F1
14 11月
-
17 11月
イベント 進行中 . . .
28 11月
-
01 12月
イベント 進行中 . . .
MotoGP
01 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
15 11月
-
17 11月
イベントは終了しました
スーパーGT
02 11月
-
03 11月
イベントは終了しました
スーパーフォーミュラ
26 10月
-
27 10月
イベントは終了しました

砂漠の真っ只中に17時間……バトン、メキシコ”超過酷”レースに挑むもリタイア

シェア
コメント
砂漠の真っ只中に17時間……バトン、メキシコ”超過酷”レースに挑むもリタイア
執筆:
2019/11/26 8:47

2009年のF1王者であり今季までスーパーGTを戦ったジェンソン・バトンが、メキシコで行われているバハ1000でオフロードレースデビューを果たしたが、デファレンシャルのトラブルによりストップ。砂漠の真っ只中で17時間を過ごし、一夜を明かしたという。

 2009年のF1王者であり、今シーズンまでスーパーGTを戦ったジェンソン・バトンは、メキシコで行われた伝統のオフロードレース”第52回バハ1000”に参戦。しかしデファレンシャルのトラブルに見舞われ、リタイアとなった。バトンはこのトラブルのせいで、17時間同じ場所にスタック。砂漠の真ん中で一夜を過ごすことになったという。

 バハ1000は1967年から開催されている、伝統のオフロードレース。800.5マイル(1280km)を34時間という制限時間内にゴールするというレース。昼夜問わず一気に駆け抜けることになるため、実に過酷なレースであると言える。2019年のバハ1000には264台がエントリーしたが、完走は124台……半数以上がリタイアを喫していることからも、その過酷さが垣間見える。

 バトンはこのレースのトロフィー・トラック・スペック・クラスにシボレーのマシンを駆って参戦。そのマシンは、バトンが2009年にF1タイトルを獲得した時のマシン、ブラウンGP BGP001に似たカラーリングに塗られていた。

 しかし残念ながらリタイアに終わってしまった。

「僕らはバハ1000を終えたけど、求めていたような結果ではなかった。それでもやはり、バハには素晴らしい物語がある」

 そうバトンはインスタグラムに投稿した。

「順調なスタートを切り、そして走っているトラックを5台ほど抜いた。さらに7台か8台の壊れたり、クラッシュしたマシンも抜いていった。トラックを労わる、本当に良いリズムを見つけることができたんだ。そして必要に応じて、高速のセクションでアタックした」

「235マイル走ったあたりで、僕と僕のコ・ドライバーであるテリー・マッデンは、本当に大きな音を聞いた。そして、駆動力を失ってしまった。ディファレンシャルが壊れたんだ」

「奇妙なことに、全ての温度は良好だったし、トラックを労ってもいた。でも、こういうことが起きてしまうんだ。問題だったのは、僕らはすごく厄介な所でマシンが動かなくなってしまったことだ。そのことは、僕らが一晩中、星空の下で過ごさなければいけなかったということを意味する。合計17時間をそこで過ごしたんだ」

「僕らがその間に唯一見た人間は、ライトバーを拭くように頼んできた他のレーサーだけだった」

「僕らはエネルギーバーで空腹を満たし、そして火を焚いていた。でも見つけることができたのは小枝だけだったから、常にくべていく必要があったんだ。でも僕はテリーと、平穏な瞬間をただ楽しむことができた。いくつか話をしたけど、いつも『これがバハだね』で終わったんだ」

「人生にとって貴重な経験だった。期待したような結果ではなかったけどね」

Read Also:

次の記事
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ Offroad
ドライバー ジェンソン バトン 発売中
執筆者 Jack Benyon