ザルコ「タイトル争いのことは忘れないと……」前半戦好調から一転、クアルタラロに引き離される

ヨハン・ザルコはサマーブレイクが明けて以降、自身にプレッシャーをかけすぎないためにも、2021年のMotoGPのタイトル争いについて考えることはやめたと語る。

ザルコ「タイトル争いのことは忘れないと……」前半戦好調から一転、クアルタラロに引き離される

 2021年のMotoGPは12レースを終え、すでにシーズンの3分の2を消化した。タイトル争いの趨勢はヤマハのファビオ・クアルタラロに傾きつつあり、前半戦で彼に迫っていたライバルは勢いを失っている。

 前半戦9レースを終えた段階で、クアルタラロに最も接近していたライバルは、プラマックのヨハン・ザルコで34ポイント差だった。

 ザルコは優勝こそなかったが4回の表彰台を獲得するなど安定した速さを示し、ドゥカティ勢としてもトップの位置につけていた。

 しかし後半戦が開始されると、ザルコはレッドブルリンク2連戦で失速。ドゥカティが得意としているサーキットにもかかわらず、クアルタラロにリードを広げられてしまう結果となった。

 前戦イギリスGPでも、ザルコは11位。クアルタラロが優勝したことで、彼との差は69ポイントにまで広がった。

 ザルコはこの状況に対し、タイトル獲得の望みが絶たれたわけではないものの、シーズンの残りのレースに向けて取り組み方を見直すことが必要だと認めた。

「その事(タイトル)については頭から追い出さないといけない。僕はサマーブレイク後に自分自身に対して多くのプレッシャーをかけすぎていた。それが意識的か、無意識かは別としてね」

「ファビオと競うためにギヤを上げたかったんだけど、そこまでの速さがなかった。だからこそ、何を目標にするのかを定めなくちゃいけない。けれどそれは諦めるという意味じゃない。いろんなことが起こる可能性があるからね」

 またザルコは後半戦が始まって成績が伸び悩む一方で、チームメイトのホルヘ・マルティンは急成長を遂げてきている。マルティンはレッドブルリンクでは2戦連続のポールポジションを獲得し、優勝と表彰台を記録している。

 ただこうしたチームメイトの成長について、ザルコは心配しておらず、自分のスタイルで進化を続けていくことが重要だと語っている。

「心配することはない。そういったことはモチベーションにもなる。ただ僕が最善を尽くし続けなくてはいけないというのも、忘れてはならないんだ。僕も適応に時間を必要としているけど、ホルヘはその点が得意だし、スタイルも違っている。でも心配することはない。彼が勝っていることも、とても良いことだとすら思う」

「ここで自分の道を見失わないように、賢くあることが必要なのは明らかだ」

 

Read Also:

 

シェア
コメント
マルク・マルケス、過去5勝のアラゴンで上位狙えるか? 「アラゴンは常に楽しんできたレース」

前の記事

マルク・マルケス、過去5勝のアラゴンで上位狙えるか? 「アラゴンは常に楽しんできたレース」

次の記事

ハミルトン、ロッシ、リカルド……『世界で最も市場価値のあるアスリート50人』にモータースポーツから3名が選出

ハミルトン、ロッシ、リカルド……『世界で最も市場価値のあるアスリート50人』にモータースポーツから3名が選出
コメントを読み込む