MotoGP
R
ドイツGP
18 6月
Canceled
25 6月
Canceled
R
フィンランドGP
09 7月
Canceled
14 7月
イベントは終了しました
24 7月
イベントは終了しました
02 8月
イベントは終了しました
14 8月
イベントは終了しました
R
スティリアGP
21 8月
次のセッションまで……
6 days
R
イギリスGP
27 8月
Canceled
R
サンマリノGP
10 9月
次のセッションまで……
26 days
R
エミリア・ロマーニャGP
18 9月
次のセッションまで……
34 days
R
カタルニアGP
25 9月
次のセッションまで……
41 days
R
タイGP
02 10月
Canceled
09 10月
次のセッションまで……
55 days
R
日本GP
15 10月
次のセッションまで……
61 days
R
アラゴンGP
16 10月
次のセッションまで……
62 days
R
テルエルGP
23 10月
次のセッションまで……
69 days
R
オーストラリアGP
23 10月
Canceled
R
マレーシアGP
29 10月
Canceled
R
ヨーロッパGP
06 11月
次のセッションまで……
83 days
13 11月
Canceled
R
バレンシアGP
13 11月
次のセッションまで……
90 days
R
アルゼンチンGP
20 11月
Canceled

MotoGPスペイン予選:クアルタラロがレコード更新タイムでPP。マルケスは3番手

シェア
コメント
MotoGPスペイン予選:クアルタラロがレコード更新タイムでPP。マルケスは3番手
執筆:
2020/07/18 13:16

MotoGP第2戦スペインGPの予選が行なわれ、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロがポールポジションを獲得。日本の中上貴晶は15番手となった。

 MotoGP第2戦スペインGPの予選がヘレス・サーキットで行なわれ、ペトロナス・ヤマハSRTのファビオ・クアルタラロがレコードタイムを更新する走りでポールポジションを獲得した。

 開幕戦カタールGPが中止となったMotoGPクラスにとって、第2戦スペインGPは今季開幕戦……7月になって、ようやく初戦を迎えた。その予選組分けは、Q1からの参加には上貴晶(LCRホンダ)、アレックス・リンス(スズキ)、ダニーロ・ペトルッチ(ドゥカティ)、ポル・エスパルガロ(KTM)といった面々が含まれることになった。

 予選開始時間には気温34度、路面温度53度と、FP3と比べて厳しい暑さとなった。

Q1:KTM勢躍動。リンスがトップ通過

 セッションがスタートするとリンスが真っ先にコースインしてアタックを開始。1分37秒793をマークしてトップタイムとした。2番手にはヨハン・ザルコ(プラマック)が続いた。

 リンスはアタックを続けて1分37秒604までタイムを短縮。だが後方でアタックをかけていたポル・エスパルガロが1分37秒258、ブラッド・ビンダーが1分37秒407を記録し、KTMがリンスを上回ってワンツー体制を築いた。

 中上は最初のアタックでは1分37秒859を記録して4番手。しかしQ2進出圏内には届いていない。

 残り5分、ピットインしていたライダーが再びコースイン。2度目のアタックに入った。

 Q2進出圏内から落とされてしまったリンスだが、2度目のアタックに入ると1分37秒063と大幅にタイムを短縮。KTM勢を押しのけてトップへ返り咲いた。なおリンスはその後ターン2で転倒。アタックを続けることはできなかった。

 そしてチェッカー後のラストアタックでトップ2に食い込むライダーは出ず、リンスとエスパルガロの2名がQ2進出を決めた。

 中上は最終的にQ1を5番手で終えている。またドゥカティのペトルッチも、4番手でQ2進出はならなかった。

Q2:白熱のアタック合戦、クアルタラロが2年連続PP

 上位グリッドを決める予選Q2で最初にコースへ飛び出していったのは、王者マルク・マルケス(レプソル・ホンダ)。クリアラップを取り、アタックに入っていった。しかし、最初の周回ではタイムは伸びない。

 そんな中、トップタイムを記録したのはファビオ・クアルタラロ(ペトロナス・ヤマハSRT)で、タイムは1分37秒064だった。

 マルケスは3周目になってアタックを開始。1分37秒006をマークしトップタイムとした。だがクアルタラロも譲らず、続けて行なったアタックで1分36秒993を記録。再びトップに立った。

 3番手以下にはフランチェスコ・バニャイヤ(プラマック)、マーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)、ジャック・ミラー(プラマック)、フランコ・モルビデリ(ペトロナス・ヤマハSRT)が続いた。

 残り5分を切り、各ライダーは再度アタックに出陣。クアルタラロは一番最後の出走となった。

 後半のアタック、マルケスは1分36秒877とクアルタラロを上回るタイムを記録。トップが入れ替わった。しかしビニャーレスも後ろから最速タイムで各セクターを繋ぎ、1分36秒844でトップタイムをマークした。

 マルケスも連続アタックでタイムを縮めるが、1分36秒862と小幅な更新にとどまり、2番手は変わらなかった。

 そしてセッション終了間際のアタックでは、クアルタラロが最速ペースで周回。その結果1分36秒705と、FP2で自身が記録したレコードラップを更新してトップタイムを更新し、今季最初のポールポジションを手にした。

 フロントロウは2番手にビニャーレス、3番手にマルケスが並んだ。

 なおこのセッションでは3人が転倒。ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾはターン2で、ターン11ではジャック・ミラーとリンスが続けてクラッシュを喫した。リンスは腕にダメージを負ったのか庇う様子を見せており、そのままメディカルセンターへと向かった。

 

Read Also:

順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 France ファビオ クアルタラロ 7 1'36.705     164.653
2 Spain マーベリック ビニャーレス 7 1'36.844 0.139 0.139 164.417
3 Spain マルク マルケス 8 1'36.862 0.157 0.018 164.386
4 Italy フランチェスコ バニャイヤ 7 1'36.955 0.250 0.093 164.228
5 Australia ジャック ミラー 6 1'37.453 0.748 0.498 163.389
6 United Kingdom カル クラッチロー 8 1'37.454 0.749 0.001 163.387
7 Spain ポル エスパルガロ 6 1'37.493 0.788 0.039 163.322
8 Italy アンドレア ドヴィツィオーゾ 7 1'37.535 0.830 0.042 163.252
9 Spain アレックス リンス 6 1'37.636 0.931 0.101 163.083
10 Italy フランコ モルビデリ 8 1'37.674 0.969 0.038 163.019

MotoGPスペインFP3:爆速! クアルタラロ、レコード更新の走り。中上Q1スタート

前の記事

MotoGPスペインFP3:爆速! クアルタラロ、レコード更新の走り。中上Q1スタート

次の記事

アレックス・リンス、転倒で右肩に骨折と脱臼負う。レース出走はメディカルチェックで判断

アレックス・リンス、転倒で右肩に骨折と脱臼負う。レース出走はメディカルチェックで判断
コメントを読み込む

この記事について

シリーズ MotoGP
イベント スペインGP
執筆者 永安陽介