予選レポート
Moto3 Portimão

Moto3ポルトガル予選|山中琉聖、Q2進出も17番手。ポールポジションはホセ・アントニオ・ルエダ

MotoGP第2戦ポルトガルGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのはホセ・アントニオ・ルエダだった。

Jose Antonio Rueda, Red Bull KTM Ajo

 アルガルヴェ・インターナショナル・サーキットでMotoGP第2戦ポルトガルGPのMoto3クラス予選が行なわれた。ポールポジションを獲得したのは、ホセ・アントニオ・ルエダ(Red Bull KTM Ajo)だった。

 Moto3クラスに参戦する日本人ライダーは、山中琉聖(MT Helmets MSI)と鈴木竜生(Liqui Moly Husqvarna Intact GP)、そして開幕戦で3位表彰台を得た古里太陽(Honda Team Asia)の3人。いずれも、ポルトガルGPでは予選Q1からの参加となった。

 Q1のアタックが進む中、日本勢でまずQ2進出枠となるトップ4に食い込んできたのは古里。続けて山中もアタックをまとめあげ、1分47秒979をマーク。トップタイムとした。一方で古里はライバルたちのタイム更新に伴い、5番手まで位置を下げた。

 Q1後半へ入りさらにアタックが続けられたが、鈴木は後半にかけてタイムを縮められれず、6番手。古里も自己ベストを更新できず7番手で予選Q1敗退に終わった。

 一方で山中が記録したタイムを超えてくるライダーは現れなかったため、彼がトップタイムでQ2への進出を決めた。

 Q2に進出した山中だが、中盤までのアタックではQ1で自身が記録したタイムを上回ることができず、16番手タイムとタイムシートの下方に留まった。

 山中はアタックを継続して最後は自己ベストを更新。1分47秒871までタイムを縮めた。しかしQ2を走るライバルの層は厚く、山中は17番手で予選を終えた。

 予選で最速タイムとなる1分46秒379を記録しポールポジションを獲得したのは、ホセ・アントニオ・ルエダだ。2番手にはジョエル・ケルソ(BOE Motorsports)、3番手にはダビド・アロンソ(CFMOTO Aspar Team)が並んだ。

   
1
 - 
5
   
   
1
 - 
2
   
順位 ライダー # バイク 周回数 タイム 前車との差 平均速度 スピードトラップ
1
Jose Antonio KTM
99 KTM 7

1'46.379

  158.512  
2 Australia Joel Kelso BOE Motorsports 66 KTM 7

+0.059

1'46.438

0.059 158.424  
3
David Alonso CFMOTO Gaviota Aspar Team
80 CF MOTO 7

+0.118

1'46.497

0.059 158.336  
4 Spain Daniel Holgado Red Bull GASGAS Tech3 96 GASGAS 7

+0.168

1'46.547

0.050 158.262  
5 Italy Riccardo Rossi CIP 54 KTM 7

+0.438

1'46.817

0.270 157.862  
6
Collin Veijer Liqui Moly Husqvarna Intact GP
95 Husqvarna 7

+0.495

1'46.874

0.057 157.778  
前の記事 Moto3カタール決勝|ホンダの古里太陽、優勝争い演じ3位を獲得! 優勝はダビド・アロンソ
次の記事 Moto3ポルトガル決勝|接戦を抑えきってダニエル・オルガドが優勝。日本勢最上位は13位鈴木竜生

Sign up for free

  • Get quick access to your favorite articles

  • Manage alerts on breaking news and favorite drivers

  • Make your voice heard with article commenting.

Motorsport prime

Discover premium content
登録

エディション

日本 日本