのカルロス・サインツJr.は2019年シーズンのレース終了後に、度々Sadeの“Smooth Operator”を歌ってきた。曰く、イギリスGPの移動中に耳にしたことがそのきっかけだったという。

F1再復帰の可能性はゼロじゃない……クビサ、再挑戦の希望捨てず

2019年限りでF1のシートを失ったロバート・クビサ。彼は将来的にF1復帰の可能性があると考えているが、それは自分でコントロールできるものではないと話した。

ドーピング問題に揺れるロシア。F1開催継続を主催者が主張

組織的なドーピングに対する処罰としてオリンピックなどの主要大会への出場や開催を禁じられたロシア。しかし、F1ロシアGPの主催者は2020年以降の開催に問題は生じないと語った。

レッドブル重鎮ヘルムート・マルコ、2020年の角田裕毅に大きな期待

レッドブルのレーシングアドバイザーであるヘルムート・マルコは、今季FIA F3に参戦した角田裕毅について、F1ドライバーになれるポテンシャルがあると信じている。

”躍進”のトロロッソ、ホンダF1の進歩に賛辞「ホンダPUの前進は大きい」

トロロッソのフランツ・トスト代表は、チームが好調なのはホンダの進歩が大きく影響していると語った。

サインツJr.、DRS使用違反を疑われるも、”幸運な”初表彰台が確定

ルイス・ハミルトンにペナルティが科されたことで3位に繰り上がったマクラーレンのカルロス・サインツJr.。彼もDRSの不正使用の疑いがかけられたが、問題なかったことが確認されたため、3位表彰台が確定した。マクラーレンにとっても5年ぶりの表彰台となった。

こういう裁定がF1をダメにしているんだ! クビアト、スチュワードに噛み付く

ダニール・クビアトは、メキシコGPで10秒のタイム加算ペナルティを受けたことに納得しておらず、スチュワードに対して不満を漏らした。

グロージャン激白。ルノーの”ドライバー補助”ブレーキ、ロータス時代から使用?

ロマン・グロージャンは、日本GPでルノーが失格となった原因のブレーキシステムが2015年から使用されていたと明かした。

「ヒュルケンベルグにシートがないなんて……」ペレス、F1の現状を悲しむ

セルジオ・ペレスは、ニコ・ヒュルケンベルグが2020年のF1シートを獲得できなかった場合、F1の悲しい現状を示していると語った。